K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

日銀やGPIF(年金基金)の日本株がマイナスになれば誰が責任を取る?

公開日: : 最終更新日:2015/09/02 みんなの年金問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。
今回はみんなの年金に関わるお話。

まずは日経平均株価チャートから確認してみましょう。

<日経平均株価チャート5年>

Screen Shot 2015-03-20 at 16.45.15

ニュースなどでも良く報じられている通り、日経平均株価(225銘柄)は絶好調に上昇しています。40代のバブル期に入社した証券マンは意気揚々と25,000円台まで目指せます!というような事を言う人もいるようですが・・・。

さて、どうして日経平均株価=株価指数が上昇しているのでしょうか?
答えは簡単で、日銀とGPIF(年金基金)が株式指数(インデックス)を買っているからです。

直近の日本株マーケットでは業績の良い優良企業株が売却されているにも関わらず、指数(インデックス)が買われている状況です。非常に摩訶不思議でオカシな状況になっています。

日銀=日本円を発行している中央銀行(日本円の信任に関わる)
その日銀が、積極的にインデックス(株価指数)を買っている。それも高値圏に近づきつつある株価指数を・・・。

株式は債券と違って「償還(満期)」というのもがありません。「償還(満期)」があれば、ず〜とそれを待ち続ければ良いですが、株式やREIT(不動産投信)にはそれがない。つまり、「どこかのタイミングで売却しなければならない」ということです。

十何年ぶりに高値に来ている株価指数を買っている日銀やGPIF(年金基金)は、今後どこか今よりも「高値圏」で売却をしないと「利益」にはならないのです。株式は安く買って高く売るが鉄則。今は含み益で万々歳なのかも知れませんが、いつかどこかで下落があるのが株式市場。そうなれば、日銀もGPIFも「含み損」になる訳ですね。

果たして「誰が、責任を取るのか?」

黒田総裁?安倍首相?GPIF運用担当者?

答えは「ノー」でしょう。過去を振り返っても分かるように責任の所在を誤魔化し不明瞭にするのがお得意なのが彼らです。

「消えた年金問題」で誰が責任を取りましたか?

同じような事が今後起こりえる可能性を十分含んでいるのが、今の日銀とGPIFが行っていることです。

欧州の中央銀行のECBは国債、米国の中央銀行にあたる米連邦準備制度理事会(FRB)は国債や住宅ローン担保証券を買っていますが(満期償還がありますね)決して満期がない『株式』は買っていません。

さて、日銀やGPIFが買っているインデックス(指数=日経平均株価など)がマイナスになって、日銀もGPIFもマイナスになった場合はどうなるのでしょうか?

日銀(日本円)への信用が落ちる。=円安方向に為替がブレる

GPIF(年金)が減る。=受給できる年金が減る

さぁ、日本の皆さん!
日銀とGPIF(年金)がマイナス運用にならないように今後日経平均株価がバブル時のように3万円台を回復して更なる高値を更新することを期待しましょう。同時に年金がマイナスになっても良いように、年金プラスアルファとして海外積立投資などで備えておきましょう。





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

年金カット法案採決!「ゾンビ年金制度」で将来は安心か?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、年金制度問題について。 これまでも、い

記事を読む

アナタの冬のボーナス支給額は?2017年冬のボーナスランキング(日経調査)

こんにちは、眞原です。 今回は、気になるニュースから。 <冬のボーナス伸び小幅、80万

記事を読む

今の20〜40代向け!将来の資産形成の勝利の法則は「先取り積立(海外積立投資)」にあり!

こんにちは、眞原です。 今回は「なかなかお金が貯められない!」、「資産形成が思ったように出来な

記事を読む

【積立投資】お金を殖やしたい人の3つの選択肢

こんにちは、眞原です。 今回は、「お金を殖やしたい人」と銘打っていますが・・・・、例えば「短期

記事を読む

50年後(2065年)の日本人口は8,808万人。単純計算で年間58万人ずつ人口が減少する日本の未来

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、本ブログでも何度も取り上げている「日本の人口

記事を読む

敬老の日!90歳以上人口が初めて200万人を突破!(高齢者の定義変更は間近??)

こんばんは、眞原です。 今日は敬老の日ですね!(9/18) 祖父母に何かプレゼントしたり

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

追加の社会保険料率0.1%で「こども保険」実現へ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用(投資)と社会事情の関係」です。

記事を読む

ぶっちゃけ年金っていくら貰えて、老後生活にナンボ必要なん?

こんにちは、眞原です。 今回は、「(仕事をしている時代)現役時代から、老後と100歳長生きリス

記事を読む

2015年は過去最高、日本人口の4人に1人が65歳以上の高齢化社会時代に本格突入(若い世代の年金を支えるのは?)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「みんなの年金問題

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑