オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

著名投資家ジョージ・ソロス氏の「シムズ理論」の薦めを拒否した麻生太郎財務相

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は、本日9日参院財政金融委員会で麻生太郎財務相が答えた答弁について。

<「物価水準の財政理論」(通称シムズ理論)提唱者のシムズ教授>(出典:日経電子版 01/2/2017)

今回、麻生大臣の答弁に上がった「シムズ理論」はヘリコプターマネー(ヘリマネ)?

麻生太郎大臣が委員会で問われたのが、ここ最近話題となっている「シムズ教授による経済理論(シムズ理論)」について。

ノーベル賞経済学者のクリストファー・シムズ米プリンストン大学教授(上写真)が、1990年代の半ばから唱えている「物価水準の財政理論」がこの「シムズ理論」と呼ばれています。

金融政策や金融理論の話しなので、このブログだけで詳細に書ききれる訳もありませんが、

ザックリ簡単に言うと、

将来の増税(例えば、消費増税8%→10%へ)や歳出削減(社会保障費削減など)を封印して、人々のマインドにインフレ(物価上昇)の到来を確信させて、人々の消費行動や企業による設備投資を促すのが特徴。これにより、実体経済もインフレになれば、政府としては税収が増えて、国の借金(国債発行残高)も目減りするので、財政問題も立て直しやすくなる

という「金融政策に頼るのではなく、財政が物価の水準を決めるという理論」です。

もっと言えば、

今のように金利がゼロ金利(=むしろマイナス金利に張り付き)人々のマインドと実体経済がデフレ脱却への金融政策の効果が無くなった時に、物価水準を決めるのは財政政策である!という考えを元に、歳出の拡大と減税を実施すべきだという話しです。

<シムズ理論は「ヘリマネ?」に対するシムズ教授の回答>

(出典:日経電子版 01/2/2017 一部抜粋)

さて、今回麻生大臣は、このシムズ理論は「ヘリコプターマネー(ヘリマネ)」にあたる、という理由から、

「私が大臣の間、内閣にいる間、ヘリマネ、シムズ理論は採用しない」

と言い切ったそうです(どうせ官僚が準備した答弁書を読み上げただけなんだろうなぁーと思いますが・・・)。

※ヘリコプターマネー(ヘリマネ)発動は日銀破綻へのトリガーに?(2018年〜2030年の日本国債クラッシュ懸念=円資産価値の減価)/制度・規制・法律・金融政策

ちなみに、米著名投資家でビリオネアでもあるジョージ・ソロス氏が来日した際に、この「シムズ理論」を麻生大臣に薦めたそうですが、

「無責任なあなた方と異なり、私は1億2,000万人の国民に責任がある」

といって拒否したそうです・・・。

・・・ということは???

シムズ理論は採用されないので、裏を返せば今の政策路線をそのまま進むので、

・赤字国債増発は継続(財政悪化は止まらず)
・消費増税や他の増税も継続
・社会保障、公共事業、軍事、教育、公務員の人件費などは継続拡大(歳出拡大)
・ゾンビ年金制度も継続

などは変わらないということですね。

正直、いっそ一旦デフォルトやハイパーインフレにしてしまって(ガラガラポン)、今生きている世代が負担や痛みを負ってしまった方が(それを誰も望まないのでツケが後世へ延々と押し続ける社会&経済構造)、将来の日本の子どものためと思うのは私だけでしょうか・・・。

※年金カット法案採決!「ゾンビ年金制度」で将来は安心か?/みんなの年金問題

とは言え、歴史を振り返ればいつの世のもどの国も政治家&官僚は国民を裏切るのが当然なので、「シムズ理論」のみならず、他にも政府官僚が討てる手は様々あることでしょう。

※現在の日本において戦後直後の「ハイパーインフレ」と「預金封鎖&新円切替」と「財産税」は杞憂か? / 財政問題

個人個人が、国(政治家や官僚の決める政策)に頼らず、(むしろ国と自分の資産を切り分けて)自分の資産は自分で分散して守るように心がけたいものです。



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

投信運用をしている個人投資家への悲報!マイナス金利のせいで投資信託の基準価額が下がるそう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の証券会社や銀

記事を読む

富裕層への相続税課税強化の動き(平成29年度税制改正)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「平成29年度税制改正」による富裕層への相続税

記事を読む

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

【為替】2018年以降はぐんぐん「円安(円の価値目減り)」に!?「壮大な社会実験」の先にあるものは資産課税?

こんにちは、眞原です。 今回は、為替事情と私の誇大妄想について。 日本時間の明日の早朝(

記事を読む

スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「スイスプライベートバンカーとの語らい」から得

記事を読む

知らぬうちに2018年夏に開戦モードへ!?有事の際の資産保全方法と身を護る方法は?

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースから・・・。 2017年11月29日朝から

記事を読む

日本も2018年に発動、海外口座の多国間情報交換制度(海外資産の丸裸政策)−Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax matters-

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2018年から正式

記事を読む

国際政治の緊迫でジワりゴールド(金)上昇も、マーケットは戦争リスクをまだ織り込まず

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 先週突如行われた米国のシリア爆撃による特に米ロ欧の国

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

深センと香港市場の相互接続承認へ!(中国株マーケットの柔軟性が拡大か?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 2015年6月に「201

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑