オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

5年ぶり冬のボーナス減!皆さんはどうですか??それでも老後はやってくる。

こんにちは、眞原です。

今回は気になるニュース。

<冬のボーナス5年ぶり減少>

(出典:日経電子版)

どうやら大手企業(東証1部上場、従業員500人以上、74社分)が支給する冬のボーナスが減るそうです。

平均妥結額は、91万6,396円(前年比マイナス1.19%)

と。

なんと、5年ぶり!

主には2017年3月期の業績が反映されやすいようで、最終集計は12月下旬に公表されるとのこと。

業種別には、

製造業:92万1,907円(前年比1.22%減)
非製造業:66万7,858円(前年比0.73%減)

具体的には、

減額は、自動車(97万1,070円、前年比1.94%減)、造船(81万4,747円、前年比1.60%減)
増額は、食品(97万6,256円、前年比4.40%増)、非鉄・金属(76万3,468円、前年比3.72%増)

まとめると、

業種別には、増額は4業種、減額が7業種とのことです

と、ここで冷静に考えてみましょう。

果たして、2014年以降、安倍政権の「アベノミスクス」で所得は殖えているのでしょうか・・・。

<特に右端の「実収入」(実質増減率%)>

(出典:家計調査報告)

単純に2007年〜2016年の前期比の実収入増減率を見てわかりますが・・・、

実収入=可処分所得(税金/社会保障控除後の自由に使えるお金)は、減っている

と分かりますよね。

そりゃー、若い世代は、

・将来の年金不安への拍車(可処分所得が減っている以上、満足に貯蓄&投資できない)
・自動車などの保有よりもシェアリング(デフレ要因)
・持ち家なんてもっての外(35年ローンというサラリーマンにとって人生最大のレバレッジが逆にリスク)
・どうすれば可処分所得が殖えるのか?(副業を認める企業の増加=サラリーを減らす口実になる)

と先細って行くだけでしょう。

まして、今後は、

・各種増税(増税があっても、減税は無い)
・社会保険料の増大(少子高齢社会である以上、人口ピラミッド最大の高齢者を支えるのは現役で働いている若手)

が目に見えています。

それでも、自分たちの、

人生100歳の長生きリスクへの備えを、今の減りつつある年収から貯蓄&投資して行かざるを得ない状況

にあると強く意識し、何かしら行動していかないと大変な退職後の世界が待っていると切に思います。

今後の人生において「あぁしとけば良かった」と後悔しないよう、ほぼゼロ%しか殖えない銀行預貯金ではなく、月の少ない所得からいくらでも良いので、先々の備えとして積立投資(一番良いのは海外積立投資)で「増やす」努力が必要ではないでしょうか?





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

海外積立投資でハイ・イールド資産を勧める理由

こんにちは、眞原です。 今回は海外積立投資(月々、一定金額を積立投資する方法)について。

記事を読む

2017年上期セミナー参加者の人気オフショアファンドランキング(東京、大阪、福岡)

こんにちは、眞原です。 今回は、2017年上期に(1〜7月末まで)日本国内にいると、中々入って

記事を読む

セミナー参加者回答、月々の積立で年金プラスアルファ作り上位ランキング(海外積立投資/海外個人年金)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々の収入の中からコツコツと一定金額を積立投資 or 個人年金

記事を読む

65歳までに貯めたい目標金額(生きるのにはお金がかかる!)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容は「6

記事を読む

資産運用を初めて始める時に、陥りやすい大きな2つの勘違い

こんにちは、眞原です。 今回は、ある程度のまとまった資産を持っていなくて、これから資産を作って

記事を読む

「若さ(退職までの長い時間)」は積立投資で最大の武器になる

こんにちは、眞原です。 今回は、資産運用初心者の為の情報です。 これから「資産運用を始め

記事を読む

ミサイルが落ちてきそうな日本の「日本円(JPY)」が買われ円高になるのは何故?

こんにちは、眞原です。 今朝から日本のメディアは「ザ・北朝鮮ミサイル問題」ばかりセンセーショナ

記事を読む

株は上昇が続けば下落間近、下落が続けば上昇間近?(ギャンブラーの誤謬)

こんにちは、眞原です。 今回は資産運用の基礎。 さて、問題です。 現在、個人投資家

記事を読む

インドネシア株式指数が11月8日現在、5年前比較で約+40%上昇6,049pt台の最高値圏で推移

こんにちは、眞原です。 今回はマーケット情報。   本稿のポイントは、

記事を読む

ダイヤモンドは永遠の輝き!過去最高約63億円(5,700万ドル)でダイヤのイヤリング落札!奥様のプレゼントにいかがでしょう?

こんにちは、真原です。 昨日、米国競売大手のSatherby'sがスイスのジュネーブのMand

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑