ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。

今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている投資家、もしくは何かしらの積立投資をしている投資家に関する情報です。

・ドルコスト平均法とは?

・複利運用とは?

・海外積立投資とは?

さて、積立投資をしている個人投資は目先(1日や1ヶ月や半年や1年や3年や5年など)のパフォーマンスに一喜一憂していても全く意味はありませんが、やはり積立投資先ファンドの上げ下げ(騰落率)は気になる所でしょう。

ですが正直、中長期での資産形成を心がけている個人投資家にとって目先の短期はほとんど関係ありません。

さて実際に2007年から約10年ですが、一例として各資産のリターンを確認してみましょう。

(出典:Morningstar社より筆者作成)

あくまでインデックスの一例の推移なので、必ずしもこの通りのパフォーマンスではありませんが、傾向を掴む上では参考になる数値です。

過去10年間で見ると新興国(全体)に強気で積立投資をしている投資家はマイナスパフォーマンスになっていて、逆に先進国資産やハイ・イールド資産を積立投資している投資家は良好なパフォーマンスになっています。

※高所恐怖症の米国ハイ・イールド債券ファンドはそろそ売り時か?(海外積立投資家の判断時期の到来)

ハイ・イールド資産は「米国利上げがあると売却した方が良い」なんて事を見聞きしますが、この10年だけでなく中長期チャートで確認すると分かりますが、ずーーーーーーーと右肩上がりに伸び続けている資産なのです。

過去のマーケットと資産パフォーマンスを確認すると、やはり金融危機(リーマン・ショック)があった2008年は「比較的安全資産」の先進国債券と金への資金流入が起こり2008年のパフォーマンスはプラスになっています。一方、他のどの資産でも「リスク回避の売り」からマイナスに沈む結果となっています。

同様に全体のパフォーマンスが悪かったのは2015年。

改めてこう見ると、短期的には必ず「上げ下げ(リスク=ボラティリティ)」がありたまたまタイミングが悪ければ資産は目減りするしか無いので、「短期思考の投機」では資産は殖えにくいのです。

目下、世界的に株式市場が盛り上がりを見せ高値を更新中です(特に米国株やインド株)。

でも、いつかのタイミングで大幅な下落調整や金融危機のような大きな経済ショックは起こります、必ず。

経済は破裂と修復によって成長しているのです。

それでも、10年やその以上の中長期の単位で腰を据えて考え冷静に行動していけば、資産によっては上昇してパフォーマンスが改善していくものです。

金融危機(リーマン・ショック)や2011年の欧州債務危機時は、投資家のマインドとしては資産が目減りする一方で完全に「総悲観」でしたが、そこから8〜10年、6年など経過した今ではどうでしょう?逆に明るいですよね?

だからこそ、中長期での資産運用。

だからこそ、積立投資でドルコスト平均法と複利運用を活用する方が良いのです。

そして、欲を言えば積立投資であれば海外積立投資。国内のどの積立投資よりも選べるファンド数が多かったり、元本確保型の海外積立投資など、国内では考えられない良い条件が揃っているのはグローバルスタンダードです。

これが国内スタンダードになれば、日本の銀行や証券会社で販売されている積立投資は売れなくなりますよね。

コツコツ月々の積立投資が遠回りなようで、資産形成においては最も近道です。

※総悲観時でも『中長期の資産運用は「子育て」と同じ』という考え方〜グローバルに蔓延するインフルエンザ〜





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

自国通貨(政府や国)や制度を信用しない世界の人々と日本円を信じて止まない日本人との違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 現在、アメリカはラスベガ

記事を読む

8/24のチャイナ・ブラック・マンデーのリスクから考える『投機家(短期)思考と投資家(中長期)思考』の違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ここ2週間であらゆるマー

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

お金持ちはさらにお金持ちになっていくし、貧しい人がずっとそのままな理由

こんにちは、眞原です。 今回はふっと、思ったことを。 今回ここで書いている雑感としての「

記事を読む

【回想】2017年マーケットまとめ(勝ち組/負け組資産)

こんにちは、眞原です。 2017年の日本の大発会(年内初めの取引日)での日経平均は19,594

記事を読む

【積立投資】お金を殖やしたい人の3つの選択肢

こんにちは、眞原です。 今回は、「お金を殖やしたい人」と銘打っていますが・・・・、例えば「短期

記事を読む

カモネギ個人投資家にならないために!まずは証券マンや銀行員に「オススメや流行りの投資信託」を尋ねるのを止めましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者に

記事を読む

【投資信託(ファンド)解説】トレンド・アロケーション・オープン(モーニングスター ファンド オブ ザ イヤー2014)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログではモーニン

記事を読む

総悲観時でも『中長期の資産運用は「子育て」と同じ』という考え方〜グローバルに蔓延するインフルエンザ〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 マーケットが大荒れですね

記事を読む

まとまったお金がない人も資産運用はできる、ようはやるかやらないかだけ

こんにちは、眞原です。 今回は特に資産運用初心者や現在全く資産運用をしていない人への内容です。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑