K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!いち早く海外積立投資のスタートを!

公開日: : 海外積立投資

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

ちょうど先月上旬に(3/3)下記ブログ記事内にて情報発信した「今後のS&P500指数上昇期待」について、その手始めとなる上昇シグナルがとうとう点灯し始めました。

※逆張り思考?ラブ・パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中 / 資産運用の基礎

そのシグナルとは、S&P500指数における「ゴールデンクロス」の発生です。

米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!1

(出典:Bloomberg)

「ゴールデンクロス」とは、株価が下落した後に、短期の移動平均線が長期の移動平均性を上抜ける際のテクニカル分析です。

米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!2

このテクニカル分析が個人投資家に指し示している意味は「買いシグナル、上昇シグナル」です。

なぜ買いシグナルと言えるのか?ですが、

ゴールデンクロスは下落の後に発生します。つまりは、下落前の高い価格で投資してしまっているプレイヤー(投資家)が多くいて、彼らは損をしたくないので、上昇するまで保有して待ち続けている状態になります。この状態を意味しているのは「以前から投資しているプレイヤーの”売りたい”という売り圧力」

この圧力がパッと消える時にこの「ゴールデンクロス」が表れるのです(上のチャート上、緑色50dayMAが赤色200dayMAを下から上へ突き抜けている箇所が「Golden Cross(ゴールデンクロス)」です)。

専門的にいえば、需給関係の改善とも言えます。その「売り圧力」が減少すれば、後は上昇していく力が強くなっていくので、結局は高値を追っていくことに繋がります。

米国株(S&P500指数)にさらなる上昇シグナル「ゴールデンクロス」が点灯中!1

(出典:Bloomberg)

もう一度直近のS&P500指数チャートに目を戻すと、ちょうど赤色の50日移動平均線が、黄色の200日移動平均線を下から上へ突き抜ける「ゴールデンクロス」のタイミングに差し掛かりました。中長期的に見てもS&P500指数は高値を追い続けています。今回のゴールデンクロスによって、更に最高値を更新することが大いに期待できます。

だから、常々私がこのブログでお伝えしているように、個人投資家は、このようなS&P500指数のような中長期で上昇し続ける「資産」へ、海外積立投資で月々コツコツと一定金額を積立投資することが資産を作っていく上で最短ルートだということです。

※米国株S&P500インデックスへの投資〜中長期投資の重要性〜 / マーケット(世界)

もちろん上げ下げがあるのは当然なので最高値を更新しても、今後どこかのタイミングで大きな調整があったり金融危機のようなクラッシュもあるでしょう。

しかし、過去そのような経済クラッシュがあってもS&P500指数へ中長期積立投資する優位性があります。

もちろん単に下落を跳ね除けて上昇し続けていることのみならず(今後のS&P500指数の株価上昇期待)、海外積立投資であれば元本確保型で中長期投資できるからです。つまりは、経済ショックのような下落リスクを負いたくない超保守的な個人投資家にとっても、その下値を心配することなく安心して中長期で資産を築いていけるのです。

さぁ、いよいよ「ゴールデンクロス」が点灯中ですが、これからS&P500指数がスルスルと上昇し続けて行く前に早めに海外積立投資で投資しておきたいでものです。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

【回想】2017年マーケットまとめ(勝ち組/負け組資産)

こんにちは、眞原です。 2017年の日本の大発会(年内初めの取引日)での日経平均は19,594

記事を読む

各国株価最高値圏!投資家自身の「目標リターン」に基づく利益確定のススメ

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 特に、日本の投資信託(ミューチャル・フ

記事を読む

アナタの冬のボーナス支給額は?2017年冬のボーナスランキング(日経調査)

こんにちは、眞原です。 今回は、気になるニュースから。 <冬のボーナス伸び小幅、80万

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

海外積立投資のパフォーマンス推移とアドバイザーについて

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資とア

記事を読む

ハイ・イールド債券の歴史と米国の利上げ

こんにちは、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事はみんな投

記事を読む

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国株式」に

記事を読む

【年金制度】iDeCoの加入者総数が65万人を突破!でも、iDeCoで年金は殖えるの?

こんにちは、眞原です。 今回は、年金制度について。 どうやら、iDeCo(個人型確定拠出

記事を読む

2016年6月からプラス13.5%上昇のS&P500指数は今も最高値更新中

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケットと海外積立投資情報です。 昨晩(2017年5月

記事を読む

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑