ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

将来への資産形成の一歩は積立投資から

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は資産運用相談Q&Aです。

付き合いで投資してみない?という誘い(本当に良い運用方法か?)

友達の銀行員から投資信託の積み立てをお願いされています。
月々¥5000で引き落とせる残高がある場合のみ、積み立てられるというものです。

興味もありますし勉強がてらにと思っています。

今勧められているのが、

コア投資戦略ファンド(成長型)三井住友トラスト
女性活躍応援ファンド (椿) 大和投資信託

私としては
インデックスファンド225 三菱UFJ国際

を考えています。

窓口での扱いなので選べる種類も少ないし、お付き合い程度の「減るかもしれない貯金」という感覚です。自己責任であることは承知していますので、アドバイスよろしくお願いします。

いますよね〜、こういう「お願いします」という銀行員や保険外交員、クレジットカード会社社員・・・。

これを俗に「お願い外交」と呼びますが、そういう「友人や縁故」的な話だけで「Yes」とは言わない方が良いでしょう。指摘したい点を3つ。

1.)友人の銀行員はアナタの事を真剣に想って勧めていない。(自分の営業成績第一)

2.)選べるファンドが少ない上に、ファンド成績が良いもので積立投資が出来ない。

3.)積立投資をするのであれば、増えるもので積立して退職後のプラスアルファにする方が良い。

営業成績を上げたいため、自分主体の営業マンの場合は「お願い外交」をしやすい傾向にあると思います。確かに資産運用を始めていない◯◯さんにとって、資産運用を始めるキッカケになるのは良いことですが果たしてそれが「本当に良い資産運用方法なのか?」「積立投資開始後、きちんとアドバイスをくれるのか?」を考える必要があります。

もうお気づきの通り、日本の金融機関が提供している積立投資では選べるファンド数が限られていたり(確定拠出年金=401Kも同様)、積立投資できるファンドそのものは一般販売されている投資信託の二番煎じが多いです。(無駄にコストがかかって結果パフォーマンスが良くない)そして特にアフターフォローやアドバイスなどはありません。

また確かに◯◯さんが考えているインデックス・ファンドの方がミューチャルファンドよりも良いと思います。ただ、日経225インデックス・ファンドに関しては全くオススメできません。(むしろ売却利益確定のタイミング)今のマーケット環境であれば日本国内の積立投資で積立していていても、株式系ファンドの大半は上昇していることかと思います。リバランス(配分変更)が必要なタイミングです。

※投資信託(ファンド)の資産残高上位がETFに!日経225連動型上場投資信託の純資産総額が最も大きい /インデックス投信・ETF

更に、投資効率を考えるとマーケットに左右されるのが積立投資なので、その積立先ファンドのパフォーマンスに加えて、必ず貰えるような金利を取りながら積立投資する方が理にかなっています。(=金利部分は確実に増える)そういう観点からも国内の積立投資よりも海外積立投資の方が増える条件が整っている上、積立できるオフショアファンドが200本以上あるのでより選択肢が多くなり、〇〇さんの考えには沿っていると思います。一度比較してみてはいかがでしょうか?

※海外積立投資についてはこちら

資産運用は自分のためのものなので、友人の行員から「お願いされて」始めるのではなく、◯◯さんが自身の将来の為にあらゆる選択肢から比較した結果、積立投資(資産運用)を始めるのであれば実に良いことだと思います。月々一定金額をコツコツと積立投資することで将来の資産形成に繋がるのでまずはその第一歩を踏み出してみましょう。

 

資産運用相談はこちらから→眞原への直接相談(無料)

過去のQ&Aはこちらから→資産運用Q&A





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

【資産運用Q&A】「通貨選択型エマージング・ボンド・ファンド 豪ドルコース(毎月分配型)」について

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 

記事を読む

野村グローバルAI関連株式ファンドの投資判断はどうか?また、オフショア資産管理口座からの追加資金を踏まえ10年で倍になるポートフォリオを教えて欲しい。

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、Q&Aです。 様々なご相談内容

記事を読む

HSBC香港口座はオフショア投資に必要?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 <Q.> HSB

記事を読む

(Q&A)USD建て一括投資の場合はドル円レートが影響しますが、どのように考えるべきでしょうか?

こんにちは、眞原です。 今回は、実際のご相談内容に沿っての情報です。 ポイントは、 ・

記事を読む

旅行者の日本人(個人)がHSBC香港口座の開設が可能かどうか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aへの

記事を読む

30万ドル(3,000万円)でオフショアファンドへ投資する際のポートフォリオを提示してください

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いたポート

記事を読む

”若いうちから資産運用をした方が良いのは解るし、海外に資産分散もしたいけれど何から始めれば良いか、何が自分にあった投資か分からない”(20代前半 女性)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は資産運用のQ&A。  

記事を読む

リートへ投資している人は必見!!投資信託ワールド・リート・オープン(毎月決算型)の見通しは?

<Q.>(6/10)「ワールド・リート・オープン(毎月決算型)」について 先日ワールド

記事を読む

将来の孫の教育資金援助ために、今の海外積立投資に追加して海外積立投資を始めたい。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外積立投資を既に始めている方からのQ&am

記事を読む

「ダイワ高格付カナダドル債オープン(毎月分配金)のパフォーマンス推移と原油価格&為替の関係」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&Aへ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑