K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

富裕層2万人への課税強化10の選定基準−The Stream of Tax The Rich−

公開日: : 最終更新日:2015/12/27 制度・規制・法律・金融政策

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、年末ということもあるので2015年に国税当局が動いた「課税強化」方針の再確認をしてみたいと思います。

富裕層2万人への課税強化10の選定基準−The Stream of Tax The Rich−(出典:REUTERS)

富裕層資産をこれ以上海外へ逃がさない為の施策

既にマイナンバー制度については、私のブログ記事で度々記載している通りですが、

※さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜/制度・規制・法律

思い返すと、今年1月には所得税や相続税の最高税率を引き上げ7月からは有価証券1億円以上の保有者が海外移住をする際には「出国税」なるものが導入されています。国の借金が1,000兆円を超えると言われる中で消費増税のみならず「(富裕層など)取れるところから取る」という姿勢が鮮明に見えています。

※富裕層を狙い撃ちの「出国税」スタート!網を張り、富裕層日本人を国外へ出さない仕組みで、ガラパゴス化を促進中!/制度・規制・法律

また国税庁は「個人課税事務提要(事務手続編)」という職員向けの税務調査マニュアルを作成しています。この中で、「大口資産家」の選定基準部分は「正確な事実の把握を困難にする恐れがあるから」という理由で「黒塗り」非開示だそうです。

「大口資産家」の主な10の選定基準

主な選定基準がこちら

1.)有価証券の年間配当4,000万円以上
2.)所有株式800万株(口)以上
3.)貸金の貸付元本1億円以上
4.)貸家などの不動産所得1億円以上
5.)経常所得合計が1億円以上
6.)譲渡所得及び山林所得の収入金額10億円以上
7.)取得資産4億円以上
8.)相続などの取得財産5億円以上
9.)非上場株式の譲渡収入10億円以上、または上場株式の譲渡所得1億円以上かつ45歳以上の者
10.)継続的または大口の海外取引がある者、または上記1〜9の該当者で海外取引がある者

(日経新聞調べ)

当てはまる方は「大口資産家」として、当局にデータベース(個人調査ファイル)が作られ、資産状況や資金の流れが厳密に管理されていると認識しておくべきでしょう。

逃げる富裕層、追う当局という二項対立

まず、日本という国は「富裕層(財を成した人たちや富を引き継いだ人たち)」に対して全く寛容ではなく、むしろ「富裕層からATMを使うがごとく税金を取る」という姿勢がアリアリと見えています。

また、各税金(相続税や贈与税など)は日本では存在して当然と思っている人がほとんどですが、いざ世界やオフショアエリアに目を向けると相続税や贈与税が存在しないという国や地域が多数存在します。

せっかく一般的な務め人(サラリーマン)とは違って、「自らリスクを負って、努力をして、その結果として富(資産)を作り上げた企業経営者(オーナー)、幼い頃から必死に勉学に励み続け医学の道を拓いた開業医、幸か不幸か多額の資産を引き継ぐ運命で生を授かった御曹司や地主の跡取り」など、自らの資産を守り、後世に引き継いでもらいたいと考えるのは当たり前にも関わらず、日本の場合「相続した財産は3代経てば国に税金で全部持っていかれる(召し上げられる)」という話は良く耳にしますね。

既に「資産フライト」という言葉は形骸化している側面もあり(実際、多くの資産フライトが行われたのは2006年頃以前)、その第二陣、第三陣が遅れて慌てて海外へ資産を逃避させている動きもありますが、これも「国外財産調書制度」にて包囲網を狭めようとしてきています。

※2014年国外財産調書結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える/制度・規制・法律

これからもこの課税強化の流れが国際的に強まるものの、歴史を辿れば当局と富裕層による「イタチごっこ」はありますが、法律や制度、規制を作る側は合法的に「(彼らが用いる)穴」を用意しているのは間違いないので、必ず「穴」は存在するということでしょう。

(カバー写真:REUTERS)



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

日銀、「マイナス金利」導入へ〜黒田日銀総裁は日本経済の救世主か破壊者か?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今日はビックリニュースで

記事を読む

2014年国外財産調書結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先日、国税庁から2014

記事を読む

富裕層の資産状況をしっかり把握する「財産債務調書」の初提出迫る(3/15締め切り)!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、来週3/15に提

記事を読む

投資信託の手数料「見える化」と個人投資家の投資判断向上方法

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)で運用してい

記事を読む

海外在住者は必見!「非居住者が行う国外送金手続とマイナンバーについて」(内閣府情報)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に、日本の様々な

記事を読む

ヘリコプターマネー(ヘリマネ)発動は日銀破綻へのトリガーに?(2018年〜2030年の日本国債クラッシュ懸念=円資産価値の減価)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日銀の金融政策(

記事を読む

深センと香港市場の相互接続承認へ!(中国株マーケットの柔軟性が拡大か?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2015年6月に「201

記事を読む

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

投信運用をしている個人投資家への悲報!マイナス金利のせいで投資信託の基準価額が下がるそう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の証券会社や銀

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑