オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンド(愛称:ユーロビート)

公開日: : 最終更新日:2016/08/09 SMBC日興証券

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回はSMBC日興証券から2/17〜3/6まで新規募集販売される『日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンド(愛称:ユーロビート)』の情報です。

スクリーンショット 2014-02-07 12.19.09.png

このファンドの特徴は、こちらの1つに集約できます。

・欧州の上場株式(東欧・ロシア・トルコ及びアフリカ等も含む)への投資

具体的な地域がこちら

スクリーンショット 2014-02-07 12.20.39.png

このファンドの名前「グラビティ(引力)効果」は、経済学の「グラビティ理論」というものを名前に付けています。EU圏はこの理論が具体化されたものとして考えられ、このようなファンドが組成されているようです。

ただ、よくよく考えてみれば単純に欧州周辺国のポートフォリオを考えて投資しているようにしか思えませんが、このような理論を使っていますよ〜というキャッチーさで真新しさを出している印象です。

投資家にとっては理論云々ではなく、投資した資産に対するリターンがどれほどなのか?要はヘッジファンド(オフショアファンド運用方針でもあるような絶対収益がどうなのか?という点に尽きるのではないでしょうか。

さて、新興国から先進国へのマネー回帰が見て取れますが、実際に先進国のGDP推移はどのようになっていくのかを確認してみます。

スクリーンショット 2014-02-07 12.27.38.png

米国株式指数やGDPはゆるやかに右肩上がりに伸び続けています。また、日本も直近の金融緩和策のおかげで株式指数は上昇しつつも、GDP成長率に関しては不確定要素が多いと思われます。この2カ国と比較すればEU圏は出遅れているからこそ、逆張り的にファンドで投資しましょうというのがこのファンドの趣旨です。

スクリーンショット 2014-02-07 12.10.10.png

また、EU圏は2011年の欧州債務危機問題から一定の立ち直りを見せ始めているというのは大方のマーケット関係者の見方です。ただ、根本的な解決策に関しては先送りされています。

欧州経済を牽引しているのは主には、ドイツ、フランス、英国の3カ国です。これらに加えて残り25カ国がぶら下がっている状況です。

スクリーンショット 2014-02-07 12.31.33.png

問題児扱いされていたPIIGS諸国ですが一定の改善が見られ始めたということのようです。

スクリーンショット 2014-02-07 12.37.05.png

これだけの財政収支を改善させる為には、もろもろの社会保障制度の削減や増税などで対応しているのは他なりません。そして、あまり日本では報じられていませんが、実は各国の失業者数は増加しており、失業率は高止まりしたままです。

<失業率>

スペイン  :25.8%(2013/12)

ギリシャ  :27.8%(同上)

ポルトガル :15.4%

イタリア  :12.7%

ユーロ圏全体:12.0%

EU圏    :10.7%

欧州経済がこのような足の引っ張り合いだからこそ(財政悪化を埋めるのは各国の税金→増税を嫌がる国民)、英国は2017年末までにEU圏から脱退するか残留するかの国民投票を行う予定となっています。これは政治的な要因なので何とも判断できませんが、こういう可能性を踏まえた上で「EUへの投資ってどうなの?」と考える必要があります。

具体的なモデルポートフォリオがこちら。

スクリーンショット 2014-02-07 12.17.35.png

スクリーンショット 2014-02-07 12.17.45.png

国別構成比率などを確認するとEU圏を牽引している国々ではありますが、投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家は、あくまでも目先ではなく大局観を掴んで投資判断してみてはいかがでしょうか。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

日興JPMグローバル中小型株式ディスカバリー・ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

産業競争力強化ファンド/産業競争力強化ファンド(早期償還条項あり)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はSMBC日興証券か

記事を読む

日興キャッシュリッチ・ファンド

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「R&Iファンド大賞2016」でも取り

記事を読む

日興グラビティ・グローバル・ファンド(愛称:GG10+10)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

日興・米国バンクローン・ファンド(為替ヘッジあり)14−06

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年6/20

記事を読む

DIAMジャナス米国中小型株式ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で

記事を読む

キャピタル US グロース・アンド・インカム・ファンド(愛称:インベストメント・トラスト・オブ・アメリカ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

毎月分配型のフィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)は「良いファンドか?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は投資信託(ミューチャル・ファンド)情報。

記事を読む

三井住友・豪ドル債ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
    海外口座相談バナー
    shinshutsu.jpg
PAGE TOP ↑