ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

今さら他人に聞けない「複利」と「単利」の違いについて

公開日: : 資産運用の基礎、Q&A、基礎用語

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は資産運用初心者向けの情報です。

テーマはズバリ「複利」と「単利」の違いについて。

複利とは?

日本にいると(特に失われた20年世代は「金利が付く経験がない」ので)「単利」しか経験しない結果、「複利」と言われてもピンと来ない人が圧倒的です。確かに、算数の問題やん?と言えばそれまでなのですが

・・・おおよそ「思考停止状態の人」は、

「金融?経済?複利?」

「ムリムリ、専門家じゃないし、素人だし、分からない」

という風に「算数」の応用を諦めてしまいがちです。もったいない!!

実に簡単です。大前提は小学生や中学生でも分かる「算数」です。そして、経済や金融は私たち一人一人の生活のに密接に関わっているので「知らないと損」というのは間違いありません。

※資産運用初心者が抱える、5つのあり得ない誤った考え方について(その1.)/資産運用の基礎

と、話を元に戻します。

「複利」とは、『「元本+金利」に対してさらに「金利」が付くということ』です。

具体的に数字で表します。

毎年USD1,000を海外積立投資したとします。そして毎年10%の金利が必ず付くと仮定すると1年後には下記のようになります。(上下の価格変動や税金などは考慮せず)

1年目:USD1,000×10%=USD1,100

これを2年目、3年目・・・10年目、25年目と中長期で積立投資した場合、

2年目:USD1,100×10%=USD1,210

3年目:USD1,210×10%=USD1,331

4年目:USD1,331×10%=USD1,464.1

5年目:USD1,464.1×10%=USD1,610.51
・・・・
10年目:USD2,593.74

25年目:USD10,834.70

となっていきます。

つまり『{元本×(金利)}×金利』というのがずっと続いていくのが「複利」です。

だから「(元本+金利)に新たに金利が付く」と理解しましょう。

その「複利」の増え方を表した図がこちら

複利と単利

期間が中長期になるに従って逆放物線(加速度的にホップ)して上昇していく事が分かります。これは、実際に上の数字で計算したとおりですね。これを見て分かるようにだからこそ、資産運用は中長期で考えてコツコツとする方が良いのです。

複利運用を活用する海外積立投資の詳細はこちら

一方の単利とは?

これは銀行預貯金など、日本の金融商品のほとんど全てです。

例えば、1,000万円を10%の銀行預貯金で預けたとします。(この預金金利はありえんませんが、便宜上。)

1年目:1,000万円×10%=1,100万円

2年目:1,000万円×10%=1,100万円

3年目:同様・・・。

つまり、単利とは「元本(変わらず)×金利」でしかありません。

1,000万円を10%の預金金利で25年間預け続けた場合、

単利:25年後の元本+金利=3,500万円

一方、複利であれば、

複利:25年後の元本+金利=1億834万円

約7,300万円近くの「差」が生じます。

ちりも積もれば山となる・・・でしょうか。

決して「複利」を馬鹿にできませんね。

投資信託の分配型(再分配型)は完全複利ではない

毎月分配型投資信託から再分配型に変更すれば「複利運用」ができる、と誤った考え方が蔓延していますが、事実としては「完全複利」ではない、ということです。というのも、一度分配金を出した時点で税金を払い、残りの資金を元本に組み入れて運用するので完全に複利ではないからです。

ここが、日本の投資信託と海外のファンド(=オフショアファンド(ヘッジファンド))と大きく違う点で(海外では毎月分配型という非効率的な運用をするファンドなど存在しない)結果、中長期運用においても大きなパフォーマンスの差が生まれることになります。

※オフショアファンドについてはこちら

これは資産運用に限った話ではなく、人生における「時間の使い方(考え方)」にも「複利運用」が適用されると思います。

具体的には、

「2度と戻らない今の時間」を何も考えず日々の生活のために無為に使うのか(=毎月分配型)、もしくは自分の成長の為にコツコツ本を読んだり学んだりと成長するために活用するのか?

です。

とはいえ「学び」というのは難しいもので、単に自己満足の「学び」で終わってしまう人が多いのが現実です。いくら学んでも結局「学びながら実践(経験)しないと本当には理解できない」ので(これは資産運用に限らず)、結局行動まで落とし込めるかどうかというのも、長い人生の「複利効果」においては重要でしょうね。(間違いなく何年後、何十年後に大きな差となって返ってきます。)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

資産運用に向かない人の10のマインド特徴 Ver.1(誰もが投資家になる時代)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の基礎的な

記事を読む

投資信託(ミューチュアル・ファンド)で「今後の見通しは?」と考えるのは実はナンセンス

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の基礎です

記事を読む

そもそも、資産運用を始めにはどうすれば良いか?(これから資産運用を始める人へ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者の

記事を読む

「貯蓄(資産形成)」が出来ない人が読んだ方が良い内容(欧州圏とアメリカの貯蓄事情比較)

こんにちは、真原です。 今年1月にオランダの保険会社INGから興味深いレポートが発行されていた

記事を読む

「何が儲かるの?」と聞く人は単なるギャンブラー思考

おはようございます、投資アドバイザーの眞原です。 今回は私が思う、資産運用の考え方の基礎につい

記事を読む

現状と未来を考え退職後を想定し、年金プラスアルファの「資産作り」を考えるキッカケに(今の40代後半以下で年金不安を抱える人向け)Vol.2

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 前回(※現状と未来を考え

記事を読む

「誰の」と「何のため」の資産運用なのか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の基礎の考え方

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

資産運用で放りっぱなしはあり得ない(利益確定や損切り)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は個人投資家の「利益確定

記事を読む

富裕層もサラリーマンもそれぞれの保有資産別の資産運用方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用初心者から

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑