K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

情報の非対称性と個人金融サービス

公開日: : 最終更新日:2017/07/06 ふっと想う, 投資アドバイザー, 資産運用の基礎、Q&A、基礎用語

こんにちは、眞原です。

今日はごく当たり前の事を・・・。

どんなビジネスでも、サービスにおいても、サービス提供者とサービス受益者の「情報の差(情報の非対称性)」がある訳ですね。

例えば、レストランに行けば、その料理のプライスには、

・食材(国内産、輸入産、加工品など・・・)
・シェフの料理の腕(ベテラン、見習いなど・・・)
・サービサーの質(熟練されたサービサーなど)
・レストランの内装外装などの装飾、使われている食器(伝統技術を駆使した設え、工芸品、輸入品など・・・)

諸々含まれて、そのプライス(サービス対価)が付けられていますよね。

高いには高いなりの理由もあって、安いには安いなりの理由がある。

そして「その理由」は、結局のところ「情報の非対称性」でしかない、と。

この「情報の非対称性」が大きいなと個人的には思うのは、

・インターネットサービス(広くIT系)
・不動産
・個人金融サービス
・製薬業界
・飲食
・医療サービス

です。

誰しも何かを「完全に100%分かる」なんてことはあり得ないので、あくまでも「(一定もしくはなんとなく)分かったような知っているような感覚」で、そのサービスを受けたり、選んだりします。

そして、個人金融サービスも結局のところ、国内の個人金融サービスの情報しか知らない日本の證券マンや銀行員や保険マンたちと、グローバルな金融サービスを知って情報発信している私たちとの「情報の非対称性」は大きいのが事実です(日本は規制で雁字搦めで、銀行護送船団、金◯庁OBが天下る大手金融機関を融通、ですから)。

大手証券マンのリテールセールスであっても「オフショア投資(オフショアファンド)」を知っているというのはごく一握りでしょう(そもそも彼らの多くは愛社精神が強いので、結局盲目的に自社の金融商品にしか目が行かないという・・・)。

実際、アメリカのとある州で私よりも年長者の大手銀行員のプライベートバンキングを提供する日本人行員に会って話をしたことがありますが、その彼はオフショアファンドやオフショア生命保険、米国生命保険の情報を全然持ち合わせていませんでしたから。

個人投資家は、その「情報の非対称性」を埋めるには、ネットでググる、アドバイザーへ聞くという方法を取れるので積極的に活用して、自分の為になる選択、行動をしていきたいものですね。

私たちは、客観的に分かってもらえるようにズバズバと相対比較した上での情報をお伝えできるのでどうぞお気軽にお尋ねください。

※直接相談はこちら



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

日本人感覚の「お客様は神様です」は必ずしも正しい訳ではない!?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はふっと想うシリーズ

記事を読む

資産運用で放りっぱなしはあり得ない(利益確定や損切り)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は個人投資家の「利益確定

記事を読む

投資初心者は必見!お金が貯まらない「消費」思考と資産を築ける「投資(資産運用)」思考の違いについて

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、投資初心者にとっ

記事を読む

資産運用に向かない人の10のマインド特徴 Ver.1(誰もが投資家になる時代)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の基礎的な

記事を読む

「分散投資」の考え方(資産運用の基礎のキソ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容は、個

記事を読む

日本人が使うインターネット(検索)は真の「インターネット(検索)」ではないという考え方

lこんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「インターネット」とは?という視点を共有した

記事を読む

オフショアファンドMTG(資産運用の基礎は「分散すること」+「求めすぎないこと」)

こんにちは、眞原です。 今回は、以前に会ったとあるオフショアファンドのファンドマネージャーとの

記事を読む

逆張り思考?ラブ・パニック指数が示す向こう6ヶ月に、米国株式S&P500指数が平均40%上昇するシグナル点灯中

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回取り上げるのは少しマ

記事を読む

資産運用と語学学習と筋トレの共通項は「努力の継続」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ふっと思うシリー

記事を読む

投資初心者が「株式投資を止めておく方が良い理由」

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資初心者向けへの

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑