K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

どうやら消費増税(8%→10%)決定は再延期??(日本の財政問題と高齢者やこれからの若者の年金はいかに!?)

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

伊勢志摩サミットが閉幕した日本ですが、このG7(主要7ヶ国)サミットで「世界情勢や世界経済など様々な議題」を話し合ったようです。

どうやら消費増税(8%→10%)は再延期らしい(日本の財政問題と高齢者やこれからの若者の年金はいかに!?)1

(出典:日経新聞社)

そして、安倍首相はサミット後の記者会見にて「世界経済が危機に陥る大きなリスクに直面している。G7は強い危機感を共有した」ということで、今後機動的な財政出動+構造改革の推進の必要性を訴えた上、追加の財政出動を匂わせる会見での発言でした。

そして、日本人に関わる大きな事項の一つ、「2017年に予定していた消費増税(8%→10%)の是非を検討する」ということで6/1の国会会期末に正式表明するようです。

マスコミはなかなか報道しませんが、もし消費増税を再延期するとすれば、前回の「消費増税は再び延期しない」といって衆院解散をしたことに対しての結果が伴わないことになるし、結局のところ「アベノミスク(+日銀の大規模金融緩和)」の実質的な効果はほとんど無かった事が露呈されることになるのではないでしょうか・・・。

※日銀、「マイナス金利」導入へ〜黒田日銀総裁は日本経済の救世主か破壊者か?〜 / 制度・規制・法律・金融政策

※新アベノミクス(アベノミクス2.0)を発表も、当たらぬ矢を何本増やすのか?〜老後資金は自分で何とかしよう〜/投資と社会事情の関係

まして「財政再建(日本の赤字国債問題)」に対する打開策や解決策も明示されず、きっとこのまま赤字(国債)を垂れ流し続けていく以上は、直接的であれ間接的であれ迷惑を被るのは、まずは今年金を受け取っている世代(これから年金カットへの動きなども含め)、そしてこれから生まれてくる先々の若い世代(これから年金を受取る世代)などでしょう。

※現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう/投資と社会事情の関係

これから夏の参院選が控えているので、政治的な動きによってマーケットが右往左往されます。加えて、これから資産形成をしていくべき若い世代、そして今、資産運用をしていても(これらの政治決定による)「(理不尽な)想定外」を考えて再考する必要性も出てくることでしょう。

さらにいえば「日本国債論(日本は借金大国と言われているけれど、実は対外純資産が多いから日本国債が暴落するなんて嘘!)」についても、いつも「暴落の定義」が曖昧なままで議論され続けていますが、「マーケットは常に想定外の動きをする」という歴史に倣えば、「100%暴落しないなんてことは誰も言い切ることはできない」はずです。

暴落しようとしまいと正直どっちでも良いですが、それで困るのはそれすらも考えていない人たちで、だからこそ事前に考え行動しておくほうがよいというのは間違いないはずです。

※格付け会社S&Pが日本国債をA+へ格下げした意味は「今後の増税+社会保障(年金)カット」〜老後への備えをいち早く〜/財政問題

いずれにせよ「消費税を含む増税路線」は変わらず、それに向けた政争、政治の話をフォローし続けるのは個人的に好きではありません。そして日銀によるヘリコプターマネー論争や量的質的金融緩和などではなく、真っ当な金融マーケットに戻り市場自由経済のもとで、日本経済と世界経済がちゃんと動き発展してほしいなと感じています・・・。

仮に消費増税決定を再延長したとしても、日本の借金問題に対しては何も打開策に繋がっていない(むしろ先延ばしにしただけ)ということに対して、個人投資家は目をそらしてはいけないと思います。

(カバー写真:REUTERS)



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

マイナンバー制度と銀行預金情報の紐付けが成立!国民の資産把握が着々と進む?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は何度もこのブログで

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今しきりに国際社会やマー

記事を読む

日本に外国人旅行客が増加している理由は?

こんにちは、眞原です。 現在、週末のセミナー(情報発信)のために大阪に滞在中です。 ht

記事を読む

一万円札8年ぶりの増刷とタンス預金の増加はマイナス金利が理由?〜マイナンバー制度と資産フライトの関係性〜

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 数日前にNHKなどでニ

記事を読む

2015年夏のボーナスが増える!パーッと使う?ローン返済?いえいえ!資産運用の原資にしましょう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、みんな大好き『夏

記事を読む

生活「苦しい」が過去最高62.4%で平均所得は1.5%減少!便利になっている日本で貧しさは増加する社会になっている悲劇。「老後の備え」は間違いなく若いうちからコツコツと!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 日経平均株価は(お化粧的

記事を読む

資産株にならない日本郵政3社(日本郵政/ゆうちょ銀/かんぽ生命)株式!資産形成は海外積立投資!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は久しぶりに「日本株」について。 今日のニ

記事を読む

ブラジル人の金融マンから聞いたブラジル経済について〜国家を信じないからこその資産防衛方法〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログは『ブラジル

記事を読む

新アベノミクス(アベノミクス2.0)を発表も、当たらぬ矢を何本増やすのか?〜老後資金は自分で何とかしよう〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「新アベノミクス3

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑