K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

最高値更新中の米国株式が資産である理由(+しかも元本確保型で投資ができる)

公開日: : マーケット(世界), 元本確保

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

トランプ大統領誕生(彼の政策期待)を反映して、株式、債券(金利)、為替、コモディティとマーケット全体でリスク(ボラティリティ=上下のブレ幅)が高まっています。

オフショアファンド(ヘッジファンド)にとっては、ますます絶好のマーケット環境になってきました。

%e6%9c%80%e9%ab%98%e5%80%a4%e6%9b%b4%e6%96%b0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%81%8c%e8%b3%87%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%ef%bc%88%ef%bc%8b%e3%81%97

(出典:REUTERS)

歴史的に最高値を更新している各米国株式指数

チャートと実際のリターン数値を確認する方が分かりやすいので、まずは3つの代表的な米国株式指数の5年間チャートを確認します。

<NYダウ工業平均株価指数>
%e6%9c%80%e9%ab%98%e5%80%a4%e6%9b%b4%e6%96%b0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%81%8c%e8%b3%87%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%ef%bc%88%ef%bc%8b%e3%81%97
<NYダウ・ジョーンズ指数のリターン>
1ヶ月:+5.03%
3ヶ月:+3.44%
年初来:+9.52%
1年:+7.13%
3年:+18.73%
5年:+69.80%
52週間最高値:19,083.18
52週間最安値:15,660.18

<NASDAQ 指数>
%e6%9c%80%e9%ab%98%e5%80%a4%e6%9b%b4%e6%96%b0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%81%8c%e8%b3%87%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%ef%bc%88%ef%bc%8b%e3%81%97<NASDAQ指数のリターン>
1ヶ月:+1.84%
3ヶ月:+3.23%
年初来:+7.45%
1年:+5.17%
3年:+34.70%
5年:+120.38%
52週間最高値:5,386.350
52週間最安値:4,266.837

<S&P500 指数>
%e6%9c%80%e9%ab%98%e5%80%a4%e6%9b%b4%e6%96%b0%e4%b8%ad%e3%81%ae%e7%b1%b3%e5%9b%bd%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%81%8c%e8%b3%87%e7%94%a3%e3%81%a7%e3%81%82%e3%82%8b%e7%90%86%e7%94%b1%ef%bc%88%ef%bc%8b%e3%81%97<S&P500指数のリターン>
1ヶ月:+3.01%
3ヶ月:+1.41%
年初来:+7.97%
1年:+5.49%
3年:+22.39%
5年:+91.07%
52週間最高値:2,208.40
52週間最安値:1,834.20

俗に言われる08年のリーマン・ショック(金融危機)から早や8年が経過しています。

よくよく冷静に考えるとその頃からNASDAQやS&P500指数に投資しているだけで、その投資資産は「倍以上(倍)になっている」というのが、現在までの「結果」です。

「〜たら、〜れば論」ではありますが、米国株式は上下しつつも、ずーーーーーーと右肩上がりに上昇し続けているので「今が最高値」なのです。

ずっと、私のこのブログで「投資資産の中に、S&P500指数(米国株式指数)は入れておくほうが良いのでは?」という情報を発信し続けていますね↓

※S&P500指数が最高値更新を再びトライへ!(積立投資の優位性)/マーケット(世界)

最高値更新中だから、株価はいつか大きく下落するだろうという「主観」に惑わされずに

「ここまで高くなっているなら、下落してから投資すれば良いじゃないか!」

「わざわざ高い値から投資するリスクを取り必要はないのでは?」

「高過ぎる・・・」

とういう主観でこれらのチャート見る個人投資家も多いことでしょう。

確かに安く買って高く売る(値が下がっている時に投資をして、高くなった時に利益確定をする)というのが、投機でも資産運用においても「当然」ですが、「今が最も高い」「今が安い」というようなタイミングを測ることは不可能なのです。そして、それを考え躊躇する時間の方が勿体無い。

 

今後も資本主義社会であって、世の中にiPhoneやFacebookやあらゆるイノベーションや利便性向上という様々なサービスを提供しているグローバル企業が多い米国企業(株式)、そして新たなベンチャー企業が生まれやすい風土があります。

結果「これまで同様に今後も米国株式は中長期で伸びゆく資産」として「(むしろ)投資しておかないと損をするという認識」を個人投資家は持っておくほうが良いはずです。

 

そして「もし、また大きく下落するような時があったら・・・」と心配性な個人投資家は、この米国株式(S&P500指数)に投資をしつつ元本確保型で一括投資したり、15年後に140%が元本確保される海外積立投資に積立投資できるので、そういう元本確保型の投資で下落するリスクヘッジをして投資すると良いでしょう。

 

繰り返しになりますが、米国株式(S&P500指数で十分だと思いますが)に投資しないということ自体が、日本人投資家にとって「損である(=資産を殖やす機会を逃している)」というのは、これまでの歴史が証明しています(最高値推移)。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

米国利上げ前!新興国通貨(ブラジルレアル、インドネシアルピア、トルコリラ、南アランド)ショックに備えあれば憂いなし!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容は『新興国通

記事を読む

NexitやFrexitの激震に備えるべく欧州マーケット2017年政治的な日程まとめチェック

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2017年マーケット動向に左右する、主にEU圏

記事を読む

テスラ(Tesla)の時価総額が遂にGMを抜き北米最大手自動車会社へ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はNasdaq市場(米国株式市場)に上場している

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

8月3週目の世界的株安パニックを5つのポイントでズバッと解説!〜超金融緩和サイクルの終わりの始まり〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、先週末マーケット

記事を読む

野村證券発表、2017年のマーケット・リスク(グレー・スワン)10項目

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)情報で、野村證券による「グレ

記事を読む

中国A株を売却すると逮捕!?共産党のなりふり構わない株価下支え政策!中国マーケットの異変に備えよう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は世界マーケット、中

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

マーケット大幅調整ドスンと中長期投資とキャッシュポジション

こんにちは、眞原です。 先週末の北朝鮮の核実験(過去最大級)が尾を引いている週明けのマーケット

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑