オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

地味だが最も効果的な積立投資と5つの極意

こんにちは、眞原です。

今回は、投資初心者からアクティブに運用するベテラン方まで含め、

「(収入があれば)誰でもできる資産運用、且つ圧倒的に中長期で資産形成できる資産運用方法」

について。

それは、ズバリ・・・

”積立投資”

です。

(まるで「螺旋階段」のような投資方法だと思っています。コツコツと1歩づつ・・・)

既に何かしら積立投資をしている方も多いと思いますが、特に海外積立投資をしている投資家にお伝えしたい5つの極意がこちら。

<積立投資の極意>

1.)一度、積立投資開始をすれば、(余程のことがない限り)満期まで諦めずに積み立て切る、諦めない

2.)短期での上げ下げに一喜一憂して、積立投資先のファンドを頻繁にスイッチングしたりリバランスしたりしない

3.)一気に資産が殖えるという考えは捨てる(=ゼロ金利の銀行に預けるより、殖やせる可能性を生み出す方法と捉える)

4.)ドルコスト平均法と中長期の複利運用の効果を活かすために、自分の相場観でファンドを選ばない(あくまでも「伸びゆく資産を選択する」)

5.)地味な資産運用だと割り切る(=満期時に結果、どれだけ殖えているか/減っているか、積み立て途中期間は我慢の連続)

積み立て投資を開始する前にはこれら極意を納得して始めている人が大半ですが、年々積立投資をしていくと、マーケット環境の変化や自身の生活の変化などから、どうしても心が折れそうになる時があります。

ただ、最終的に満期まで積立仕切った後に、その積立投資してきた資金(増減はあれど)は、確実に「老後資金(退職後資金)」もしくはお子さんの「学資」になり得るだけの「まとまった一定金額」になっているのです。

まして、その「一定金額」を現役時代から準備できていなければ、「老後(退職後)」は(お金が無くて)大変な生活になるのは自明でしょう。

正直、非常〜〜〜〜に「地味な積立投資」ですが、中長期で資産形成するには最適な資産運用方法であるというのは、自信を持って言えます。

まずは、少額でも良いので月々コツコツと「積立投資(海外積立投資)」を始めてみましょう

千里の道も一歩から!

 

まとまったお金がない人も資産運用はできる、ようはやるかやらないかだけ



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

短期NZドル債オープン(毎月分配型/資産成長型)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m  ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは、K

記事を読む

海外積立投資のパフォーマンス推移とアドバイザーについて

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資とア

記事を読む

インドネシア株式指数が11月8日現在、5年前比較で約+40%上昇6,049pt台の最高値圏で推移

こんにちは、眞原です。 今回はマーケット情報。   本稿のポイントは、

記事を読む

今、アナタが備えるべき政治/経済的 ”3つのブラック・スワン(予期せぬ破壊的リスク)”

こんにちは、眞原です。 今回は、私の勝手な予測シリーズ(妄想と危機管理意識に近いか?)。

記事を読む

国外運用会社の運用資産額ランキング(オフショアファンドも含む)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は世界の10大ファンド(運用会社)情報です。

記事を読む

強気派が多数の2018年の世界経済見通しと海外積立投資の投資先

こんにちは、眞原です。 今回は世界マーケットについて。 例えば海外積立投資でポートフォリ

記事を読む

マーケット大幅調整ドスンと中長期投資とキャッシュポジション

こんにちは、眞原です。 先週末の北朝鮮の核実験(過去最大級)が尾を引いている週明けのマーケット

記事を読む

「資産運用」は大枠で見て考え実行していくことが大事

こんにちは、眞原です。 今回はザックリとした資産運用の基礎のお話。 資産運用をしている個

記事を読む

2016年6月からプラス13.5%上昇のS&P500指数は今も最高値更新中

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケットと海外積立投資情報です。 昨晩(2017年5月

記事を読む

【悲報】年収800万円超のサラリーマンは増税へ(増税、社会保険料増、将来への不安増)

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースと年金制度について。 以前にお伝えした「高

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑