K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ブラジル人の金融マンから聞いたブラジル経済について〜国家を信じないからこその資産防衛方法〜

公開日: : 最終更新日:2015/10/02 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回のブログは『ブラジル人の金融マンから聞いたブラジル経済について』について。

数日前にブラジル在住のブラジル人金融マンと会って話をする機会があったので、彼に「ブラジル経済ってどうなの?」「レアルってどうなの?」など色々質問をブツけて情報共有をしたので、今回のブログでまとめたいと思います。

Screen Shot 2015-03-18 at 22.15.03

(ロイター)

奇しくもその日(3/15)、現ルセフ大統領の汚職疑惑、国内のインフレや経済成長の低迷に端に発し、ブラジル国内の20を越える都市で100万人超のブラジル人がデモ行進を行っていました。

Screen Shot 2015-03-18 at 22.27.33

そして、気づけば対米ドルでブラジルレアルが12年ぶりの安値(年初から22%超下落)を付けた上、今日OECDの発表によるとブラジルの2015年度成長率がマイナス0.5%(2.0%pt下方修正)との見方が示されました。

それでは本題のブラジル人金融マンとの話に戻ります。

『いつの時代、どこの国でも政治家や官僚は国民から「獲る」のが仕事だ。』

と彼が言っていたのが印象的でした。そのブラジル人の金融マンと話をした話題が大きくこの3つ。

・「ブラジル経済って実際どうなの?良いの?悪いの?」

段々、悪くなってきている。今の政権の問題(大規模な汚職問題)が重しになっている。財政問題も重くなっているから税金が高くなる一方で、それでも汚職がヒドイから国民が怒っている、とのこと。

今回の100万人超のデモの裏側は、ニュース報道の通り国営石油会社ペトロブラスを巡る汚職問題(与党や幹部、ルセフ大統領への疑惑=その額、約800億円)があります。実際、彼曰く本当に政治腐敗がヒドイということ。

・「ブラジル・レアルって投資資産としてどうなの?」

対米ドルで安くなり過ぎている(=インフレ)から、生活が大変な国民が増えているとのこと。これ以上インフレ(レアルの通貨価値下落)が進むともっとデモが起こると思うとのこと。そもそもブラジル人は自国通貨(ブラジル政府)を信じていないよと言っていました(苦笑)米国の利上げによってもっと下落するリスクが高いよね、と。(=レアルがより下落するということ。)

・「ハイパーインフレ(デノミネーション)って想像出来ないけど、実際どうなの?」

上の話にも繋がるのがこれ(ハイパーインフレ=デノミ=通貨価値切り下げ=レアルの紙切れ化)。結局、自国通貨を信じていないブラジル人は資産防衛の為に海外積立投資を通じて米ドルに資産をシフトさせて自分たちの資産を保全しているとのこと。

そして特に年配のブラジル人は過去にデノミ(通貨切り下げ)を経験しているから、なおさら「政府」や「自国通貨」を信じていないらしいですが、彼らが若い世代にも政府(政治家や役人)はそういう事をやってくると教えているそうです。

ブラジル・レアル関連(や通貨選択)の投資信託に投資している日本人投資家は多いですが、実際のところ、投資している通貨の現地の情報はほとんど知らないと思います。レアルが下落し続けているからファンドの基準価額が下がっていく訳ですが、こうやって実際にブラジル在住ブラジル人金融マンに話を聞くと説得力がありました。

さて、ここで私たちの「日本円」についても、少し考えてみたいと思います。

確かに現安倍政権下で、日経平均株価は上昇しています(実体経済以上に、金融緩和によって)。ただ、ブラジル同様に財政問題については全く進展していないのが現状です。(ブラジルと日本の財政問題を単純比較できる訳ではないですが、政治的なリスク(=ある種の腐敗)は同様です。)

日本人の多くが、資産として持っているのは「日本円」です。
・預貯金
・給与
・保険
・年金
・持ち家(不動産)
・車
など

今後の日本(人口動態、増税、社会保障カットなど)を考慮に入れつつ、通貨分散や資産分散(防衛)が改めて重要ではないでしょうか?





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

タンス預金が3年で30%増加の理由は財政問題(将来の増税)とマイナンバーでの資産把握

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金増加」のニュースについて。

記事を読む

香港の日常から考える外国からの働き手や移民を受け入れられない日本社会と人口減

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、香港ライフ。   香港

記事を読む

年金情報125万件流出!マイナンバー制度導入前ですが大丈夫ですか?(銀行預貯金、証券口座、医療情報、年金、その他丸裸になる情報流出懸念)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「年金情報125万

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

敬老の日!90歳以上人口が初めて200万人を突破!(高齢者の定義変更は間近??)

こんばんは、眞原です。 今日は敬老の日ですね!(9/18) 祖父母に何かプレゼントしたり

記事を読む

国内11社ファンドがMMFの新規受付停止に!日銀の「マイナス金利」の影響拡大中!〜「預金封鎖」への懸念〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 日銀の「マイナス金利」発

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

生活「苦しい」が過去最高62.4%で平均所得は1.5%減少!便利になっている日本で貧しさは増加する社会になっている悲劇。「老後の備え」は間違いなく若いうちからコツコツと!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 日経平均株価は(お化粧的

記事を読む

波乱要因、十分あり得えるトランプ大統領誕生!?(〜2016年のビックリ予想の的中率が上昇中〜)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2016年の波乱要因とい

記事を読む

資産運用をする際に考える「世界リスク震源地(日本?中国?英国?新興国?)」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先週、主要国首脳会議(伊

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑