オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

マイナンバー通知2ヶ月前!それでも行政管理の情報がまたダダ漏れ。「お願いだから今後マイナンバー制度で紐付け予定の資産情報(銀行口座や証券口座)や医療情報は絶対に漏れないようにして貰いたい!」と誰もが切に思うのでは?

公開日: : 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、国民の70%がちゃんと理解していないマイナンバー制度の番号通知開始2ヶ月を切ったタイミングなので情報をアップデート(再確認)しておきましょう。

※マイナンバー制度、国民の70%超は知らないまま/投資と社会事情の関係

とは言うものの、特に資産運用や国際情勢、国内事情についての情報アンテナが相対的に高い経営者や医師、士業の方々が「マイナンバーを見据えて、なのか日本の国家財政の今後を見据えて?なのか」それぞれ違うようですが、海外銀行口座オフショア資産管理口座スイスプライベートバンク口座へのお問合せや開設が相次いでいるので、少しはマイナンバー制度の認知も広がってきたのかな?と感じています。

さて、来る10月からマイナンバーが順次通知されていくようですが、今後も少しづつ「税と社会保障の一体化」に向けて以上に「国民の利便性を重視」という耳障りが非常に良い言葉をもとに、他国が紐付けしていない個人情報がドンドン追加されていくのではないでしょうか。

※続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)/投資と社会事情の関係

このブログで既に情報を発信している通り、日本のマイナンバー制度はなんでもかんでも情報を紐付けする(予定)なので、他国のマイナンバー制度と相対的に比較しても「やり過ぎ」と表現するのが正しいと思います。

さて、年金情報が漏れたことは、まだ記憶に新しいと思いますが↓

※年金情報125万件流出!マイナンバー制度導入前ですが大丈夫ですか?(銀行預貯金、証券口座、医療情報、年金、その他丸裸になる情報流出懸念)/投資と社会事情の関係

このニュースを見る限り、人が「管理」する情報である以上は「必ず情報は漏れる」と覚悟しておいた方が良さそうです。それでも、マイナンバーに紐付け予定の特に「銀行口座情報」「証券口座情報」「医療情報」などは絶対に漏れてもらっては困る情報であるのは間違いないでしょう。

Screen Shot 2015-08-04 at 23.04.22(出典:NHK)

今のところ被害報告はないそうですが、閲覧者からの問い合わせを受け付けるメールアカウントが乗っ取られ、この内閣府のメールに問い合わせをした63の個人や法人に問い合わせ内容が流出した恐れがあるそうです。報道ベースでは富士通が管理していたメールアカウントのパスワードが短く推測されやすいものだったからのようです。

ちなみに別件ですが、「年金の個人データ入力業務に携わっていた約110名が2ヶ月の給与未払いのまま解雇」というニュースが先日流れていました。ここで注目すべきは「給与未払い」ではなく「年金機構から委託業務を受けていた業者が、他の業者へ再委託(これは年金機構側が禁止している)され丸投げされていた」という事実です。

Screen Shot 2015-08-03 at 15.27.35(出典:JNN)

この件は「何か情報が漏れた」ということではないですが、年金機構側が委託していた業者からさらに「第三者」に丸投げで(禁止されている)再委託がされていたということです。「年金」という個人情報も所詮はこの程度の扱いしか受けていないという一つの例かな?と感じざるを得ません。

「いやいや!マイナンバー制度では、アクセス権は限られた人にしか与えられていないから大丈夫だ!」という声が聞こえて聞こえてきそうですが、結局「情報漏えい」や「個人情報噴出」の大半は「人を介して」という方が圧倒的なので、「年金ですらこうなのに、マイナンバー情報は大丈夫か?」と疑ってしまうのは心配し過ぎではないと思っています。

このような「ずさんな管理」にならないことを願うばかりですが、過去の事例を見る限り「どうかなぁ〜」と疑ってしまいますね。とは言え、始まってしまう制度である以上、何もできないので「国(行政)がしっかりやってくれること」を願うしかありません。また、アップデート情報があれば、このブログで情報発信していこうと思います。

(カバー写真:ANN)



オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

1000万円以上のオフショア投資をより快適に、効率的に、身近なものにするためのツールです。

「海外口座」と「オフショア資産管理口座」の違い、メリット・デメリットについてまとめました。

関連記事

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

6月の実質賃金は対前年比マイナス2.9%!実質賃金が増えないのに「お金が貯まってから資産運用を始める」は完全に誤った考え方。老後資金を貯める為にも月々少額から金利がつく資産運用を考えよう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は指標面から考え、個

記事を読む

子を持つ父親は必見!年収1,000万円以上は「教育パパ」が急増のよう!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 つい先日、東洋経済Onlineで興味深い記事が掲載さ

記事を読む

続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2015年10月交付、

記事を読む

新聞記事は統計上のカラクリ!実質賃金上昇はある種のマヤカシである。

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 

記事を読む

老後資金は積立投資で確保しよう!安倍政権下になってようやく実質賃金が速報ベースで増加(見せかけの賃金上昇から脱却?)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「5年ぶりに2016年の実質賃金が増加した」と

記事を読む

1世帯の金融資産が過去最高の1,798万円でも、16年前から続く銀行預金ゼロ金利のままでは増えるワケがない。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は総務省発表データか

記事を読む

婚姻届やパスポート発給にもマイナンバーが必要に?

こんにちは、眞原です。 今回は日本在住者(日本に住所がある人)すべての人に関連する「マイナンバ

記事を読む

初!国民医療費40兆円突破!高齢化と人口減の日本社会で現役世代の負担増と保障減は必至!〜老後医療も年金も自己責任〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は直接「みんなの年金問題

記事を読む

50年後(2065年)の日本人口は8,808万人。単純計算で年間58万人ずつ人口が減少する日本の未来

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、本ブログでも何度も取り上げている「日本の人口

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑