オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

国内11社ファンドがMMFの新規受付停止に!日銀の「マイナス金利」の影響拡大中!〜「預金封鎖」への懸念〜

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

日銀の「マイナス金利」発表の影響が徐々に出始めている日本のマーケット環境です。

中でも、投資信託(ファンド)の1つであるMMF(マネー・マネジメント・ファンド)の新規申し込みについて国内大手運用会社11社全てで事実上「停止」もしくは「償還」することになっています。

MMFって何?というのは、割愛します(仕組みはMRF(マネー・リザーブ・ファンド)とほとんど同じだと思ってください。運用期間や利回りが異なるなどの違いです)。

国内11社ファンドがMMFの新規受付停止に!マイナス金利の影響拡大中!〜金利を取る運用はオフショアで〜(出典:NHK)

また、「マイナス金利」については、こちらでサラッとまとめているので、詳細はこちらに譲るとして、

※日銀、「マイナス金利」導入へ〜黒田日銀総裁は日本経済の救世主か破壊者か?〜 / 制度・規制・法律・金融政策

既に日興AMのMMF(257億円)と大同のMMF(148億円)が繰上償還を決めましたが、他に繰り上げ償還が広がる可能性のあるMMFと残高(億円)がこちら。

ダイワMMF:7,538億円
野村MMF:4,765億円
国際(三菱UFJ)のMMF:995億円
MHAMI(みずほ)のMMF:756億円
野村MMF(確定拠出年金向け):663億円
新光MMF:516億円

目下、銀行や金融セクター株価の大幅下落調整、みずほ銀行やゆうちょ銀行が預金金利を最低に引き下げ、そしてこのMMF停止と立て続けに「異様な経済情勢」となっています。

既に9日のマーケットにて長期金利が史上初のマイナス(一時マイナス0.035%まで)、また新発20年債利回りまで過去最低を更新するなどジワリジワリとマイナス金利の余波が来ています。

長期金利のマイナスは事前の予想どおりなので何もプライズではありませんが、仮に日銀がさらなる「マイナス金利幅拡大」を実行してくるとすれば、「ATM料金の値上げ」や「貯蓄性保険の保険料の値上げ」や「住宅ローンの引き下げ競争」そして、何よりも「預金者が銀行に金利(手数料)を支払わないといけない状況(これぞ「マイナス金利」)」になるかも知れません。

最後の「預金者から金利を徴収」というのが最も恐れるシナリオです。

というのも「預金をしているのに手数料を払わなくてはいけない状況」になると「手数料は払いたくない!だったら、タンス預金にしておく!」という日本人の預金者が増える可能性があるからです。

こうなった場合、特に日本人の行動パターンは付和雷同、横並び主義な側面があるので・・・最悪なケースとしていち早く預金から資金を引き出そうと「銀行取り付け騒ぎ」の様相となり預金者が一斉に銀行へ押し寄せ、それを防ぐべく銀行や日銀(政府)の対応として、「預金封鎖」ということ繋がりかねないのです・・・。

※さぁ10月!いよいよ「マイナンバー」通知開始!〜資産把握≒増税+デノミ+預金封鎖への道〜 / 制度・規制・法律・金融政策

※ギリシャでは預金者の銀行預金EUR8,000(約110万円)以上あるうちの30%を強制没収を計画中。連鎖倒産の防止へ(預金税?)1946年の日本での預金封鎖+預金税(強制徴収)と同様か? / 財政問題

さすがにこのような「預金封鎖」の現実味が湧くというのはあまりにもリスクが大きいので、各銀行が自制して「預金者からのマイナス金利導入(=手数料徴収)」とまではならないと願いたいですが(ちなみに日銀黒田総裁は一応、そう答弁していますが・・・)足元の状況を冷静に見る限り非常に不明瞭な状況なのは間違いありません。

当面このマーケットの乱高下や平時の落ち着きとは程遠い経済環境なので、個人投資家はしっかり状況を把握して最善の備えをしておきたいものです。

(カバー写真:NHK)



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

きっと今後も外国人労働者移民を受け入れ難い日本経済や日本円は没落していくでしょう〜円資産(国)と個人の資産分離の考え方〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日本の人口減と日

記事を読む

タンス預金が78兆円を突破!でも、新円切替リスクには未対応では?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金が78兆円を突破!」というニュース

記事を読む

年金情報125万件流出!マイナンバー制度導入前ですが大丈夫ですか?(銀行預貯金、証券口座、医療情報、年金、その他丸裸になる情報流出懸念)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「年金情報125万

記事を読む

初!国民医療費40兆円突破!高齢化と人口減の日本社会で現役世代の負担増と保障減は必至!〜老後医療も年金も自己責任〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は直接「みんなの年金問題

記事を読む

マイナンバー制度、国民の70%超は知らないまま

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。今回のブログでは2015年1

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

春闘?賃上げ交渉?給与が増えた?嘘、嘘、嘘!!アベノミクスで実質賃金は23か月連続目減り中!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「投資と社会事

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

3,600億円のオスプレイ(宛名は日本政府)は「今後の増税+社会保障(年金など)カット」に繋がるのか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の社会事情(や

記事を読む

続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2015年10月交付、

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑