K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

消費税は15%既定路線へ!?みなさん、老後資金のために運用してますか?蓄えてますか?

公開日: : みんなの年金問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は皆さん一人一人に関係する「消費増税」と「選挙(2017年1月にも解散総選挙か?と言われていますが(またかよっ!税金の無駄では?と思うのは私だけでしょうか・・・)」に関するお話。

%e6%b6%88%e8%b2%bb%e7%a8%8e%e3%81%af15%ef%bc%85%e6%97%a2%e5%ae%9a%e8%b7%af%e7%b7%9a%e3%81%b8%ef%bc%81%e7%9a%86%e3%81%95%e3%82%93%e3%80%81%e8%80%81%e5%be%8c%e8%b3%87%e9%87%91%e3%82%92%e5%a2%97%e3%82%84(出典:2016/10/5 日経新聞社HP)

今日、石原伸晃経済再生相が講演会で「社会保障の財源となる消費税率について「10%では賄い切れない」と指摘した上で、「次は12%、13%、15%という形で消費税をしっかりと上げていく。このことを国民に問い掛けて選挙をしていかないといけない」と明言しました。

どうやら「しっかりと上がっていく」そうです。これを明言した上で選挙を行うようなのでまだ良いかなと思いますが・・・とりあえず現状政府はそのように考えているということですね。

ただ、よくよく考えれば「5%→8%の消費増税で、増税した分ちゃんと使われているの?」、「むしろ、社会保障(年金など)のために上げると言っていたのに、本当なんですか?」という視点を国民一人ひとりが気にかけていないというのは現実問題でしょう。

消費増税は何のため?アベノミクスの嘘!みんな、少しは怒っても良いのでは?

人口が減ってい行く中で、高齢者が増えそのぶん社会保障費が拡大していくのは当然でそれを補う方法がないというの今の日本の状況でしょう。

某シンクタンクでは2015年4月時点で「2030年代には消費税率は25%が必要」という情報も出ていましたね。

2030年代、消費税25%が必要だってよ!

正直「何パーセントになるか?」という予測や「何パーセントだったら良い」という議論は、おエライ政治家や官僚の方々が決めていくことで、一人ひとりができるのは「選挙に行って意思を示すこと」でしょう。

むしろ、ほとんどの人が考えておくべきなのは「消費税や他の税金が上がっていくことが前提」で、(今後も自分の給与や貯蓄額、資産が増えていく人は良いですが)自分の給与や貯蓄額、資産が増えていかなであろうという人や先々の年金に対しての不安がある人は、現役時代からコツコツと自己責任で「自分で将来に向けて備えておかなければいけない時代」だということです。

退職後、年金生活になってから、

「年金が少なくて・・・」
「退職金がなくて・・・」
「貯蓄額が少なくて・・・」

という今日本で流行っている?キーワードのような「下流老人」や「貧困老人」にならないよう、今の年金未受給世代は自分たちの備えをしておかないといけないということです。

政府やおエライ方がは「今後、増税しますよー」という情報を発しているのですから・・・。

どうやら消費増税(8%→10%)決定は再延期??(日本の財政問題と高齢者やこれからの若者の年金はいかに!?)

「どのような方法で備えていくのか」は各個人の選択ですが、今の現役世代はこれまでの退職世代のように「お国におんぶに抱っこの時代=国の制度や政治家の言っていることを単に信じて過ごせば良いという時代ではなくなってきている」ということでしょう。

国や年金制度が改善されていくことに期待して過ごす
稼ぐ方法を見つける
貯蓄を増やす
無駄使いを減らす
資産運用を始める(将来の資産を作る場合には海外積立投資などの積立投資)

これらを選択するのも自分の責任であり、選択しないのも自分の責任です。

「消費税も含めた増税(相続税や贈与税も)は継続、社会保障費増大が継続(年金基金からの取崩増加=年金運用資源の減少=運用パフォーマンスの低下)、少子高齢人口減社会は規定路線、国の経済成長率の鈍化、可処分所得は増加していない」など、

最悪のケースを想定しながら、自分の先々を考えた上で日々の小さな行動(蓄え・運用)をコツコツしていきたいものです。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

世界166カ国1万3,000人のエクスパットが選ぶ「働きたい国/働きたくない国の世界ランキング」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外在住者向けコミュニティサイトInterNationsが行っ

記事を読む

将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「みんなの年金問題」。 目次: 1.)

記事を読む

インド人口が2022年までに中国を抜いて世界最大になるらしい!一方、少子高齢化が止まらない日本の2050年(今から35年後)の「人口動態と年金制度」を考えた

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人口動態と経済成

記事を読む

1億総活躍の第一弾!?高齢者の定義「70歳」へ変更?年金受給開始は75歳から?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本の年金問題&社会事情&高齢化社会について

記事を読む

『もし私が政治家で今の年金制度をカタチ上で維持させるとしたら(もし年金!)』〜100歳以上の高齢者が6万人超で少子超高齢化社会の日本!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 来週9/21日は「敬老の

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

私たちの140兆円の公的年金のうち9.4兆円が吹き飛んだ?〜年金増減は個人意志とは無関係なので結局自分で年金プラスアルファ作りを!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、日経新聞で「GPI

記事を読む

短期は意味なし?2015年度みんなの年金(GPIF)は、5兆3,098億円のマイナス運用(自分でも年金プラスアルファ老後資金準備はいち早く!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日8/3の内閣総辞職(

記事を読む

ほ〜らねっ!「65歳以上が高齢者という定義」変更で今後の年金受給年齢も変更へ!?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、私たちの年金問題

記事を読む

2016年に生まれたこどもが100万人を初めて切る!続く人口減の中で年金制度への期待はほどほどに!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本人なら誰もが関係する「日本の人口動態と現行

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑