オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

グローバル・アロケーション・オープン

公開日: : 最終更新日:2016/01/22 りそな銀行

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家へ情報をお伝えしています。

今回は、9/17〜10/18にりそな銀行埼玉りそな銀行近畿大阪銀行から新規募集販売される『グローバル・アロケーション・オープン』の情報です。運用会社は新光投信です。

スクリーンショット 2013-08-22 13.44.12.png

このファンドの特徴を確認する前に、現在の新規設定のミューチャルファンドについては、このファンドのように「バランス型」の再設定の波と米国株式や日本株式関連の設定が相次いでいる印象を受けます。

それでは、このファンドの特徴を確認してみます。

1.) 世界各国の株式や債券などへのファンド・オブ・ファンズ形式でバランス型投資

2.) 為替ヘッジなし・限定為替ヘッジ(それぞれのコースで年1回決算・年4回決算)

具体的には、

1.) 世界各国の株式や債券などへのファンド・オブ・ファンズ形式でバランス型投資

内訳がこちら。

スクリーンショット 2013-08-22 13.47.23.png

ファンドの運用においてマーケット環境を下に、株式や債券の比率を変更して運用するバランス型ファンドですが、そのメリットとしては、経済の拡大期にあります。ほとんどの資産が上昇するので各資産へ分散しているファンドの資産全体がリターンを上げます。またリスクヘッジになるとされます。逆にデメリットとしては、バランスを保つが故に各資産が足の引っ張り合いをする結果となってファンド全体のパフォーマンス向上に寄与しません。

例えば・・・米国資産上昇局面にあるのに新興国資産が大きく値下がりをする場合など。つまりは、ファンドの中でそ運用資産比率を調整しながら分散投資をしているというのが分かりやすいかと思います。

こちらがこのファンドのシミュレーションです。

スクリーンショット 2013-08-22 13.46.55.png
リターンの大きさには違いがあるものの、青色チャート(アロケーション・ファンド(為替ヘッジなし))とピンク色(世界株式)の価格変動はほとんど同じ動きとなっているのが分かります。

リスク・リターンがこちら。

スクリーンショット 2013-08-22 13.47.08.png
このアロケーション・ファンドは、上記の同じような推移をしている世界株式よりも年率リスクが低く、リターンが大きい結果となっているようです。
ただ、アロケーション・ファンドにおいても、年率リスクは12%程度となっているので少なくとも上下12%程度はブレますよという点には注意が必要です。

2.) 為替ヘッジなし・限定為替ヘッジ(それぞれのコースで年1回決算・年4回決算)

4コース設定されています。

・年1回決算コース
Aコース・Cコース:資産成長型→目標分配金の設定をせずに運用されるタイプです。

・年4回決算コース
Bコース・Dコース:目標分配金提示型(詳細は下記の通り)

スクリーンショット 2013-08-22 13.45.19.png
・為替ヘッジなし
Aコース・Bコース

・限定為替ヘッジ
Cコース・Dコース

スクリーンショット 2013-08-22 14.49.00.png
特にリーマン・ショック以前にはこのファンドのようなバランス型が人気(各金融機関からこそって募集販売)でした。それまでは世界経済は景気拡大期だったので、バランス型でも大きくリターンを上げられていたのです。ただリーマン・ショック以降はマーケット環境もそれ以前とは変化し軒並みパフォーマンスが振るっていないというバランス型がファンドが多くなっています。その一方で、世界的には景気減速や後退期にも「売り建て」でリターンを上げるヘッジファンド(オフショアファンド)への資金が集まる運用環境になっています。

投資信託(ファンド)で資産運用をしている投資家はファンドそのものの流行り廃りに流されずに自身の年間平均リターン目標やリスク、投資期間などを考えて中長期で投資出来る資産へ投資することを心がけましょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

米国不動産投信ハイ・インカムオープン(毎月分配型)(愛称:りそなリート)

あなたの資産運用を無料診断(所要3分) ↓↓↓ こんにちは、K2 Investme

記事を読む

USストラテジック・インカム・アルファ(毎月決算型・年1回決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

世界優先証券ファンド(為替ヘッジあり/限定追加型)

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑