K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

【実録】メガバンク行員の海外送金の不慣れさと日銀職員の対応の悪さ(国際収支項目番号)

こんにちは、眞原です。

今回は、実際に起こった話。

先日、あるクライント(投資家)が、メガバンク(三井住友銀行)から約5,000万円相当の米ドルを自らのオフショア資産管理口座へ海外送金しようとした際に、その担当行員から出てきた言葉がこちら・・・。

”スミマセン、海外送金について、そちら様で日銀へ確認のお電話して頂けますか?”
(by 三井住友銀行某支店の行員)

”え、はい???日銀ですか???”
(クライント困惑)

一般的に、国の中央銀行である「日銀」に連絡をしてやりとりをするなんてことはしないので、当然クライントは困惑し、まずは私が代わりに三井住友銀行行員と話をして、状況と事情を確認することにしました。

三井住友銀行某支店の行員:

”3,000万円を超える海外送金については、日銀が定める「国際収支項目(番号)」というものを記載する必要があるのですが、当行では判断できないので、海外送金されるご本人様に日銀へご確認頂く必要があります。”

私:

”いやいや、一般的に「国際収支」なんてものは知らないし、日銀が定めているならその管理下にあるメガバンク(三井住友銀行)側で、確認したうてで手続きされるのが、銀行のサービスや通常業務ではないのですか?”

三井住友銀行某支店の行員:

”当支店では、これほど大きな金額の個人の一度の海外送金を経験している者が少なく、手続き上不慣れなもので、お手数ですが国際収支番号の確認のご対応お願いできませんでしょうか?日銀の担当の電話番号はXXXー◯◯◯ー△△△です。”

の一点張り・・・。

空いた口が塞がらないとは、このことで・・・、なぜか私が日銀へ電話することに。

私:

”三井住友銀行の◯◯さんから、日銀に国際収支番号を確認するように言われたのでお電話差し上げました”

日銀職員:

”そうですね、3,000万円を超える海外送金の場合には、外為法55条によって国際収支番号を申告して頂く必要があります”

私:

”一般的に、国際収支なんてものは知られていないし、そもそもそんなものに番号があるなんてことは、まして個人は知らないだろうし、どうやってその番号を判断するんですか?”

日銀職員:

”今回は、どのような海外送金目的と送金先の対象でしょうか?それによって国際収支番号番号が変わってきます。投資と伺っていますが、株式ですか?債券ですか?投資信託ですか?”

私:

”オフショア籍のファンドなので恐らく投資信託にあたるのでしょうけれど、国際収支番号などは私も詳しくありません”

日銀職員:

”投資信託でしたら、〇〇◯番か☓☓☓番だと思いますが、どちらでしょうか?”

私:

”あの、私は国際収支番号など、門外漢なので分からないのですが、何がどう違うのですか?”

日銀職員:

”あ、それは%Oへ&Gな!dさ*Pわ%!*Oんで、(_!%がさk^$$@)!^&)はでう(%は*%ぽ($!+_いい!$_)で+_す”

私:

”あの・・・何を仰っているか、サッパリ分かりません・・・、そもそも「門外漢」だとお伝えしている通りなのですが・・・・”

”伺ったよく分からない内容を掻い摘んで要約すると、つまりは、投資する先が「会社型」ファンドなのか「契約型」ファンドなのかによって国際収支番号が変わるということだと思いますが、「会社型」か「契約型」の中にも更に区分があるということですよね?それは、こちらが判断しなければいけないのですか?素人ですよ?”

”そもそも、オフショアファンドの投資先をどうするかというのは、これから決めるもので、まずはオフショア資産管理口座に海外送金で日本のメガバンクから送金する手続きだけなのですが!”

日銀職員:

”そもそも、オフショアファンド、オフショア資産管理口座とは何でしょうか?単に預入れだけなら、国際収支番号☓☓◯◯番ですが、投資信託の番号でしたら、〇〇◯番か☓☓☓番です。”

・・・・・・

あまりにもラチが開かない話だったので(そもそも実は、私は日本の銀行員に友人がいて、国際収支番号について当然知っていて、どのような割り振りなのかもザックリと分かっていましたが)オフショア資産管理口座やオフショアファンドについてご存知ではないような日銀職員とメガバンク行員の方に優しく情報をお伝え差しあげました。

私:

”そもそも、オフショアファンドというのは%Oへ&!さ*Pわ%!*%が^*)@(T@&は*%ぽ($!+_aj#@!$_)ですよね?”
(自分で言うのも何ですが、少なくとも三井住友銀行の行員よりもかなり詳しく話をしたつもりです)

日銀職員:

”すみません・・・私では分からないので、上司に確認します・・・。”

日銀職員上司:

”日銀職員に話を聞きましたが、国際収支番号についてということで・・・。オフショアファンドやオフショア資産管理口座というものが、どういったものにあたるのか、こちらで調べますのでもう少々詳しく教えて頂けますか??”

・・・・・

ということで、この上司の理解力と説明によって、ようやく(ここまで約1時間、私の時間を返せ!)クライントの国際収支番号を特定することになりました「875 (非居住者に対する預け金)」に。

このような、国際収支項目(番号)が沢山そして細かく日銀によって規定されているようですが、よくよく上席の日銀職員に聞く所によると、

”財務省(お上/国)から、委託業務として受けて一定金額を超える海外送金に対してこのような番号割り振りをしています”

とのこと。

結局、国(お上/財務省/高級官僚/政治家)がかんでいるのかと。

確かに、国際収支を把握するのは、国として大事な事なのでしょうけれど、そもそも個人が海外送金する際に、その個人に対して国際収支項目(番号)を逐次確認するなんて、一般的に聞かれても分かる訳がない・・・。

メガバンク(三井住友)行員の、海外送金手続きの不慣れさといい、日銀職員の「ザ・公務員的なサービス精神のない対応とマニュアルに則った画一的な反応」には辟易しましたとさ。

そもそも、他のメガバンク(三菱東京UFJ銀行、みずほ銀行)や新生銀行から「個人の投資目的での海外送金」が何かと理由を付けてできないという状況になってきているオカシナ状況なのです、この日本社会や日本の個人金融サービスでは。

こんなんで、グローバルな個人金融サービスが普及、拡大するなんてとてもじゃないけど思えませんね。

オフショア投資(海外投資)や投資目的での海外送金は外為法で認められている「個人の自由な権利」



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

ワイン党、ウィスキー党、コニャック党などお酒を嗜む皆さんへ

こんばんは、眞原です。 今回は、海外居住者でも日本国内居住者でも「お酒を嗜む方」であれば役立つ

記事を読む

中国が銀聯カード(Union Pay)による海外での現金引き出しを年間10万元へ制限〜国家(通貨)を信じるリスク、日本や日本円は?〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は特に中国在住の日本

記事を読む

節税意識の変化、今後の富裕層は日本国籍(パスポート)を変更していくか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、富裕層課税と節税と生き方について。ちょうど昨晩、

記事を読む

自分の側にアドバイザーがいる人いない人(資産家にはアドバイザーが必ずついている)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はアメリカのアドバイザー事情から学んだことをベー

記事を読む

行動ファイナンス入門(資産運用に戸惑う人の行動バイアス)

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用の基礎。 いつもの概念に近い古典的な「マクロ経済

記事を読む

投資アドバイザーは”ナマモノ”であるオフショアファンド情報と資産運用情報をしっかり個人投資家に伝えるべき

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、オフショアファンドと資産運用の情報のとり方に

記事を読む

情報の非対称性と個人金融サービス

こんにちは、眞原です。 今日はごく当たり前の事を・・・。 どんなビジネスでも、サービスに

記事を読む

SMBC信託銀行(旧Citibank)PRESTIAの為替手数料が2017年末まで無料化へ

こんにちは、眞原です。 今回は、オフショア投資をする個人投資家、海外送金をする方、グローバルに

記事を読む

米金融誌バロンズが選ぶ2017年版世界トップ100ヘッジファンド(「あのオフショアファンドもランクイン!」)

こんにちは、眞原です。 私は投資アドバイザーとして、慌ててこのヘッジファンドマネージャでありC

記事を読む

超基礎!今さら他人に聞けない「投資のリスクとリターン」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回も「超基礎シリーズ」。 前回の「円高&円安

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑