ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

中長期の「分散投資」が重要(「東芝」従業員持株会を考える) / iDeCo(個人型確定拠出年金)/401k(確定拠出年金)/ NISA / 積立投資, 海外積立投資

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は積立投資における「分散投資」が重要という情報。

 

さて、どの企業の株価推移でしょうか?

<日本株の某銘柄株価推移 5年チャート>

(出典:Bloomberg)

過去5年間でもほぼ最安値付近にあります。

超有名企業なので、この企業にお勤めの従業員や投資家は

「この企業なら「知っている、分かる、大企業だから大丈夫(という感情的な錯覚)」」

によって株式への投資もしくは従業員株式積み立て(従業員持株会)などで積立投資している従業員の方も多いハズです。

このように「知っている、名の通っている、大企業は何となく安心」というのは、感情による主観的な判断でしかありません。

「その主観」と実際に資産が殖えるかどうかは全く関係ありません。

この銘柄の答え、それは今揺れに揺れている

「東芝」

です。

大企業「東芝」なので、長年勤めている方はもっと中長期で株価推移を見る必要があると思います(長年持株会で投資している方も多いハズ)。

<東芝株価 1999年〜2017年>

(出典:Yahooファイナンス)

乱高下しながらでも「右肩下がり」という事実には変わりなく、中長期で積立投資(持株会)でしている方の平均取得単価は高止まっているままなので、「丸損」という状況になっているはずです。

ドルコスト平均法も複利運用も利いていないということですね。

※中長期投資家は積立投資の「ドル・コスト平均法」を活用しよう!/資産運用の基礎、Q&A、基礎用語

これが、

「勤めている企業と自分の資産を同一化してはいけない」

理由です。

「従業員持株会=愛社精神」

のような刷り込みをされますが、そのような感情論ではなく、客観的に「自分の資産」と「企業」または「国」は切り分けて考えなければいけないし、さらに言えば「1つの銘柄にしか投資しないことは、リスクが大きい」ということも冷静に判断しなければいけません。

確かに、今後数十年を見据え、今の最安値付近から「爆発的に株価が上昇して8〜10倍(1,000円台)」に戻れば、従業員持株会をやっていて良かった!という万々歳になる訳ですが、そのような会社の運命に自分の人生を「賭ける」必要はないというのが冷静な判断だと思います。

※日本株が資産としてダメな理由と日本国債クラッシュへの備えをしておいた方が良い理由/マーケット(日本), 財政問題

逆に、上昇し続けている企業(銘柄)を積立投資し続けている方でも、東芝のような(または東電のような)リスクを避けるためには、銘柄の「分散」は必ずしておいた方が良いでしょう(従業員持株の場合は、積立投資額を減らして別の積立投資をする方が良いですね)。

分散投資で積立する結果、もし1つの企業株価推移がダメでも、他の企業の銘柄が伸びているのであれば、結果トータルがプラスになれば何も問題ありません。

特に日本株式の積立投資(従業員持株会)では、積立投資家が、このような1銘柄に集中積立投資による下落リスクを負うことになりますが、他の積み立て投資をしている個人投資家も同じ考え方が必要です。

例えば、

1.)1つの銘柄や1つのファンドだけに積立投資をしない
2.)分散しつつ高いボラティリティ(上下のブレ幅=リスク)があり今後中長期で伸びゆく資産への配分を高める(ドルコスト平均法&複利活用)
3.)色々考えるのが面倒な人は、元本確保型の海外積立投資を選択する

です。

資産運用でいう「分散」とは、

「投資先を分ける」と同様に「自分の資産」と「会社」や「国」を切り分けて考えること

であるというのを再確認して積立投資をしましょう。



海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月5万円を積み立てることで、25年間で積立額1500万円のところ、運用によって6000万円を目標に積立投資します。投資を始めるのにまとまった金額は必要ありません。

ポイントは「ドルコスト平均法」と「複利運用」ですが、そのノウハウをまとめました。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

2016年、たった60秒間における世界のインターネットサービス利用状況〜グローバルテクノロジー産業の積立投資は必至?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外積立投資(や、

記事を読む

住宅ローン35年支払いと海外積立投資25年(キーワードは「月々コツコツの積み重ね」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人生を中長期で考

記事を読む

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

(過去)15年間米国株式S&P500指数への海外積立投資では絶対に損せずに資産形成ができる!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 S&P500指数が最高値を更新して堅調に推移

記事を読む

将来の年金不安=安心して定年退職できない上位10カ国(日本のランキングは・・・)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「みんなの年金問題」。 目次: 1.)

記事を読む

止まらぬ高齢化社会の中で退職後の生活をより充実して生きるために(退職後にいくら必要?)〜現役時代から海外積立投資で資産確保を〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 アジア圏で日本は突出して

記事を読む

主観(勘違い)を排除する資産運用

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の記事内容は個人投資

記事を読む

グローバル・インデックス・バランス・ファンド(愛称:投資生活)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)↓↓↓ こんにちは、K2 Investmen

記事を読む

グローバルREITオープン(資産成長型)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investme

記事を読む

アベノミクスで年収が増えた人?(2015年夏のボーナス見通しと値上がりするモノ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さんお楽しみ「2

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑