K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

明治安田米国リート・インカム・プレミアム・ファンド(毎月決算型)(愛称:スリーピース)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング

こんにちは、K2 Investment のマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は現在(4/30〜5/29まで)三菱UFJモルガン・スタンレー証券から新規募集販売されている『明治安田米国リート・インカム・プレミアム・ファンド(毎月決算型)(愛称:スリーピース)』の情報です。

スクリーンショット 2014-05-08 11.18.21.png

このファンドの特徴は大きく2つ。

1.)米国の高配当利回りREITへの投資

2.)毎月決算型

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家のファンド資金動向を確認していると、全体としてはREIT関連のファンドへの資金流入が続いているようです。そのタイミングで今回の新規募集販売となっています。

特徴の1つ目。

1.)米国の高配当利回りREITへの投資

このファンドのキモとなります。

ファンドの収益源は大きく3つに分けられています。

①.米国REITからの高配当②.リートプレミアム戦略(カバードコール戦略)③.通貨カバードコール戦略です。

スクリーンショット 2014-05-08 11.18.49.png

このカバードコール戦略の先駆けは野村證券でした(2012年頃から)。いわゆる為替を選ぶ通貨選択型ファンドのイメージ悪化に伴い、リスク低減を図るという点からこのようなオプション取引を絡めたファンドが次々に投入されています(大和証券からも同様のファンドが販売されています。)直近では三菱UFJモルガン・スタンレー証券が新規募集で最も販売していると思います。

オプション(権利行使の売買)については専門的になり過ぎるので割愛しますが、そのような金融テクニックを駆使してこのファンドが運用されている、というイメージと考えてみると良いですね。

米国のREITで年率5.5%(3.9%)、米国REITオプションプレミアムが年率5.6%、通貨オプションプレミアムが年率6.0%とのシミュレーションのようです。合計で約17%程度です。

このファンドのポートフォリオの具体的な組入れがこちら。

スクリーンショット 2014-05-08 11.19.22.png

米国株式も高値を狙いに推移しているのと同様に米国のREIT市況は回復傾向にあります。1つの見方としては、実体経済の回復(指標として失業率の低下や雇用者数の増加や住宅販売の増加や小売売上高の上昇など)、もう1つはQE3などの緩和マネーによる金融相場によるリスク資産の押し上げ。どちらが本物なのかという見極めがなされています。

昨晩(5/7)にイエレンFRB議長の議会証言という金融政策に関する対話の証言がありましたが、そのコメント内容で金融緩和の継続が意識されているため、米国株式上昇の支援材料となっていました。

スクリーンショット 2014-05-08 12.11.22.png

金融緩和による緩和マネーはいつかは収束(終了)をする必要があるので、現在や今後の米国マーケット環境(株式やREIT、為替)にとってはイエレンFRB議長やFOMC(米連邦公開市場委員会)での決断が大きく影響をしてきます。これは日本の日銀による金融政策でも同様です。

スクリーンショット 2014-05-08 11.52.15.png

中長期での運用においてはREIT資産はハイリスク・ハイリターンな資産となるので、株式資産を既に持っているという場合には同じような資産内容となります。分散投資の考え方に照らし合わせると、株式や債券とは相関性が低い資産(オルタナティブ資産オフショアファンドやゴールドなど)を併せて投資する考え方は重要ですね。

特徴の2つ目です。

2.)毎月決算型

ほとんどの投資家にとって必要が無い毎月決算型です。

毎月分配型の全てが悪いという事ではありませんが、投資効率を考えた場合には毎月分配型では複利運用にはならないので注意が必要ではないでしょうか。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m

 ↓↓↓↓↓ 

にほんブログ村 株ブログ 投資信託へ
にほんブログ村



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をし

記事を読む

米国ライフライン好利回り債券ファンド(為替ヘッジなし・早期償還条項付)2015−07(愛称:要)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は7/1から三菱UF

記事を読む

THE 日本株 オープン

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、三菱UFJモルガ

記事を読む

東京海上・US優先リートオープン(為替ヘッジなし・あり)愛称:Uリート

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 投資信託(ファンド)で資

記事を読む

トヨタ ファイナンス オーストラリア リミテッド 2019年2月13日満期 ニュージーランドドル建社債/三菱UFJモルガン・スタンレー証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 債券(国債、社債)で金利を

記事を読む

DIAM欧州ハイブリッド証券ファンド(愛称:ユーロ・プライム)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

繰上償還条項付 JPX日経400アクティブファンド 米ドル投資型 2016-09(愛称:JPXターゲットⅡ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は8/22から三菱U

記事を読む

ブラックロック iインカム

こんにちは、眞原です。 今回は三菱UFJモルガンスタンレー証券から2017年5/15-6/1で

記事を読む

三井住友・豪ドル債ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

三菱UFJ 東京関連オープン(米ドル投資型/円投資型)(愛称:東京ウェイ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑