オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2014年国外財産調書結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

公開日: : 制度・規制・法律・金融政策

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

先日、国税庁から2014年の「国外財産調書」の提出状況についての発表がありました。

2014年国外財産調書結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える(出典:日経新聞電子版)

発表内容

東京都:5,382人(2兆3,501億円)
名古屋:632人(1,648億円)
大阪府:1,054人(3,637億円)
この3大都市圏で7,068人、2兆8,786億円(全国の90%を占める)

全国合計:8,184人(3兆1,150億円)

対前年(全体)
2,645人が提出で人数前年比:47%増加
6,008億円の申告で総額前年比:23%増加

内訳
有価証券:1兆6,845億円(全体の54.1%)
預貯金:5,401億円(17.3%)
建物:2,841億円(9.1%)

「国外財産調書制度」は、海外に5,000万円以上の財産(有価証券、預貯金、不動産など)を持つ人が、その旨を国に申告する義務で2013年から開始しました。国外財産調書を故意に提出しなかったり、虚偽記載がある場合には1年以下の懲役または50万円以下の罰金が課せられることになっています。

「富裕層(これまでに自分でリスクを取って富を作る努力をし結果富を得た人たちやこれまで代々の資産を承継してきた人たち)」を国が把握する制度ですが、他にも今年7月からは「出国税」が開始されてトコトン富裕層に対する冷遇措置が続いています。これではむしろ逆に、日本から富が流出して当たり前ですね。

※富裕層を狙い撃ちの「出国税」スタート!網を張り、富裕層日本人を国外へ出さない仕組みで、ガラパゴス化を促進中!/制度・規制・法律

日本人なのに海外(日本外)に資産を持つ理由

なぜ日本人なのに(結果的に??)海外に資産を逃がすのか?もしくは海外で資産形成をするのか?という理由は実に単純です。

例えばお隣中国人富裕層や新興国の富裕層をみてもその答えが分かります。自分で苦労して資産を作った人たち(=一般的に富裕層と呼ばれる人たち)には(その資産を守るための)共通する考え方があるからです。

それは、

「国のリスク(デフォルト(国家破綻)リスク、通貨暴落(円安)リスク、ハイパーインフレ(物価高騰リスク=紙幣紙くず化リスク)、預金封鎖リスク」があるからです。加えて、日本の場合では国外財産調書とマイナンバー制度が始まったことで「資産課税(=預貯金税)」と呼ばれるようなものも、国のリスクに入れて考えていく必要があるということです。

※さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜/投資と社会事情の関係

※ブラジル人の金融マンから聞いたブラジル経済について〜国家を信じないからこその資産防衛方法〜/投資と社会事情の関係

『国(国家)と自分の資産を分けておく(リスク分散)』というのはグローバルな観点だけで、富裕層の皆に共通する考え方でしょう。

(カバー写真:The Telegraph)



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

タンス預金が3年で30%増加の理由は財政問題(将来の増税)とマイナンバーでの資産把握

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金増加」のニュースについて。

記事を読む

日本も2018年に発動、海外口座の多国間情報交換制度(海外資産の丸裸政策)−Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax matters-

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2018年から正式

記事を読む

投資信託の手数料「見える化」と個人投資家の投資判断向上方法

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)で運用してい

記事を読む

富裕層への相続税課税強化の動き(平成29年度税制改正)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「平成29年度税制改正」による富裕層への相続税

記事を読む

2018年開始のOECD諸国の情報交換制度〜HSBC香港口座などの海外銀行口座を持つ日本人は要注目〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「2018年(平成

記事を読む

著名投資家ジョージ・ソロス氏の「シムズ理論」の薦めを拒否した麻生太郎財務相

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、本日9日参院財政金融委員会で麻生太郎財務相が

記事を読む

さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 いよいよ本日から10月と

記事を読む

もうマイナンバーカードを受け取りましたか?(交付は申請者の3割どまり)〜資産フライトの流れは?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産家に限らず多く

記事を読む

金融安定に重要な銀行番付でJPモルガンが首位で次点にHSBC、邦銀は10位圏外。正直、日本国債暴落リスクよりも怖いのは金融システムの破壊リスク。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 去る4日に米財務省金融調

記事を読む

オフショア投資(海外投資)や投資目的での海外送金は外為法で認められている「個人の自由な権利」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外送金に絡む「外為法」と「個人の自由な権利」

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑