オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

HSBC香港、2017年3月末からVoice ID(音声認証システム)始めるってよ!

公開日: : HSBC香港・海外口座活用

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は、HSBC香港口座情報。

こちら香港の地元紙では先週報じられていますが(まだ英語サイトでは報じられていませんが)、HSBC香港が3月27日から「テレフォンバンキングでの本人確認に音声ログインシステム」を導入するようです。

(出典:信報財經新聞 HP)

実はこの音声ログインサービスは、2016年9月HSBC英国では既に開始しているサービスでHSBC UKのホームページ上ではどのような登録方法なのかなど動画で解説されています。

既に67万人がユーザー登録を完了し、音声ログインによる処理された問合せは280万回に達しているそうです。

(出典:HSBC UK HP動画スクリーンショット)

そして、HSBC香港でも、この3月末からHSBC UKのサービスを追随することになります。

この音声ログインシステム(音声認証システム)では、

・発音やアクセント
・声のトーンやスピード
・抑揚

などの行動的な要素に加え、声帯や口型や鼻音などを含めた口座ホルダーの生理的な要素など合計100種類に上る指標をもとに、本人と登録する声紋の正確性を分析、マッチさせるそうです。

既に録音済みの音声や第三者が勝手に声を使ってログインを試みる詐欺行為も識別できるシステムとのことで、HSBC側が口座ホルダーの声紋を録音してログインテストを行った際の不正ログインの成功率は低かったとのこと。口座ホルダーにとってはさらに利便性が高まりそうですね。

また、HSBC香港では直近P2P(Pear to Pear)サービスとして、モバイル送金簡易アプリの”Pay Me”もローンチしていて、モバイル関連やシステム投資を活発に行っています(”PayMe”は香港発行のクレジットカード(Visa, MasterCard)のみ対応)。

(出典:HSBC香港 HP スクリーンショット)

このような「既存サービスの破壊」と共に「新たな試み」を仕掛けるHSBCは、護送船団方式、、既得権益を守るための横並びの日本の大手邦銀行(目がバンク)の金融サービスとは大いに違うなと思います。

残念ですが「メガバンクは、海外で使えない銀行」ですから・・・全く「グローバル・サービス」ではないドメスティック銀行です。

もっか日本人のみならず、中国人や他国出身者のHSBC香港の新規口座開設は厳しくなっていますが(最近、英語ネイティブスピーカーのドイツ人がHSBC香港での口座開設を拒否されたというのを本人から確認しました)、今、HSBC香港口座ホルダーは当然のことながら最低限英語が使えないと口座の持ち腐れでしかないでしょうし(あらゆる手続きができない)、これから口座を開きたいと思っても、最低言語(英語)が話せなければ口座開設はできません。

※英語(他言語)コミュニケーションと資産運用の関係/香港ライフ

もっとも多くの日本人が苦手な「英語」ですが、英語が話せなくとも、ましてHSBC香港口座なんて持っていなくとも「オフショア投資(海外投資)」はできるので、その点は勘違いや間違えないようにしてくださいね。

そもそも資産運用を考えている場合には、日本にいながらでもオフショア資産管理口座は開設でき、世界中の優秀なオフショアファンド(ヘッジファンド)への投資はできるのです。



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

First Hawaiian Bankの大口現金入金方法(預金封鎖/デノミ対策を考える人)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 預金封鎖やデノミ対策でよ

記事を読む

恒生銀行(ハンセン銀行)口座開設サポートで感じたこと

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

HSBC香港のセキュリティデバイス(PIN Codeの初期設定方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「HSBC香港口座

記事を読む

ATMを使ってFirst Hawaiian Bankへ入金する方法

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は海外銀行口座の1つ

記事を読む

中国銀行(BANK OF CHINA)口座開設 in 深セン&香港ドルの豆知識

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 10月から始まるマインバ

記事を読む

中国銀行(BANK OF CHINA)口座開設 in 深セン(実践編)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 前回記述した中国銀行(B

記事を読む

預金封鎖・デノミ対策の一環!First Hawaiian Bank口座開設サポート

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 現在、香港を一時的に離れ

記事を読む

Standard Charteredから投資出来るファンドと海外投資(オフショア投資)との勘違い

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はこちら香港からホッ

記事を読む

香港において、香港ドルが消滅して中国人民元が取って代わる日がいずれ来る?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 香港や香港ドル資産に関わ

記事を読む

HSBC香港口座ログイン方法がちょこっと変わりました(+口座凍結への対処方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はHSBC香港口座の

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑