K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

国税庁が指摘した2014年の海外資産相続申告漏れ件数は177件!海外資産(預金、株式、不動産、オフショアファンド)を持つ人は必見!

公開日: : 日本人の富裕層資産運用情報

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は、海外資産(預金、株式、不動産、オフショアファンドなど)を持つ人や個人投資家は必見の情報です。

過去、私のこの海外投資ブログでは様々な国の施策や規制や法律などについてお伝えしてきました。

それらをまとめた下記の4つの記事は特に資産家の方々や海外投資、オフショア投資をされている方には好評を頂いている内容になっていたようです。

また中には以前NewPicksでホリエモンこと堀江貴文氏にもPickして頂けている記事もありました。有り難いです。

富裕層2万人への課税強化10の選定基準−The Stream of Tax The Rich−

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e8%b3%87%e7%94%a3%ef%bc%88%e9%a0%90%e9%87%91%e3%80%81%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%80%81%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e3%80%81%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a1

日本も2018年に発動、海外口座の多国間情報交換制度(海外資産の丸裸政策)−Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax matters-

富裕層の資産状況をしっかり把握する「財産債務調書」の初提出迫る(3/15締め切り)!

2014年国外財産調書結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

富裕層を狙い撃ちの「出国税」スタート!網を張り、富裕層日本人を国外へ出さない仕組みで、ガラパゴス化を促進中!

国税庁が指摘した平成26年(2014年)の海外資産相続申告漏れ件数は177件

9/5付の日経新聞の報道によれば、国税庁に情報公開請求した「海外資産に係る処理状況(相続税)」という資料で判明した、

「海外資産に関連して相続税の申告漏れを指摘した件数」は、

2012年(平成24年):156件
2013年(平成25年):168件
2014年(平成26年):177件

その地域別の件数と各地域の金額は、

北米:80件(18.1億円)
東アジア:36件(20.7億円)
欧州:27件(1.9億円)
オセアニア:15件(1.6億円)
東南アジア:9件(1.3億円)
その他:10件(1.6億円)

そして、申告漏れ指摘の資産総額は、

2012年(平成24年):27億円
2013年(平成25年):163億円
2014年(平成26年):45億円

とのことだったようです。

また、上のブログ紹介で触れているように、今後当局は「2018年のOECD情報共有」も見据えながら直近は動いていることでしょう。

具体的な推移がこちら。

<海外資産関連事案に係る調査事績の推移>

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e8%b3%87%e7%94%a3%ef%bc%88%e9%a0%90%e9%87%91%e3%80%81%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%80%81%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e3%80%81%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a1(出典:国税庁「海外資産に係る処理状況(相続税)」)

<海外資産関連事案に係る財産別非違件数の推移>%e6%b5%b7%e5%a4%96%e8%b3%87%e7%94%a3%ef%bc%88%e9%a0%90%e9%87%91%e3%80%81%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%80%81%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e3%80%81%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a1

(出典:同上)

<海外資産関連事案に係る地域別非違件数の推移>

%e6%b5%b7%e5%a4%96%e8%b3%87%e7%94%a3%ef%bc%88%e9%a0%90%e9%87%91%e3%80%81%e6%a0%aa%e5%bc%8f%e3%80%81%e4%b8%8d%e5%8b%95%e7%94%a3%e3%80%81%e3%82%aa%e3%83%95%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%82%a2%e3%83%95%e3%82%a1

(出典:同上)

海外資産を始め(国内資産においても)、特に長年の努力の結晶として長年経営し続け成功した起業オーナー、バイアウトやIPOをしたオーナーや役員、先祖代々の名家や一族、地主の方々、投資で大成功した方、士仕事に従事している方など一定の資産家が頭を抱えながらも、いつかいずれやってくる「相続」や「贈与」に関わる情報でした。

俗に3代続けば資産家の資産が消えると揶揄される「相続税」、そして「贈与税」です。一方、例えば香港では相続税や贈与税はありませんし、世界にはそういう国々が当然沢山あります・・・。

グローバルに目を向けると、日本国内の「常識」が決して必ずしも「正しい」「正義だ」という訳ではありません。

単に、国や地域が違えば、常識や概念(考え方)、規制、誰のための「正義か?」などが当然違うのです。

〜併せて読みたい〜

超富裕層と資産課税や富裕税(海外資産保有や資産フライトへのモチベーション)



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。
ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m
↓↓↓↓↓
にほんブログ村 株ブログ オフショア投資へ にほんブログ村

関連記事

2017年富裕層資産規模でアジアが西欧を抜く見込み

こんにちは、眞原です。 BCGグループ(ボストン・コンサルティング・グループ)が発表したレポー

記事を読む

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

世界ビリオネア上位8人の資産合計(約42兆円)=世界人口の下位36億人の資産合計

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 国際非政府組織(NGO)OXFAMによると、 世界

記事を読む

今月限定!国内で最グローバル銀行サービス提供中のSMBC信託銀行(旧Citibank)で為替手数料無料!

こんにちは、眞原です。 今回は、珍しく日本の銀行を取り上げてみたいと思います。 日本国内

記事を読む

2016年世界の大富豪(ビリオネア)の資産は2,370億ドル(27.9兆円)増加!

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 2016年のマーケット営業日も残すところあと2営業日

記事を読む

日本長者番付2016(Forbes)〜「資産」への悩みのベクトル〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はForbesから発

記事を読む

節税意識の変化、今後の富裕層は日本国籍(パスポート)を変更していくか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、富裕層課税と節税と生き方について。ちょうど昨晩、

記事を読む

2015年(平成27年度)国外財産調書の結果−ジャパンリスク回避に向けて富裕層の富は国境を越える

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年に書きそびれていた「2015年分(平

記事を読む

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

こんにちは、眞原です。 タイトルの通り、 政府が「休眠預金口座(金融機関に預金として預け

記事を読む

セミナー参加者回答、まとまった資金の投資先上位ランキング(オフショアファンド一括投資)

こんにちは、眞原です。 今回は、USD10,000(約110万円)やUSD100,000(約1

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑