オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

【回想】2017年マーケットまとめ(勝ち組/負け組資産)

こんにちは、眞原です。

2017年の日本の大発会(年内初めの取引日)での日経平均は19,594.16円で取引を終え、そして本日12/29に東京市場の大納会(年内の最後のマーケット取引日)となり、

日経平均株価の大引けは、22,746.94円(前日比-0.08%、年内約+16%)

でした。

東証1部の売買代金は2017年で2番目に少ない水準で、出来高も2011年の大納会以来の低水準で2017年のマーケットを終えました。

ファイナンス関連でお勤めの方々は、4日の大発会まで数日間の休暇期間に入ります、お疲れ様でした。

さて、年末年始のこの時期になると毎年恒例の米ブラックストーングループのバイロン・ウィーン氏が公表している「びっくり10大予想」の2018年のビックリ予想が出されます。また発表あればこちらのブログで取り上げたいと思います。

ちなみに、2017年のビックリ予想はこちら↓

毎年恒例!米ブラックストーン副会長バイロン氏の2017年の「びっくり10大予想」

各社2018年のビックリ予想を出していますが、その前に2017年の各資産、マーケットの振り返りをしてみます。

一般投資家が投資できないような資産も多いですが、投資信託(ミューチャル・ファンド)などで保有している場合もあると思うので、ファンドの上昇/下落要因の1つに繋がっていると思います。

<株式マーケットBest/Worst>

・Best Index
Ukrainian Equities Index:+80.0%
Kazakhstan KASE Stock Ex:+64.0%
MSE Top 20 Index:+63.0%
JSE Market Index:+53.0%
OMX RIGA OMXR:+53.0%

・Worst Index
ADX GENERAL INDEX:+0.4%
DFM GENERAL INDEX:-2.0%
MSM30 Index:−9.0%
QE Index:-16.5%
KARACHI 100 INDEX:−22.0%

<債券マーケットBest/Worst>

・Best
Greece due Feb 2042:+63.7%
Greece due Feb 2036:+60.4%
Greece due Feb 2039:+59.7%
Greece due Feb 2034:+59.3%
Greece due Feb 2040:+57.9%

・Worst
U.S., due March 2027:-2.4%
Japan, due July 2019:-2.7%
Japan, due May 2019:-2.7%
Japan, due March 2057:-2.8%
Japan, due Aug 2019:-3.1%

<コモディティマーケットBest/Worst>

・Best
Palladium:+54.0%
LME 3mth Copper:+29.0%
LME 3mth Aluminium:+29.0%
NYMEX Heat:+17.0%
ICE Gasoil:+17.0%

・Worst
CBOT Corn:0
CBOT Soybeans:−4.0%
ICE Coffee:−11.0%
ICE Sugar:−25.0%
NYMEX Nat Gas:−27.5%

<為替Best/Worst>

・Best
Mozambique New Metical:+21.0%
Czech Koruna:+18.0%
Polish Zloty:+18.0%
Serbian Dinar:+17.5%
Moldovan Leu:+16.5%
Albanian Lek:+14.5%

・Worst
Nigerian Naria:-12.5%
Ethiopian Birr:-19.0%
Sierra Leone Leone:-25.0%
Congolese Franc:-27.0%
Uzbekistai Soum:-60.0%

2017年はビットコインの上昇に目を奪われがちでしたが、通常のマーケットでも資産の乱高下が見られています。

各国先進国による金融政策の変更(米国利上げ、英国利上げ、ECBの緩和策の出口意識、日銀の継続的な金融緩和)も大なり小なり、先進国や新興国の資産に対して影響を与えています。

海外積立投資で積立投資しているポートフォリオの資産(ファンドなど)については、上下がある方がドルコスト平均法を活用できるので、積極的に上下がある資産を積立投資したいですね(もちろん、中長期で上昇していくであろう資産を)。

2017年マーケットもお疲れ様でした。

果たして、2018年はどうなっていくのか・・・、またブログで取り上げていきます。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

日本人個人投資家も売りに売っているブラジル・レアル投信

こんにちは、眞原です。 今回は新興国通貨(ブラジル・レアル)について。 4月に大幅利下げ

記事を読む

”Make Great America Again!” 第45代アメリカ合衆国大統領に共和党ドナルド・トランプ氏が就任予定決定!(米国大統領選挙結果と今後のマーケット)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 アメリカで2016年11/8が歴史的な大統領選挙日になっ

記事を読む

LVMH(ルイヴィトン)株の上場来高値更新とピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、パリ市場に上場していているLVMH(ルイヴィ

記事を読む

短期的には円キャリートレード巻き戻しの円高、中長期的にはドル高円安トレンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 年初からマーケット全体と

記事を読む

2016年6月からプラス13.5%上昇のS&P500指数は今も最高値更新中

こんにちは、眞原です。 今回は、マーケットと海外積立投資情報です。 昨晩(2017年5月

記事を読む

誰もに平等な「限りある時間という資源」と「15年満期140%元本確保型海外積立投資」

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用初心者の方は特に必見です。 (出典:

記事を読む

ビッグマック指数で見ると今後は「ドル安円高傾向」??

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は1つの参考指標「ビッグマック指数」から考える「

記事を読む

世界経済成長エンジンのシフト!新興国資産を持っている投資家がすべき米国利上げへの備えとは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「マーケット(世界

記事を読む

ハイ・イールド債券の歴史と米国の利上げ

こんにちは、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事はみんな投

記事を読む

世界の革新的大学トップ10ランキング!高校生の親御さん必見!日本の大学は軒並みダウン(REUTERS)

こんにちは、眞原です。 今回は、小さいお子さんから高校生のこどもを持つ親御さんにとって重要な情

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑