ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

2017年「生活の質」が高い世界都市ランキング(MERCER発表)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は、MERCERが発表した「2017年版世界都市の「生活の質」が高い国ランキング」について。

私のブログでは過去そしてこれからも色んな研究所や機関や企業が発表している「〜国別ランキング」「住みやすい国ランキング」「幸福の国〜」「パスポート最強ランキング」などのランキング形式で情報を発信しています。

これまで発表してきたランギングについては、こちらのカテゴリーで「海外情報」一覧から確認できます↓

※「海外情報」一覧はこちら

自分の考えにピタリと200%当てはまるようなユートピア(理想郷)や完璧な社会や政府は地球上どこにも絶対にありませんが、もし今後「海外移住」や「ビジネス海外展開」を考えている人にとって相対比較材料になると思いますし「日本だけで住むこと」が全てではないと気づくと思います。

さて、今回は「生活の質」ランキングということで、米コンサル会社MERCERが世界231都市を対象に「政治的な安定」や「医療保険制度」、「教育」、「犯罪」、「娯楽」、「交通(インフラ)」)などの項目を評価してランキングしています。

それでは見ていきましょう!

<GLOBAL TOP 10 vs. BOTTOM 10 CITIES>

(出典:MERCER HP)

上の地図上に緑色でプロットされている上位トップ都市がこちら

<2017年版 「生活の質」が高い世界都市上位ランキング>

1.)Vienna, Austria(ウィーン、オーストリア)
2.)Zurich, Switzerland (チューリッヒ、スイス)
3.)Auckland, New Zealand(オークランド、ニュージーランド)
4.)Munich, Germany(ミュンヘン、ドイツ)
5.)Vancouver, Canada(バンクーバー、カナダ)
6.)Dusseldorf, Germany(デュッセルドルフ、ドイツ)
7.)Frankfurt, Germany(フランクフルト、ドイツ)
8.)Geneva, Switzerland(ジュネーブ、スイス)
9.)Copenhagen, Denmark(コペンハーゲン、デンマーク)
10.)Basel, Switzerland(バーゼル、スイス)
10.)Sydney, Australia(シドニー、オーストラリア)

と、オーストリアの首都ウィーンが8年連続で世界中で「最も生活の質が高い都市」の称号を得ました。

人口約180万人の都市ウィーン、相対的に他の西側都市と比較して「家賃や公共交通機関の運賃の安さ」、カフェ、博物館、劇場、オペラなど文化面が充実している事が高く評価を受けているようです。

また地域別に見ると・・・、

<TOP 5 BY REGION>

(出典:同上)

5つの大陸ごと(地域毎)にそれぞれ分類されていますが、さらに分けて7つの地域別(北米、南米、西欧、東中欧、中東アフリカ、アジア、太平洋)でみると上のようになるようです。

それでは地域別に確認しましょう!

左端の数字はグローバルランキング、上から各地域でのトップということです。

<North America(北米)>

5.)Vancouver, Canada(バンクーバー、カナダ)
16.)Toronto, Canada(トロント、カナダ)
18.)Ottawa, Canada(オタワ、カナダ)
23.)Montreal, Canada(モントリオール、カナダ)
29.)San Francisco, USA(サンフランシスコ、米国)

<Western Europe(西欧)>

1.)Vienna, Austria(ウィーン、オーストリア)
2.)Zurich, Switzerland (チューリッヒ、スイス)
4.)Munich, Germany(ミュンヘン、ドイツ)
6.)Dusseldorf, Germany(デュッセルドルフ、ドイツ)
7.)Frankfurt, Germany(フランクフルト、ドイツ)

<Central&Eastern Europe(東中欧)>

69.)Prague, Czech Republic(プラハ、チェコ)
76.)Ljubljana, Slovenia(リャブリャナ、スロベニア)
78.)Budapest, Hungary(ブダペスト、ハンガリー)
81.)Vilnius, Lithuania(ヴェルニアス、リトアニア)
81.)Warsa, Poland(ワルシャワ、ポーランド)

<Middle East and Africa(中東アフリカ)>

74.)Dubai, UAE(ドバイ、UAE)
79.)Abu Dhabi, UAE(アブダビ、UAE)
84.)Port Louis, Mauritius()
87.)Durban, South Africa
94.)Cape Town, South Africa

<Asia(アジア)>

25.)Singapore(シンガポール)
47.)Tokyo, Japan(東京、日本)
50.)Kobe, Japan(神戸、日本)
51.)Yokohama, Japan(横浜、日本)
60.)Osaka, Japan(大阪、日本)

<Pacific(太平洋)>

3.)Auckland, New Zealand(オークランド、ニュージーランド)
10.)Sydney, Australia(シドニー、オーストラリア)
15.)Wellington, New Zealand(ウェリントン、ニュージーランド)
16.)Melbourne,Australia(メルボルン、オーストラリア)
22.)Perth, Australia(パース、オーストラリア)

「アジア圏」で見ると「シンガポール」が1位で、グローバルランキングで見ると25位にとどまり、私たちの日本の都市では「東京」はグローバルランキングで47位次いで「神戸」が50位「横浜(51位)」「大阪(60位)」が続きアジア圏では日本が優勢な結果です。それでも、グローバルランキングで見ると上位にランキングされていません。

毎回このような「生活の質」ランキングでは「欧州圏強し」という結果が出ていますね。

読者の皆さんは将来生きるにあたって、どこの国の、どこの都市で住みたいですか?



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

海外発行カードでゆうちょ銀行ATM利用時の手数料徴収について

こんにちは、眞原です。 今回は、海外銀行口座(例えば、HSBC香港、StandardChart

記事を読む

海外で「住む」のと「旅行」は別物

こんにちは、眞原です。 私も少なくとも働いてから海外居住経験があるので、今回はその体験談からツ

記事を読む

世界で最も幸せな国ランキング(2016年版)〜幸福度とは?スイスが首位陥落!住む国を選択する時代〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外移住やこれか

記事を読む

海外生活必需品その2.「WhatsApp」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外生活必需品について。 海外生活で必需品といえば、まず

記事を読む

海外生活必需品その3.「TunnelBear Free VPN」

こんにちは、眞原です。 今回は、私が個人的に考えている海外生活の必需品Appsの1つ「Tunn

記事を読む

「世界で最も住みやすい都市ランキング上位10都市(果たして1位は・・・?)」〜英エコノミスト誌まとめ〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、英エコノミスト誌

記事を読む

”最も生活の質が良い国トップ10”ランキング2016(OECD発表)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は直近OECD(経済協力開発機構)が発表した、2

記事を読む

海外生活必需品その4.「Foursquare」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外生活、特に海外を飛び回るノマドワーカーには必要なAppsの

記事を読む

世界の生活費が高い30都市ランキング〜海外居住者や海外駐在員や海外居住を考える人の生活と資産運用のご参考〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外居住者(the

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑