オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

「東京海上・ニッポン世界債券ファンド(2013年5月購入)を解約すべきかどうか?」について

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。

今回は、Q&A形式で回答していきます。

<Q.>

東京海上・ニッポン世界債券ファンドを2013年5月から始めたのですが、解約すべきか迷っています。

<A.>

はじめまして、K2 Investment投資アドバイザーの眞原です。

ご質問にお答え致します。

まずはこの投資信託(ミューチャル・ファンド)の月次運用報告書から確認しましょう。

※『東京海上・ニッポン世界債券ファンド(為替ヘッジあり)』月次レポート
東京海上・ニッポン世界債券ファンド(為替ヘッジあり)ファンドの現状がこちら

【基準価額】9,786円(10/2時点)
【純資産総額】893億円
【分配金累計額】1,820円
【分配金/月々】30円

またファンドの特徴などについては、ブログ記事でまとめているものがあるので、こちらをご確認ください。

※『眞原郁哉の海外投資ブログ(東京海上・ニッポン世界債券ファンド(為替ヘッジあり)/みずほ(新光)証券/みずほ銀行, みずほ銀行)』について

質問者さんは、2013年5月から投資されているということなので、分配金込みで若干プラスリターンという具合ではないでしょうか?

毎月分配金のファンドは投資効率が悪いのは言うまでもありませんが、このファンドの場合、分配金のうち約40%は過去のリターンの取り崩しとなっているので、分配金以上にリターンを上げられない環境が続けば単に基準価額の下落要因でしかありません。

まずは売却(利益確定)をして、二度と戻ってこない時間を有効に活用できるよう、より投資効率が良い投資先で運用される方が良いのではないでしょうか。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

(Q&A)USD建て一括投資の場合はドル円レートが影響しますが、どのように考えるべきでしょうか?

こんにちは、眞原です。 今回は、実際のご相談内容に沿っての情報です。 ポイントは、 ・

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

将来への資産形成の一歩は積立投資から

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用相談Q&a

記事を読む

「野村證券と大和証券で投資しているファンドラップがマイナスです。どうしたら良いでしょうか?」(2016年7月時点/)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際にご相談を頂い

記事を読む

年間150万円の海外積立投資と1,000万円のオフショア投資によって最大20年で老後資金「6,000万円」を作れますか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 この方の質問と同じ

記事を読む

海外積立投資でハイ・イールド資産を勧める理由

こんにちは、眞原です。 今回は海外積立投資(月々、一定金額を積立投資する方法)について。

記事を読む

「LMオーストラリア毎月分配型ファンド(オーストラリア経済見通し)/高金利先進国債券オープン(毎月分配型)(月桂樹)」について

<Q.>(5/25) 「LMオーストラリア毎月分配型ファンド」を持っていま

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

30万ドル(3,000万円)でオフショアファンドへ投資する際のポートフォリオを提示してください

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いたポート

記事を読む

NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年金)での積み立て投資について

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「NISA積立投資と401k(個人型確定拠出年

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑