ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

テスラ(Tesla)の時価総額が遂にGMを抜き北米最大手自動車会社へ

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回はNasdaq市場(米国株式市場)に上場しているテスラ(Tesla Inc:TSLA)について。

遂に、新興の電気自動車メーカーであった「テスラ(Tesla)」が、米国の旧自動車産業の牽引役であったフォード・モーターそして、ゼネラル・モーターズの時価総額を抜き、北米で時価総額最大の自動車メーカーとなりました。

Tesla Inc:TSLA 株価推移
(出典:REUTERS,以下同様)

株価:USD312.39(2017/4/10)

時価総額:USD515.42億(約5兆7,211億円)

<General Mortors Company:GM 株価推移>株価:USD33.97(2017/4/10)
時価総額:USD502.16億(約5兆5,739億円)

<Ford Motor Comapany:F>株価:USD11.25(2017/4/10)
時価総額:USD446.37億(約4兆9,547億円)

そもそも「時価総額競争」をしても、あまり意味はないと個人的には考えていますが、今回のような「新旧の産業転換期」においては重要な意味を持つと思い今回取り上げてみました。

Teslaの時価総額は、もう少しで日本が誇る自動車メーカー(戦後、自力でできた自動車メーカー)であるホンダ(Honda)の時価総額も抜き去りそうな破竹の勢いです。

<Tesla(青)がHonda(紫)の時価総額に追いくか?

(出典:Bloomberg)

実はTeslaは、2017年2月に「Tesla Motors」という社名から「Tesla」へ変更し、自動車産業のみならず、今後太陽光産業へ裾野を広げていく強い意思を示しています。

これからは「自動車のTesla」のみならず、他分野(例えば、ハウスメーカーへの太陽光パネル供給)などでも、これまでのように社会的インパクトと利便性向上を提供してくれるに違いないありません。

ちなみに、Telsaについては去る2015年8月に公募増資をしていて、当時私がブログ記事でまとめていました↓

※攻めの姿勢を貫くイーロン・マスクCEO!テスラ モーターズが5億ドル(約620億円)の公募増資決定!〜「新たな世界(投資機会)」を拡げるには今の常識から脱すること〜 / マーケット(世界)

当時のブログ記事でもまとめていますが、弊社の河合がTesla株式投資を推奨していた2012〜13年頃当時の株価は「USD25」でしたが、今や約12.5倍の「USD312」と弊社クライアントで投資している方は非常に高いリターンを上げられています。

非常に良かったですね。

多くの日本人の投資は「ギャンブル(単に目先の上げ下げに賭ける行為)」になっていますが、本来あるべき投資、特に積立投資で根底にある必要な考え方は、このように「先々伸びゆく銘柄への我慢強い中長期投資」なので、個人投資家はこの考え方をを心がけたいものです。

資産運用の「リアルタイム診断(無料)」はこちら

日本でもTeslaのように、社会的インパクトが大きく、旧産業体制を抜き去るベンチャー起業がもっと勃興していくことを期待したいですね。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

2016年ビックリ予想(ー短期株価予測と為替予測は単なるギャンブルー)

明けましておめでとうございます、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 20

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

NexitやFrexitの激震に備えるべく欧州マーケット2017年政治的な日程まとめチェック

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2017年マーケット動向に左右する、主にEU圏

記事を読む

野村證券発表、2017年のマーケット・リスク(グレー・スワン)10項目

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)情報で、野村證券による「グレ

記事を読む

個人投資家が無視できないThe Economis誌の”The World in 2016(2016年 世界はこうなる)”

こんにちは、K2 Investment アドバイザーの眞原です。 今回は(若干オカルト的な?観

記事を読む

「戦争サイクルと経済クラッシュサイクル」に備える資産運用方法は?(景気循環サイクルとの関係性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 明日、明後日が2016年

記事を読む

情報の非対称性と個人金融サービス

こんにちは、眞原です。 今日はごく当たり前の事を・・・。 どんなビジネスでも、サービスに

記事を読む

第1回フランス大統領選挙後にユーロ高になった理由は?(次期フランス大統領は5/7に決定)

こんにちは、眞原です。 落ち着きを取り戻している為か、今週初め(4/23)にフランスであった第

記事を読む

レアルに投資している個人投資家は注目!ブラジルが09年以来の最大の利下げ実施(11.25%へ)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ブラジル・レアルの情報です。 ブラジル

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑