オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

アメリカ株(S&P500)の上昇、それはジェネレーション交代の産物である!

公開日: : 最終更新日:2015/09/04 海外積立投資

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は「米国株式」についての情報です。Bloombergに面白い記事がありました。

<Millennial Move Into”Savings Years”Seen Supporting U.S. Stocks>

Screen Shot 2015-05-21 at 00.38.07

「ミレニアル世代が「財テク年齢」に差し掛かって来た、結果、米国株式を支えているよ!」ということのようです。

こちらが詳しいチャート。(シティバンクが出しています)
緑色が、S&P500株式指数で、黒色が35−39歳のアメリカ人人口推移(ミレニアル世代)

<Demographics and U.S. Stocks>

Screen Shot 2015-05-21 at 00.33.51

そもそも、まず「ミレニアル世代」とは?という点から。

ミレニアル世代は、1981−97年生まれの世代を総称していて今回のレポート曰く「2000年以降に2回の株式下落局面で投資をしていなかった世代」とのこと。そして、米人口において、ベビーブーム世代(1946−64年)の7,350万人を抜いて最大の人口集団(今年7,530万人)となっているそうです。更に、2028年に向けて毎年増加し、更に2,390万人増える見通しという、要は黒色チャートが推移している通り右肩上がりに伸びていくという事です。

彼ら世代が「財テク年齢」に差し掛かり、資産運用の1つとして「株式投資」をする事がS&P500指数すなわち米国株式市場の下支えになっていくというのが一つの見方ということ。実際、このミレニアル世代は住宅バブル後、初めて住宅ローンを組もうとし始めたようなニュースも現地では流れていて、REIT市況への後押しにもなっているようです。

ミレニアル世代は別名「ジェネレーションY(1975−1989年)」と呼ばれていますが、彼らはベビーブーマーの子ども世代として幼少期からデジタル化の生活に慣れ親しみ、日常的にインターネットを使いこなす世代です。結果、それまでの世代と価値観やライフスタイルが異なるということになっています。(=2000年前後もしくはそれ以降に社会に進出する世代)

米国人口は約3億人のうち既に7,530万人(25%)がこの世代に差しかかかり、多くが財テクを始めるということ。金融緩和(QE3)やゼロ金利などの金融政策だけで米国株式市場が盛り上がって来たと言う経済学者も多いですが、人口動態と株式市場(+経済環境)の相関性は決して無視は出来ず、これらの人口が株価下支えの要因になるというのは多いに見て取れるでしょう。

一方、人口は増えず世界最速で少子高齢化を邁進中の日本において日経平均がようやく20,000万円台で「もう高いだろう」と思われるのとは大違いです。S&P500は最高値を更新していますが「高すぎる」という感覚よりもむしろ「まだ、上昇するんだろうなぁ〜」という感覚の個人投資家の方が多いようです。

結局のところ、個人投資家はこういう右肩に上昇していく指数こそ、年金不安がある日本人はなおさら積立投資でコツコツと月々一定金額を積立投資しておくべき資産でしょう。米国株式(S&P500)が今後も上昇していく可能性が高い1つの材料や理由として確認しておきたいニュースでした。

※『海外積立年金入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

2016年、たった60秒間における世界のインターネットサービス利用状況〜グローバルテクノロジー産業の積立投資は必至?〜

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外積立投資(や、他の積立投資でも)月々一定金

記事を読む

世界の革新的大学トップ10ランキング!高校生の親御さん必見!日本の大学は軒並みダウン(REUTERS)

こんにちは、眞原です。 今回は、小さいお子さんから高校生のこどもを持つ親御さんにとって重要な情

記事を読む

2018年1月から開始される積立NISA(つみたてNISA)ってなにーさ?(海外積立投資との比較付)

こんにちは、眞原です。 国主導でこのような新しい資産運用の制度が開始される度に思うのは、きっと

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

今、アナタが備えるべき政治/経済的 ”3つのブラック・スワン(予期せぬ破壊的リスク)”

こんにちは、眞原です。 今回は、私の勝手な予測シリーズ(妄想と危機管理意識に近いか?)。

記事を読む

5年ぶり冬のボーナス減!皆さんはどうですか??それでも老後はやってくる。

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュース。 <冬のボーナス5年ぶり減少> (出典

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

ぶっちゃけ年金っていくら貰えて、老後生活にナンボ必要なん?

こんにちは、眞原です。 今回は、「(仕事をしている時代)現役時代から、老後と100歳長生きリス

記事を読む

婚姻届やパスポート発給にもマイナンバーが必要に?

こんにちは、眞原です。 今回は日本在住者(日本に住所がある人)すべての人に関連する「マイナンバ

記事を読む

ザ・2020ビジョン・コモンズ投信(若い世代にとって「積立投資」は必須の資産運用方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「積立投資」の情報

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑