K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)

公開日: : 最終更新日:2016/06/26 三菱UFJモルガン・スタンレー証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は1/4から三菱UFJモルガン・スタンレー証券から新規募集販売されているインベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)の情報です。

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)

相変わらず、新規設定で販売されている日本の投資信託(ミューチャル・ファンド)です。

先にお伝えしておくと(何度も何度もこのブログでお伝え済みですが)「新規販売」だから「良いファンド」や「真新しい」という訳ではありません。投資信託然り、オフショアファンド(ヘッジファンド)しかり「過去のトラックレコード(ファンドパフォーマンス)」が全てです。

例えば、株式投資には「エクイティ・ストーリー(今後、その企業=銘柄が伸びていく経営ストーリー)が見えますが、一方、このような投資信託(ミューチャル・ファンド)では「そういう将来の感じ」というモヤっとした将来像を描かせ、セールス担当が個人投資家に販売しているだけです。

つまり「今後こういう見通しだから、このファンドへ投資しましょう!」というのは、単なる証券マンや銀行員のセールストークです。

さて、話を戻すと、このファンドの大きな特徴は3つ。

1.)英国ポンド建て債券への投資(ファンド・オブ・ファンズ形式)
2.毎月決算型
3.)為替ヘッジ(あり・なし・アクティブヘッジ)の3種類から選択

これまで販売されてきた投資非効率な「毎月分配型」の投資信託(ミューチャル・ファンド)となんら特徴などが代わり映えないファンドです。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)ではファンド・オブ・ファンズ形式で投資するので、直接このファンドが投資するファンドへダイレクトに投資するよりも、その分のコストが上乗せされるので、個人投資家のリターンは当然落ちることになります。

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)2

水色の参考指数は好き勝手選べるので無視するとして、濃い青色(オリジナル)とピンク(円換算)を確認します。

当然オリジナルの方がパフォーマンスが良いですね。

正直、グローバルな投資対象を把握している私のような投資アドバイザーからすれば、なぜ未だに「わざわざリターンが落ちるような円換算したオリジナルではない日本の投資先(投資信託)へ投資するのか?」、情報不足(日本の金融鎖国)というは恐ろしいなと感じます。

※中長期投資を始める投資初心者必見!資産運用情報の取り方!/資産運用の基礎

それならオフショア資産管理口座を開設してそこからオリジナルのファンドへ投資すれば良いだけのことですし、ましてオフショアにはこのような投資信託(ミューチャル・ファンド)以上に、好パフォーマンスなオフショアファンド(ヘッジファンド)へ外貨のまま当然のように投資できるのです。

さて、上記パフォーマンス推移を数値化したのがこちら

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)3

当然、販売用資料には良い数字が載っているので、あくまで参考程度です。

さて、この投資信託(ミューチャル・ファンド)がファンド・オブ・ファンズで投資している先のファンドが投資しているのは「英国ポンド建ての債券」と一つに括っていますが、現時点では販売用資料には記載がないので具体的にどういうものに投資しているのか分かりません。

ですので正直、三菱UFJモルガン・スタンレー証券の証券マンは何を伝えて販売するのか?また、これをみて個人投資家はよく投資するなという印象を受けてしまいますが・・・目論見書には記載があるのでしょう、きっと。

そこで、オリジナルファンドのFactsheet(運用報告書)から情報を確認しました。

<Invesco Sterling Bond Fund C-QD Shares>

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)4

紫色がオリジナルファンドのパフォーマンス推移です。

そしてこのファンドの投資先のポートフォリオに組み入れられている「英ポンド建て債券」上位10銘柄がこちら

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)5

セクターとしては、金融が主ですが、通信、タバコや消費財企業、エネルギーなど様々なセクターに分かれているようです。

債券の格付けや利回りがこちら

インベスコ 英国ポンド建て債券ファンド(愛称:Mr.ポンド)<為替アクティブヘッジ>(毎月決算型)6

投資適格級(BBB以上)が63%程度、ジャンク債(ハイ・イールド債券)が23%程度、その他という割合で投資していますね。結果、オリジナルファンドの場合は年間で約4〜5%程度の利回りが期待できるようなポートフォリオ水準です。

ということは、このオリジナルを日本の投資信託で投資している個人投資家はもっとリターンが低いことになるので、よくて3%〜4%台というところでしょうか。

個人投資家にとって、わざわざ年間3%〜4%程度のリターンを目指す為にこの投資信託(ミューチャル・ファンド)へ投資するというのは、効率が良い投資とは呼べませんね。それでも投資を考えるのであれば、実際に運用開始後からのリターン推移を確認したいものです。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

三菱UFJバランス・イノベーション(株式抑制型)・(株式重視型)・(新興国投資型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

フィデリティ・欧州中小型株・オープン Bコース(為替ヘッジなし)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をしてい

記事を読む

明治安田 米国中小型成長株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

ブラックロック・USベーシック・バリュー・オープン

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)資産運用をして

記事を読む

LVMH(ルイヴィトン)株の上場来高値更新とピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、パリ市場に上場していているLVMH(ルイヴィ

記事を読む

三菱UFJ 新興国高利回り社債ファンド 通貨選択型(愛称:グローイング・スター)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

ワールド・リート・オープン(毎月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はご相談が多いワールド・リート・オープン(毎月決

記事を読む

ブラックロック iインカム

こんにちは、眞原です。 今回は三菱UFJモルガンスタンレー証券から2017年5/15-6/1で

記事を読む

短期高利回り社債ファンド2013-09 毎月分配型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

マクロ・トータル・リターン・ファンド(ヘッジファンドのマクロ戦略?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は去る5/23から三

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑