オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2016年世界の大富豪(ビリオネア)の資産は2,370億ドル(27.9兆円)増加!

公開日: : 日本人の富裕層資産運用情報

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

2016年のマーケット営業日も残すところあと2営業日となりましたが、12/27日時点での「世界の大富豪(ビリオネア)の資産評価額」がどれほど増加したのか?の情報です。

<ビリオネアトップ10>

(出典:Forbes)

百聞は一見に如かず、こちら!

<浮き沈み上昇(世界の富裕層の資産評価額は2016年に上下)>

(出典:Bloomberg)

Bloombergが出している“Billionalres Index(ビリオネア指数)”の推移です。

2016年を振り返ると、色んな事がありましたね。

※色々あった2016年マーケット&政治(想定外は想定内、中長期投資の重要性)/マーケット全般

世界の富豪(ビリオネア)も、世界マーケット&政治の動きに翻弄されながら彼らの資産評価額も大きく上下した2016年でした。

2月11日:年初の評価額から3,820億ドル(約44.6兆円)が消失
6月23日:英国のBrexit(EU圏からの離脱国民投票)で離脱決定
9月6日:ビリオネアの資産評価額は2016年で最高の4.5兆ドル(470兆円)へ
11月8日:米トランプ次期大統領就任決定

結果的には2016年の株式マーケットにおいて、年初から見て12/27時点で2,370億ドル(約27兆9,000億円)、前年比5.7%増加したことになります。

世界の富(評価額)は順調に「殖え続けている」ということが分かります。

<2016年に最も富を得た5人のうち4人はアメリカ人>

(出典:Bloomberg)

結局のところ、気がつけば米国株式は最高値を更新し続けている2016年なので、当然それらのオーナーや株主であるビリオネアや個人投資家は「資産価値=富を殖やす」ことに繋がっています。

<資源セクターのビリオネアが最も資産を殖やした>

(出典:Bloomberg)

セクターで見ると、特に資源系(ゴールド、メタル、採鉱など)の企業のビリオネアたちが最も資産評価額を上昇させ、ITや飲食品、メディア、小売などの他セクターを上回る結果になりました。

ビリオネアではない個人投資家は・・・

さて、このブログの読者はビリオネアではないと思いますが(ミリオネアは数多くいるのは知っていますが)、このようなビリオネアの「動き」は2017年以降の資産運用でも十分に活用できる情報です。

まず、ビリオネアたちの企業の株式を個別銘柄で持つのも1つでしょうし、また積立投資(特に国内の積立投資よりも増える可能性が明らかに大きい海外積立投資)で、これらのセクターのファンドをコツコツと積み立てていく資産運用の考え方です(富裕層の富増加=株価上昇=積立投資でドルコスト平均法を活用して個人投資家も資産増加)

言うまでもなく、特に米国株式は中長期で見て上げ下げある中でも最高値を更新中の「資産」というのは歴史が証明している事実なのですから、その「資産」に投資しておかなくては個人投資家の投資資産が増えるわけがありません。

※最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる) / マーケット(世界), 元本確保

2017年からの資産運用戦略を考えている個人投資家は、特に「米国株式」から目が離せないのは言うまでもありません。

まだ、積立投資(海外積立投資)を始めていない個人投資家はまずは始めて2017年こそは資産を殖やしていきましょう。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月5万円を積み立てることで、25年間で積立額1500万円のところ、運用によって6000万円を目標に積立投資します。投資を始めるのにまとまった金額は必要ありません。

ポイントは「ドルコスト平均法」と「複利運用」ですが、そのノウハウをまとめました。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

日本長者番付2016(Forbes)〜「資産」への悩みのベクトル〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はForbesから発

記事を読む

国税庁が指摘した2014年の海外資産相続申告漏れ件数は177件!海外資産(預金、株式、不動産、オフショアファンド)を持つ人は必見!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外資産(預金、

記事を読む

超富裕層(個人資産5,000万ドル(約55億円)以上を持つ人たち)はどこに住んでいる?(GLOBAL WEALTH REPORT2016)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「超富裕層の実体」について。 CREDI

記事を読む

超富裕層と資産課税や富裕税(海外資産保有や資産フライトへのモチベーション)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「富裕層」情報。

記事を読む

節税意識の変化、今後の富裕層は日本国籍(パスポート)を変更していくか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、富裕層課税と節税と生き方について。ちょうど昨晩、

記事を読む

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

こんにちは、眞原です。 タイトルの通り、 政府が「休眠預金口座(金融機関に預金として預け

記事を読む

スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「スイスプライベートバンカーとの語らい」から得

記事を読む

2015年(平成27年度)国外財産調書の結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年に書きそびれていた「2015年分(平

記事を読む

世界ビリオネア上位8人の資産合計(約42兆円)=世界人口の下位36億人の資産合計

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 国際非政府組織(NGO)OXFAMによると、 世界

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑