ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

続々と個人情報が紐付けされる「マイナンバー制度」のアップデート情報!(2015年5月末時点)

公開日: : 最終更新日:2015/07/09 投資と社会事情の関係

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は2015年10月交付、2016年1月から利用開始の「マイナンバー制度」について。

想定通り、ジワリジワリとマイナンバーに紐付く情報項目が増やされていっています(本ブログ最後に紐付け項目のまとめアリ)

マイナンバー制度について、マスコミ各社が大して報道していないようで、きっと日本国民も「マイナンバー制度が導入されて行政手続きなどが楽になって良いわ〜」なんて呑気な事を思っている人が多数いるかも知れませんが・・・あまりお気楽なことを考えてられなくなりますね。また個人投資家は銀行口座のマイナンバー紐付けを嫌って、海外銀行口座スイスプライベートバンク口座開設を急ぎ検討している人が増えている印象を受けます。

※『海外口座入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

さて、5/29日に報道があった点を踏まえ、現状のマイナンバー制度について情報をアップデートしておきます。

<マイナンバー:戸籍や旅券に利用拡大 制度の普及目指す>

Screen Shot 2015-05-31 at 16.48.28

(5/29付 毎日新聞)

とうとう「旅券」までマイナンバーに紐付けされるようです。もはや「制度普及」のためには何でもありの状況になってきましたね!例えば、不倫旅行なんてしようものなら、旅券情報が残ってしまいますね!要注意です!

<マイナンバーで医療情報 政府、18年度から運用>

Screen Shot 2015-05-31 at 16.48.46

(5/29付 東京新聞)

来ました、医療情報のマイナンバー紐付け!医師会が強く反対していたものの丸く収まってしまったようですね。2018年から段階的に運用を始め、2020年に本格運用を目指すようです。

さて、少し思い返してみましょう・・・2007年ごろ当時、第一次安倍内閣時に発覚した「消えた年金・宙に浮いた年金問題」について。1億2,000万人の日本人(年金記録があるのはもっと少数だが)のうち、約5,000万件の年金がズサンな管理をされていて宙に浮いていた・消えた事実を。だからこそ「マイナンバー制度で情報を統合して分かりやすくする」ということなのでしょうけど、そんな国や地方自治体を信じて良いものか。

医療情報なども紐付けされるとなれば「丸裸同然」になる訳です。マイナンバーのICカード情報には税や年金などの情報は記録されないようですが、カード紛失や情報漏えい、不正利用の他に、怖いのは「間違った情報のマイナンバー付帯」ではないでしょうか?医療情報で言えば、全く関係ない疾病などの履歴が残ることで保険に加入できなかったり住宅ローンを組めなかったりなど。

このマイナンバー制度において10月からカードが順次交付されていきますが簡易書留で届くそうです。この簡易書留料金だけで日本郵政は数百億円程度の売上効果、またこの市場規模としては4兆円程度が見込まれているそうです。各社競争が激化していることでしょう。

改めて、マイナンバーに紐付けられる個人情報のアップデート情報がこちら(予定のものも含め)
マイナンバー制度導入時から紐付いている情報もあれば今後というのもあります。

・氏名、住所、年齢、顔写真
・保険証(健康保険)
・クレジットカード履歴
・購買履歴
・光熱費(ガス、水道、電気)
・銀行預金(口座開設手続き)
・証券口座
・給与
・各種税金(納税・年金履歴)
・資格所得情報
・医療情報(持病、疾病、メタボ情報)
・ワクチン接種履歴
・産休や育休
・旅券

ある意味でほとんど全て情報を国が握り、ということでしょう。マイナンバー制度導入後に高齢者世帯は国に預貯金を把握されるのを嫌ってタンス預金にして現金を持っておくことも容易に想像できるので、マイナンバー関連の凶悪犯罪が増えないことを願うばかりです。

また拡大解釈すればこういう把握のされ方がなされる訳ですね。

・どういう職種で仕事をしていたか?(人に言いたくない仕事なども把握)
・副業をしているかどうか?(内緒にしていた副業も把握)
・どんな買い物をしているか?(消費行動もクレジットカードで把握)
・どんな信用度があるか?(マイナンバーに全情報があるので国が数値化した情報を元に把握)
・どんな病気があるか?(疾病も把握)
・資産がどれくらいあるか?(預貯金、日本国内の投資内容も把握)

他国のマイナンバー制度と比較して日本の場合は明らかに「やり過ぎ」です。既に私のブログで何度か取り上げているので、併せてこちらも目を通して下さい。

※『眞原郁哉の海外投資ブログ(【投資と社会事情の関係】マイナンバー制度、国民の70%超は知らないまま』について

※『眞原郁哉の海外投資ブログ(【投資と社会事情の関係】キター!!マイナンバー制度に証券口座も紐付け!(預金封鎖へのステップ?)について



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

生活「苦しい」が過去最高62.4%で平均所得は1.5%減少!便利になっている日本で貧しさは増加する社会になっている悲劇。「老後の備え」は間違いなく若いうちからコツコツと!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 日経平均株価は(お化粧的

記事を読む

世界166カ国1万3,000人のエクスパットが選ぶ「働きたい国/働きたくない国の世界ランキング」

こんにちは、眞原です。 今回は、海外在住者向けコミュニティサイトInterNationsが行っ

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

「パナマ文書(THE PANAMA PAPERS)」の何が問題か?オフショア(タックスヘイブン)とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今しきりに国際社会やマー

記事を読む

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は世界(米国)マーケットに関して。 日本で

記事を読む

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

日本の株高は政府と日銀の虚像。その真の狙いは?

 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の記事は「日本の株高と

記事を読む

5,000ドル突破のビットコインの出口戦略(USD資産へのコンバート方法)

こんにちは、眞原です。 今回は、ビットコイン(暗号通貨)について。 (出典:Bloomber

記事を読む

全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 本日1/20(正式には21日午前2時)、米国でいよい

記事を読む

現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本に住む日本人

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑