K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

ギリシャがデフォルトすると、投資している投資信託はどうなるか?

公開日: : 財政問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回はギリシャがデフォルトした時の想定をしつつ、今日本の証券会社や銀行で投資している投資信託(ファンド)がどうなってしまうのか?と心配している個人投資家が多いのでこちらブログで情報を発信します。

ギリシャ債務問題って何?、預金封鎖って何?、デフォルトって何?という人は、まずこちらから↓

※まずは預金封鎖から?ギリシャ債務危機は最終局面へ!7/5の国民投票で激震か!?個人投資家の皆さんはマーケットの乱高下に備えていますか?/財政問題

預金封鎖の影響

「百聞は一見に如かず」ということなので、実際に預金封鎖が行われているギリシャ国内を捉えた写真がこちら。

夜中でもATMには長蛇の列があちらこちらに出来ているようです。あまり混乱状況にはないそうですが、治安悪化は懸念されます。

Screen Shot 2015-06-29 at 23.01.49(出典:NNN)

Screen Shot 2015-06-29 at 22.55.26(出典:REUTERS)

預金封鎖で1日あたり60ユーロ(約8,000円)しかATMから引き出しが出来ない状況で、これから特に年金受給者にとって年金カットなどがあれば、なおさら厳しい生活状況になるということです。最も被害を被るのは国民一人ひとりですね・・・。

30日がギリシャ政府にとってIMFへ15億8,000ユーロの支払い期限なので、日本時間の今晩〜明日夜にかけて、マーケットはまた荒れ模様でしょう。(実際、29日の日経平均株価は大幅下落、NY市場でも下落して取引開始と身構えている状況)

持っている投資信託は大丈夫か?

投資信託を持っている個人投資家なら誰しもが心配している状況ではないでしょうか?

まずどのような投資信託(ファンド)に投資しているかを改めて確認する方が良いでしょう。まして、ハイ・イールド関連や新興国関連資産は大きな経済的ショックに弱いというのは過去の歴史が示している通りです。証券マンや銀行員がハッキリしっかり説明してくれない場合には、お気軽にご連絡下さい。

眞原への直接相談はこちら

ユーロ・ハイ・イールド債券ファンド欧州ハイ・イールド欧州ソブリングローバル・ソブリンなど「ソブリン」とファンドに名前が付いているだけで「心配」という個人投資家が多いのではないでしょうか?だたそれでも(恐らく)日本の投資信託でギリシャ国債を組入れているファンドは皆無ではないかと思います。

Screen Shot 2015-06-29 at 22.42.55(出典:MOODY’S)

というのも上で確認できるように、そもそもギリシャ国債の格付けがあまりに低く(Caa2)、ハイリスク・ハイリターン過ぎる(むしろ、いずれデフォルトするだろうと思われているジャンク債なため)ので、ファンドのポートフォリオへの組み込み入れが出来ないというのが理由でしょう。

だったら「投資している投資信託は大丈夫!」と思いたいのも分かりますが、ギリシャデフォルト後の7/5に行われる国民投票の結果いかんによって、想定外となる可能性があるのです。

7/5 国民投票後のギリシャとユーロ圏

まず、デフォルト(債務不履行)に陥るかどうかも一応は不確定ですが、仮に30日に返済できずの状態であればある意味デフォルトな訳です。(実際テクニカル上はデフォルトでないようですが・・・)そうした中で、7/5に国民投票が行われ「ギリシャ国民がどのような判断をするか」というのが、今後の欧州圏にとって試金石となります。

ギリシャ国債のデフォルトが実は大した経済的インパクトではないと見られている理由としては、年内の返済額が132億ユーロ(=約1兆8,000億円)とそれほど大きな金額ではないからです。なので、ギリシャ国内の金融機関はダメージを受けるものの、グローバルな金融システムまで飛び火するか?と言われると、その懸念は少ないというのがマーケットの見方です。

それ以上に厄介なのが「ギリシャのユーロ離脱」です。これが現実味を帯び実際に脱退が決まると・・・コレは未曾有の経済ショックに繋がる可能性が大いにあります。上で確認したような投資信託もただでは済まないでしょうし、高値更新中の世界の株価への冷水となり得ます。

ギリシャ問題がどこまでグローバル経済や金融システム、投資している資産へ波及していくのか、今週1週間はとても重要になります。



元本確保型ファンド入門書(マニュアル)を無料進呈します

みなさん大好きな『元本確保型ファンド』をまとめました。
ざっくり3種類に分けられる元本確保型ファンド。どれを選んでも満期には元本が保証されてます。

  • 運用で資産を増やしたいけれど、もうさんざん損をしている方
  • すでにリスクをたっぷり取っている方
  • 運用してもいちいち値動きを気にしたくない方

上記の方はすぐに解決できますよ

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

【財政問題】「国債」がリスクウェートゼロで無くなるかも!?(金融機関へのダメージ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログでは、日本の

記事を読む

ギリシャ国民投票の答えは「OXI=NO」で61%(暫定)!ユーロ圏離脱は待ったなしか?

こんばんは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 暫定ですがギリシャ国民投

記事を読む

追加の社会保険料率0.1%で「こども保険」実現へ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用(投資)と社会事情の関係」です。

記事を読む

ギリシャ債務問題、決戦は日曜日〜♪♪ (Patr.2)Grexit(ギリシャのユーロ圏離脱)へのカウントダウン?一方、ギリシャの借金同等額の血税で新国立競技場を作ろうとする日本政府

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 先週まではギリシャ債務問

記事を読む

米国利上げでアジア債券&アジア通貨投資への転換点迫る?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「米国利上げ」と「アジア債券&通貨への投資」に

記事を読む

「永久債」や「50年債」とは?(くすぶり続ける日銀ヘリマネ出動と高齢化社会日本の国債問題)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今日は日銀金融政策決定会

記事を読む

まずは預金封鎖から?ギリシャ債務危機は最終局面へ!7/5の国民投票で激震か!?個人投資家の皆さんはマーケットの乱高下に備えていますか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はギリシャ債務危機に

記事を読む

各国予算別比較!止まらない日本の少子高齢化!社会保障費増大には増税と国債発行で対応しゆくゆくはマイナンバー制度で資産把握から・・・?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のテーマは財政問題に

記事を読む

「日本国の借金」が過去最高の1,057兆円、国民一人あたり約833万円の借金とのこと!益々の増税路線の中で個人資産を守る、築くには?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は毎度お馴染み(苦笑

記事を読む

IMFから安倍政権の構造改革(日本の財政問題や黒田日銀の金融政策)への警鐘!間違いなく増税は継続路線!その中で年金プラスアルファの個人資産を築く重要性!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「日本の財政問題」

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑