オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

日銀保有の日本株式EFT累計額は8.9兆円で保有率59%!〜作られた日本株式市場〜

公開日: : 最終更新日:2016/06/09 マーケット(日本)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は日本マーケットについて。

Bloombergによると、日銀が2010年から買い入れを進めている日本株式ETF(指数連動型上場投資信託)の累計額が8.9兆円に達しているそうです。

これは、日銀が国内上場の日本株ETF全体における59%を保有していることになります。

<日銀のETF保有率は59%に上昇>

日銀保有の日本株式EFT累計額は8.9兆円で保有率59%

(出典:Bloomberg)

結果、日経平均株価(日経225銘柄)を構成する90%(約200社)の企業で株式保有率10位以内に入る実質的な大株主に日銀の名前が連なることになっています。

確かに世界的に金融緩和を行っている、行ってきた世界の中央銀行(FRB、ECB、日銀)ですが、その最たる違いは「日銀はリスク資産(上下にブレる資産)である株価指数連動ETFやREITを購入している」という点です。

FRBやECBが買い取ってきたのは、債券や住宅担保ローン証券ですがこれらは必ず満期償還があって償還額が見えているものに過ぎません。が、私たちの日銀は「満期が無く、安く買って高く売らないと損になるもの(いつかは売らないといけないもの)」を買っているという大きな違いがあるのです。

「出口(いつ売るのか?)」が全く見えない中で、日銀が買い進めている現状です。

<日銀のETF買い入れの推移(4/21時点)

日銀保有の日本株式EFT累計額は8.9兆円で保有率59%!〜作られた日本株式市場〜1

(出典:同上)

日経平均株価で16,700円台、TOPIXで1,300pt台・・・これ以上に日銀は売り抜けないといけません。

その売り圧力はいつ来るのか分かりませんが、そういう背景をもとにこれからも日本株全体が上がっていくと信じている個人投資家はいるのでしょうか?

このような予測を踏まえると日本株関連に関しては今後下がるであろうという可能性(リスク)が高くいくらドルコスト平均を活用した海外積立投資であっても、私は自分の資産内容からは真っ先に外しておきたい資産だと思います。

もっとも懸念すべきは・・・今後、日銀が「ETFを売りたくても売れない」という状況にならなければ良いのですが(「売るというアナウンスをするとマーケットは暴落するのでそんなこと言えない」というのが事実)。

〜併せて読みたい〜

※日銀が買う日経平均株価の上昇はアベノミクスの「官製相場」!5頭の鯨が泳いだ後に残るのは、それを信じた個人投資家の含み損。 / マーケット(日本)

※民主党時代の経済情勢と安倍政権下でのアベノミクス / 投資と社会事情の関係

(カバー写真:Bloomberg)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

今年の本丸、日本郵政3社が11/4に同時上場で売出総額は1兆3,800億円!誰が為の上場か!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 来るぞ来るぞと言われてい

記事を読む

日経平均株価一時800円超の下落!誰かが言った・・・日経平均株価20,000円台は「買い」です!と。短期の上げ下げに賭けるのはもう止めませんか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

賛否両論!真の狙いは自社の都合の良い株主を増やすため?トヨタ自動車が発行する「種類株(AA型種類株)」とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ内容はトヨタ

記事を読む

日経平均株価が終値で15年ぶりに2万円台回復!(日本株に強気な方々)

 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の内容は『日本の株式マ

記事を読む

長期株価上昇要因なき「日本郵政株(6178)」に投資する前に読んでみよう

こんにちは、眞原です。 今回は久しぶりの「日本株式(日本郵政株式の公募売り出し)」について。

記事を読む

「日本株保有」は「資産分散+通貨分散」になりません(日銀と年金GPIFが買い支える歪んだ日本株式市場)

こんにちは、眞原です。 今回は、みなさん大好きで関心が高い「日本株式」について。 <日銀のE

記事を読む

演出されてきた株高!日経平均株価は433円の下落でついに昨年末終値を下回る!〜上げ下げに振り回されない資産運用を〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(日本)

記事を読む

皆が強気!さぁ、日本株はバブルへ一直線!「いつ売るの?、今でしょ!」

 こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事は

記事を読む

楽天(4755)、公募増資で1,880~2,000億円を調達!想定水準までの下落。株価「希薄化」の意味とは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事のカ

記事を読む

資産株にならない日本郵政3社(日本郵政/ゆうちょ銀/かんぽ生命)株式!資産形成は海外積立投資!

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は久しぶりに「日本株」について。 今日のニ

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑