K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

私たちの140兆円の公的年金のうち9.4兆円が吹き飛んだ?〜年金増減は個人意志とは無関係なので結局自分で年金プラスアルファ作りを!〜

公開日: : みんなの年金問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

先日、日経新聞で「GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)マイナス運用か 7~9月期、世界株安響く」という記事が出ていましたが、確認していますか?

私たちの公的年金(140兆円)の内、9.4兆円が吹き飛ぶ!〜年金が増減は個人意志とは無関係なので、結局自分でも年金プラスアルファ作りを!〜(出典:10/1日経電子版)

GPIF(年金積立金管理運用独立行政法人)は、私たちの公的年金=140兆円という世界最大の資金を運用しています。そして、この運用資金の運用比率を安倍政権下で変更し『日本国債への偏重を是正、また年金資金の増加を目標として』積極的に「株式比率を高め」また「外貨比率を高める」というポートフォリオに変更しています。

さて、そんなGPIFですが7−9月期の運用において、野村證券アナリストの試算では「約9.4兆円(海外株の運用損4.3兆円+国内株運用損5.1兆円)」とのことです。2014年度全体の運用益は15兆2,922億円だったので、つまり3ヶ月間で2014年1年間で上げた61%のリターンが吹き飛んだ形です。

このブログで9月上旬に「15兆円が吹き飛んだのでは?」という試算よりもマシな格好となったようですが、今後の運用推移が気になります。

※特に40代以下世代で年金制度を信じられない人が老後資金を備えた方が良い理由〜GPIF(年金基金)大損の可能性〜/みんなの年金問題

そして10/1にひっっそりと発表されましたが、低格付け債券(投機的水準である「ダブルB」以下格付け債券)への投資も開始し、目標は5%超のリターンということです。年金という減っては困る資金で積極的にハイリスク・ハイリターン資産で運用しているのがよく分かります。

また「27社に及ぶ外国債券運用受託機関の選定」ということで、アクティブ型(ベンチマーク以上を上回る運用)とパッシブ型(市場平均に沿うような運用)において下記のファンド会社が債券運用するそうです。

<GPIF外債運用 過去10年間の時間加重収益率の推移>

私たちの公的年金(140兆円)の内、9.4兆円が吹き飛ぶ!〜年金が増減は個人意志とは無関係なので、結局自分でも年金プラスアルファ作りを!〜2(出典:Bloomberg)

そういえば、もしGPIFの運用が仮に(年金なのでこんなことはあってはならないですが)ますます運用損になり例えば140兆円が100兆円など減ってしまった場合には、誰がどのように責任を取るのでしょうか???実に素朴な疑問です・・・年金情報が漏れようが、消失しようが宙に浮こうが、誰も明確に責任を取らないという過去の歴史を見るときっとウヤムヤになるんだろうなぁと思いますが・・・。

※日銀やGPIF(年金基金)の日本株がマイナスになれば誰が責任を取る?/みんなの年金問題

結局、これらの運用成果については私たち日本人の個人が自分たちの意志でどうにか出来ることではないので(運用しているのは国に雇われているファンドマネージャーや民間企業の運用担当者なので)今後自分たちが受け取る年金の増減は正直分からないというのが本音でしょう。であれば「個人にとって何が出来るのか?」という答えは至ってシンプルに自分で「海外積立投資などの積立投資を行う」だけです。

「年金に期待をして・・・」という他者への依存も大切ですが、今回の運用損のようにどうなるか分からない以上、自分自身で年金プラスアルファの資金を自分の責任で造っていくという考え方大事ではないでしょうか。

<27社に及ぶ外国債券運用受託機関の選定>

私たちの公的年金(140兆円)の内、9.4兆円が吹き飛ぶ!〜年金が増減は個人意志とは無関係なので、結局自分でも年金プラスアルファ作りを!〜1(出典:GPIF)

アクティブ運用のグローバル総合型(12社)
ゴールドマン
シュローダー・インベストメント・マネジメント
損保ジャパン日本興亜アセットマネジメント
野村アセットマネジメント
BNYメロン・アセット・マネジメント・ジャパン
ピムコジャパンリミテッド
ブラックロック・ジャパン
プルデンシャル・インベストメント・マネジメント・ジャパン
マニュライフ・アセット・マネジメント
みずほ投信投資顧問
モルガン・スタンレー・インベストメント・マネジメント
レッグ・メイソン・アセット・マネジメント

米国総合型(2社)
DIAMアセットマネジメント
フィデリティ投信

欧州総合型
BNYメロン

米国ハイイールド型
野村アセットマネジメント(再委託先が2ファンド)

欧州ハイイールド型
ユービーエス・グローバル・アセット・マネジメント

新興国現地通貨建て型
アッシュモアジャパン

新興国ドル建て型
アライアンス・バーンスタイン

インフレ連動型
BNPパリバインベストメント・パートナーズ

パッシブ運用の委託先
ステート・ストリート・グローバル・アドバイザーズ
野村アセットマネジメント
ブラックロック
みずほ信託銀行
三井住友信託銀行
りそな銀行





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

年金の50%は株式運用中!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のテーマは【年金】で

記事を読む

ぶっちゃけ年金っていくら貰えて、老後生活にナンボ必要なん?

こんにちは、眞原です。 今回は、「(仕事をしている時代)現役時代から、老後と100歳長生きリス

記事を読む

2015年は過去最高、日本人口の4人に1人が65歳以上の高齢化社会時代に本格突入(若い世代の年金を支えるのは?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「みんなの年金問題

記事を読む

年金受給開始、71歳以上も!高齢者が高齢者を支える日本へ!いっそのこと年金不要で現役時代からベーシックインカムを導入して欲しい

こんにちは、眞原です。 今回はみんなに関係がある「年金問題」。 特に、恐らく「逃げ切れな

記事を読む

Cost of Living(生活費)が高い国地域ランキング2017〜The Economist 調べ〜

こんにちは、眞原です。 アメリカではトランプ・バンの影響でVISA発給が厳しくなっていたりで、

記事を読む

50年後(2065年)の日本人口は8,808万人。単純計算で年間58万人ずつ人口が減少する日本の未来

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、本ブログでも何度も取り上げている「日本の人口

記事を読む

年金カット法案採決!「ゾンビ年金制度」で将来は安心か?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、年金制度問題について。 これまでも、い

記事を読む

世界166カ国1万3,000人のエクスパットが選ぶ「働きたい国/働きたくない国の世界ランキング」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外在住者向けコミュニティサイトInterNationsが行っ

記事を読む

『もし私が政治家で今の年金制度をカタチ上で維持させるとしたら(もし年金!)』〜100歳以上の高齢者が6万人超で少子超高齢化社会の日本!〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 来週9/21日は「敬老の

記事を読む

敬老の日!90歳以上人口が初めて200万人を突破!(高齢者の定義変更は間近??)

こんばんは、眞原です。 今日は敬老の日ですね!(9/18) 祖父母に何かプレゼントしたり

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑