オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

(過去)15年間米国株式S&P500指数への海外積立投資では絶対に損せずに資産形成ができる!

公開日: : 元本確保, 海外積立投資

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

S&P500指数が最高値を更新して堅調に推移しているというのは直近情報発信した通りで↓・・・

※最高値更新中の米国株式に元本確保型ファンドで投資 / マーケット(世界),元本確保

今回は米国株式指数(S&P500指数)の15年ごとの年間平均リターンについて。

なぜ、15年という区切りなのかですが、海外積立投資では15年満期の140%元本確保型で積立投資できるからです。

つまり、15年後に140%(=どれだけリーマン・ショック級のマーケット下落が起こっても、満期時には「元本+40%」)は最低でも確保されるのです。

※海外積立投資入門書(マニュアル)はこちら(無料)

(出典:MarketWatch)

では実際、過去の15年間区切りの期間で一体どのくらいS&P500指数は「年間平均リターンを上げているのか?」ということですが、今回それをまとめています。

<各15年ごとの年数とその期間における1年間の年間平均リターン>

<1950年代>
1950-1964年:11.39%
1951-1965年:10.57%
1952-1966年:8.45%
1953-1967年:8.97%
1954-1968年:10.01%
1955-1969年:6.46%
1956-1970年:4.82%
1957-1971年:5.35%
1958-1972年:7.48%
1959-1973年:3.86%

<1960年代>
1960-1974年:0.90%
1961-1975年:2.97%
1962-1976年:2.75%
1963-1977年:2.77%
1964-1978年:1.66%
1965-1979年:1.62%
1966-1980年:2.59%
1967-1981年:2.85%
1968-1982年:2.54%
1969-1983年:3.13%

<1970年代>
1970-1984年:4.06%
1971-1985年:5.68%
1972-1986年:5.92%
1973-1987年:5.04%
1974-1988年:7.22%
1975-1989年:11.55%
1976-1990年:9.03%
1977-1991年:9.46%
1978-1992年:10.67%
1979-1993年:11.09%

<1980年代>
1980-1994年:10.13%
1981-1995年:10.61%
1982-1996年:12.73%
1983-1997年:13.73%
1984-1998年:14.31%
1985-1999年:15.58%
1986-2000年:12.99%
1987-2001年:10.92%
1988-2002年:8.83%
1989-2003年:9.68%

<1990年代>
1990-2004年:8.55%
1991-2005年:9.26%
1992-2006年:8.50%
1993-2007年:8.43%
1994-2008年:4.50%
1995-2009年:6.09%
1996-2010年:4.87%
1997-2011年:3.59%
1998-2012年:2.60%
1999-2013年:2.75%

<2,000年代>
2000-2014年:2.27%
2001-2015年:2.95%
2002-2016年:4.55%

各15年ごとの区切りで、それぞれの15年間の区切りにおける年間平均リターンが各パーセンテージの数字になっています。

1950年〜2016年において、どの期間においても「必ずプラスリターン=絶対に損をしていない」という過去の結果が出ています。

つまり過去どの期間においても、必ず資産は殖えているという証明ですね。

かの著名投資家ウォーレン・バフェット氏も自分の家族にはS&P500指数への投資を勧めているというのは有名な話です。

※米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!いち早く海外積立投資のスタートを!/海外積立投資

確かにこのように必ず伸びる資産(=S&P500指数)にまとまった資金を一括投資したり、もしくは単純に積立投資して資産形成するのも1つです。

加えてどうせなら下落リスクを抑えるために、海外積立投資で最低140%の元本確保をした上で積立投資する方が確実性(安心感)もある上、もしS&P500指数が15年後に140%以上になっていればそれ以上のリターンで満期を迎えるので中長期で資産形成するのはもってこいなのです。

確実に資産形成をするには「元本確保型+S&P500指数への積立投資」が最も理にかなっているというのは間違いありません。

詳しい資料をご希望の場合には、いつものように↓

こちら

から「15年満期140%元本確保型積立投資資料希望」と明記してご連絡ください。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 トランプ大統領誕生(彼の政策期待)を反映して、株式、

記事を読む

インド株資産を海外積立投資で積立投資する理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、インド株式(SENSEX Index)状況に

記事を読む

米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!いち早く海外積立投資のスタートを!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ちょうど先月上旬に(3/

記事を読む

止まらぬ高齢化社会の中で退職後の生活をより充実して生きるために(退職後にいくら必要?)〜現役時代から海外積立投資で資産確保を〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 アジア圏で日本は突出して

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

2017年上期セミナー参加者の人気オフショアファンドランキング(東京、大阪、福岡)

こんにちは、眞原です。 今回は、2017年上期に(1〜7月末まで)日本国内にいると、中々入って

記事を読む

株は上昇が続けば下落間近、下落が続けば上昇間近?(ギャンブラーの誤謬)

こんにちは、眞原です。 今回は資産運用の基礎。 さて、問題です。 現在、個人投資家

記事を読む

お金が貯まってから資産運用を考えようという人がお金持ちになれない理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用の基礎的な思考について。 タイ

記事を読む

老後資金は積立投資で確保しよう!安倍政権下になってようやく実質賃金が速報ベースで増加(見せかけの賃金上昇から脱却?)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「5年ぶりに2016年の実質賃金が増加した」と

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑