K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

世界ビリオネア上位8人の資産合計(約42兆円)=世界人口の下位36億人の資産合計

公開日: : 最終更新日:2017/01/17 プライベートバンク, 日本人の富裕層資産運用情報

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

国際非政府組織(NGO)OXFAMによると、

世界で最も裕福な8人(ビリオネア8人)の資産が、世界人口のうち下位50%(約36億人)の合計額とほぼ同じ

というリポートが発表されました。

<ビリオネア上位10位の顔ぶれ>

(出典:Forbes)

上位8人のビリオネアの資産額合計は426.2B(約42兆6,200億円)。これを36億人1人あたりで考えると・・・1万1,800円くらい。

世界人の下位50%は1万円の純資産も持っていないということですね。それもそのはず、日本や先進国の「常識」では考えられない最低賃金(以下)で働いている人が世界には山ほどいる訳で、世界人口半分は1日2ドル未満(200円以下)で生活しているというリポートもあるのですから・・・。

同レポートによれば、2010年には43人が世界人口の半分に当たる36億人の資産と同等の資産を、2016年には当初推定されていた62人ではなく、9人が世界人口の半分に当たる36億人の資産と同等の資産を所有している計算になるようです。

それもそのはず、このブログでお伝えしましたが、2016年は乱高下がありつつもビリオネアの資産は着実に増えていますので。

※2016年世界の大富豪(ビリオネア)の資産は2,370億ドル(27.9兆円)増加!/日本人の富裕層資産運用情報

こういう記事を目にすると、

資本主義の格差が拡大している!これは弱者からの搾取だ!(資本主義の悪の根源!)

というような、一見??当たっているような声が聞こえますが・・・。

そもそもビリオネアの資産の大半は自社株だったりするので、弱者からの搾取(ゼロ・サム・ゲーム)ではなく、単に彼らの事業価値(株価上昇)であったり、新たなビジネスによる富の創出の結果、単に彼らの富が増えているということです。

ゼロ・サム・ゲームについてはこちら↓

※年末ジャンボ宝くじは、単なる「貧乏くじ」(非合理的な金融知識の差)/ふっと想う

そして忘れてならないのは例えば、5位にランクインしているJeff Bezosが経営するAmazonでは、世界中で多くの雇用を生み出し、サービスを利用する人々の生活をより快適にし、Amazonに関わる多方面で新たなビジネスが生まれ、そのビジネスに参入をして恩恵を受けている人たちが世界中にいるということを見落としがちでしょう。

起業家(=新たなサービス創出)によって「(負の側面もあるものの)世界が大なり小なり便利に、そして良くなっている」のです。

なので、あたかも「ビリオネアやミリオネア=資本主義の悪の根源!」みたいな論調には私は賛成しかねます・・・。

彼らオーナーや代々企業経営を引き継いでいる人たちは「自らリスクを取って(株主や社会からの大きな責任も含め)努力した結果が彼らの資産価値」に繋がっているのです。これは何もビリオネアやミリオネアに限らず、自ら起業や開業をして資産を築いている人たちにも当てはまります。

私は、純粋に、大なり小なりでも自分で事業をやている人は、ホンマに凄いと思ってます。

とは言え、「資産が殖える金融サービスの仕組み」については、世界と日本では大きく違います。

例えば特に、米国やオフショアでは歴史的な背景からも当然のように「殖える仕組み(オフショアファンド、米国生命保険や信託など)」が整っています。

少なくとも一定資産を持っている人たちや(米国人は除外しますが)、欧州系富裕層は200年以上も前から続くスイスプライベートバンク(特にオールドマネー)を活用して資産保全と殖える仕組みを活用しているのは言うまでもありません(※日本が江戸時代の時から、スイスプライベートバンクは時代に沿って変化しながらも脈々と受け継がれている歴史が違います)。

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

ビリオネアやミリオネアの悩みと資産を築きたい人の悩み

それぞれの「現実や正義」が違うので一概に言えませんが、

ビリオネアにはビリオネアの悩みが。ミリオネアにはミリオネアなりの悩みが、そしてこれから資産を築きたい人には築きたい人なりの悩みがあって、もちろん「その悩みの解決方法」もそれぞれ違います。

上で見たようたビリオネアは話が別ですが、主に日本在住の日本人にとって、特に将来の日本経済や人口問題、年金問題の不安が払拭できない以上、そして、生きる上では「資産やお金はあったほうが良い」、「今ある資産を守って行くほうが良い」というのは間違いなく言えます。

お金を守る方法、殖やす方法、作っていく方法・・・

国内外(日本の証券会社、オフショア投資)の資産運用を知っているからこそ、私が「その悩み解決について」伝えられることがあります。

ご相談、お待ちしています↓

※眞原への直接相談はこちらから(無料)



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

退職後(リタイア後)の海外生活のベスト10都市と国ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外居住を考えている人、既に海外居住をしている人の新たな住処の

記事を読む

2017年版「世界で最も住みやすい都市ランキング」7年連続で・・・

こんにちは、眞原です。 今回は、毎年恒例、英エコノミスト誌のEIU(Economist Int

記事を読む

国際政治の緊迫でジワりゴールド(金)上昇も、マーケットは戦争リスクをまだ織り込まず

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 先週突如行われた米国のシリア爆撃による特に米ロ欧の国

記事を読む

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

こんにちは、眞原です。 タイトルの通り、 政府が「休眠預金口座(金融機関に預金として預け

記事を読む

世界166カ国1万3,000人のエクスパットが選ぶ「働きたい国/働きたくない国の世界ランキング」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外在住者向けコミュニティサイトInterNationsが行っ

記事を読む

ミサイルが落ちてきそうな日本の「日本円(JPY)」が買われ円高になるのは何故?

こんにちは、眞原です。 今朝から日本のメディアは「ザ・北朝鮮ミサイル問題」ばかりセンセーショナ

記事を読む

セミナー参加者回答、まとまった資金の投資先上位ランキング(オフショアファンド一括投資)

こんにちは、眞原です。 今回は、USD10,000(約110万円)やUSD100,000(約1

記事を読む

著名投資家ジョージ・ソロス氏の「シムズ理論」の薦めを拒否した麻生太郎財務相

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、本日9日参院財政金融委員会で麻生太郎財務相が

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

節税意識の変化、今後の富裕層は日本国籍(パスポート)を変更していくか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、富裕層課税と節税と生き方について。ちょうど昨晩、

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑