K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

2016年6月からプラス13.5%上昇のS&P500指数は今も最高値更新中

公開日: : マーケット(世界), 海外積立投資

こんにちは、眞原です。

今回は、マーケットと海外積立投資情報です。

昨晩(2017年5月15日)の米国株式市場でS&P500種株価指数が「2,402.32」を付け、初めて2,400pt台に乗せて最高値を更新しました。

同じく、ITやハイテク関連銘柄が多いNASDAQ総合指数も過去最高値の「6,149.68」を付けました。

<指数の揉み合いは高値へ>

(出典:Bloomberg)

私のブログでもよく取り上げるこのS&P500指数ですが、11ヶ月前の2016年6月上旬当時の「最高値へ挑戦」という内容で情報発信していました↓

※S&P500指数が最高値更新を再びトライへ!(積立投資の優位性)

2016年6月上旬(11ヶ月前)の水準から、今の「最高値」を更新するまでの上昇率は、

+13.5%

私のブログを読んで投資を始めた投資家にとっては朗報ですね。

米国経済を代表するS&P500株式指数ですが、決算発表シーズンも終了間近で、これまでにS&P500種採用企業の90%超が発表を終えています。

そのうち利益が予想を上回った企業は78%売上高が予想を上回ったのは64%と好調な米国企業が多いというのがこの最高値更新の後押しにもなっています(Apple株上昇も寄与)。

もう高値だから・・・

と主観で判断し、S&P500指数への投資に二の足を踏んでいた11ヶ月前に投資しなかった個人投資家はさぞ悔しい結果だと思います。

改めて書きますが、いつかどこかのタイミングでまた大きくドスンと株価指数が下がる時は来ます。

しかしながらそれでも、15年など中長期投資をしている個人投資家は「損をしていない投資結果」になっているのがS&P500指数への海外積立投資です。

※(過去)15年間米国株式S&P500指数への海外積立投資では絶対に損せずに資産形成ができる!

結果であるこの過去のデータを信ずして、一体何を信じて投資をするのでしょうか・・・。

客観的に考えても、将来の資産形成を中長期でしていきたい個人投資家はS&P500指数へ、しかも15年140%元本確保でコツコツと海外積立投資をするのがベター(ベスト)な投資判断でしょう。

今後も世界経済が米国を中心とし拡大していく以上は、今からの積立投資でも全く遅くはありません。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

ドイツ銀行が独コメルツ銀行との合併可能性を示唆!ドイツ銀行破綻阻止への布石か?(欧州危機は継続中!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は巷を騒がせている「

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

中国株(上海市場・深セン市場)はバブル??高値を追う2つの要因

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)

記事を読む

Brexit決定まとめ&2016年のブラック・スワン(まさかのリスク)を再確認〜個人投資家の今後の投資先〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 本日6/24は「Brex

記事を読む

【NISA】つみたてNISAニュース(対象商品「朝日ライフ/日経平均ファンド」追加)

こんにちは、眞原です。 2017年も残り2週間を切っていますが、資産運用の変化として2018年

記事を読む

地味だが最も効果的な積立投資と5つの極意

こんにちは、眞原です。 今回は、投資初心者からアクティブに運用するベテラン方まで含め、

記事を読む

中国A株を売却すると逮捕!?共産党のなりふり構わない株価下支え政策!中国マーケットの異変に備えよう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は世界マーケット、中

記事を読む

アベノミクスで年収が増えた人?(2015年夏のボーナス見通しと値上がりするモノ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は皆さんお楽しみ「2

記事を読む

中長期の「分散投資」が重要(「東芝」従業員持株会を考える)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は積立投資における「分散投資」が重要という情報。

記事を読む

【未来予測】NRI未来年表2018〜2100(未来に対して不変的なことと備えられること)【2019年/2020年編】

こんにちは、眞原です。 今回も前回に引き続きNRIが発表している『NRI未来年表 2018-2

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑