K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 8月号

公開日: : みずほ証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、みずほ証券から7/27-8/24まで新規募集販売されている『新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 8月号』の情報です。

Screen Shot 2015-07-28 at 19.21.08このシリーズは過去に何度も新規募集販売されているので、商品性については過去のブログを参照して下さい。

※『新光ピムコ・ストラテジック・インカム・ファンド 10月号/みずほ(新光)証券/みずほ銀行』

今回のファンドは新規設定で8月号と名付けられていますが、上のブログ記事で書いた10月号は2014年10月に販売されたものです。そして半年経った現状のパフォーマンスを確認するとこのようになっています。

Screen Shot 2015-07-28 at 19.28.40【基準価額】10,132円(7/28時点)
【純資産総額】36億円

と明らかに低調なパフォーマンス推移のままです。且つ純資産総額は36億円程度と、ファンド運用のコストなどを考えればもやは採算ギリギリラインの純資産総額で運用されています。

それにも関わらず今回「新規設定」で追加型投信として同様のファンドを販売するみずほ証券です。なぜ、新規設定で販売されるのか?その理由が全く理解できません。

ちなみに同戦略上のシミュレーションパフォーマンスがこちら

Screen Shot 2015-07-28 at 19.22.06このチャートは、前回のブログ記事で載せているものとほとんど変わりません。

個人投資家にとって「投資期間」というのは、非常に貴重な「資産」です。2度と戻ってこない貴重な時間をこのような「低調なリターン」を得る為にリスクを取って投資するのは、あまりにも機会損失です。

世界を見渡せば、債券系ヘッジファンド(オフショアファンド)で年間平均リターンとして10%超を上げているものがスタンダードです。いかに日本の投資信託(ミューチャル・ファンド)の運用パフォーマンスの差があるのかが良く分かります。

今回のこの投資信託は「新規募集だから」という理由で飛びついて投資してはいけない投資信託(ファンド)の典型でしょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド(愛称:水と大地とエネルギー)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

アジアREIT・リサーチ・オープン(毎月決算型)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

みずほAKトルコ株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

R&I ファンド大賞2013 フロンティア・ワールド・インカム・ファンド

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

ブラックロック世界株式絶対収益追求ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

みずほ銀行債/みずほ証券

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investment 投資ア

記事を読む

欧州不動産戦略ファンド(3ヶ月決算型・年1回決算型)(愛称:OH!シャンゼリゼ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産

記事を読む

バンクローン・ファンド・ネオ(円ヘッジ型)2013−07:単位型

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

ザ・ゴールドマン・サックス・グループ・インク/みずほ証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 債券(国債、社債)で金利を取

記事を読む

生活基盤関連株式ファンド(愛称:ゆうゆう街道)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investment

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑