K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

「なぜギリシャ国民が預金封鎖前にATMから預金を引き下ろしていたのか?ギリシャがデフォルトした後はどうなるのか?」

公開日: : 資産運用Q&A

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は非常に素朴な疑問に対してQ&Aで回答してみようと思います。

Screen Shot 2015-06-30 at 23.27.06(出典:abcNEWS)

つい2日前に銀行ATMに並んでいたギリシャ国民の様子です。日本のメディアでもTV放映などされていたことでしょう。ちょうど今現在、ギリシャ政府側とトロイカ債権団が協議(新たな救済プログラムについて話)をしている最中です。デフォルト目前になっているので、果たしてどちらかが妥協をして折り合うのでしょうか・・・。

※まずは預金封鎖から?ギリシャ債務危機は最終局面へ!7/5の国民投票で激震か!?個人投資家の皆さんはマーケットの乱高下に備えていますか?/財政問題

<Q.>

「なぜ、ギリシャ国民が預金封鎖前にATMから預金を引き下ろしていたのでしょうか?また、ギリシャがデフォルトした後はどうなるのでしょうか?」

<A.>

◯◯さん

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

結論としては「我先に「ユーロ」を引き出して現金を確保し自由に資金移動させるため」です。

ご存知の通り、現在ギリシャ国内では事実上「預金封鎖」が行われているので、1日あたり60ユーロ(約8,000円)しかATMから引き下ろせない措置が取られています。29日(月)の預金封鎖前には、その金額以上が引き出せて資本移動も自由だったので、下記のような想定をして行動していたギリシャ国民がATMに並んで我先にと預金を引き下ろしてました。これももはた「自由に」出来ない状況になってしまったのですが・・・。

仮にギリシャがデフォルトすると想定されうることが沢山あるのですが、まずは通貨が「ユーロではなくなる」ことです。

ギリシャがデフォルトして大きな出来事としては・・・

1.)欧州中央銀行(ECB)から資金を借りられず、ユーロ圏からの緊急融資を受けられない

→ギリシャ国内の銀行の破綻に繋がる、金融システムの不安定化

2.)もともとの独自通貨、恐らくギリシャ・ドラクマの復活へ(正直、誰ひとりこの新通貨の価値が分からない)

新ドラクマ(と仮定で名付けると)は現在のギリシャで流通しているユーロよりも遥かに信用度の低い通貨(間違いなく半分以下の価値しか持たない弱い通貨)になる。結果、ユーロ建てで借金をしていたギリシャの企業や個人は倒産や破産(ユーロ建て借金が雪だるま方式に膨らむため)、またギリシャ国内の資産価格は大暴騰(ハイパーインフレ)になるので、今以上の失業者が溢れ、ギリシャ経済は破壊的状況になる。結果、治安の悪化へ繋がる可能性も。

2.)を考えると、ギリシャ国民にとっては相当辛い状況だと思います。(借金を踏み倒した結果なので致し方ありませんが・・・。)

ただ一方で「デフォルト」「預金封鎖」「デノミネーション(通貨価値切り下げ≒新貨幣導入)」が整えば単純に「国民み〜んな、貧しくなるだけ」なので、みんなが貧しくなって、ギリシャの通貨が安くなり(輸入物価は上昇するものの)、輸出によってはプラスであり、また新たなギリシャ経済が始まるというポジティブな面があります。それは、かつてデフォルトしたアルゼンチン経済のようなものです。

「銀行に預けていること」「自国通貨しか持たない事」のリスクをよく感じられる出来事なので、日本人のほとんどが反面教師にした方が良い事例なのは間違いないでしょう。

さぁ、6月30日は、ギリシャと世界の歴史にとって非常に重要な日となります。



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

「野村テンプルトントータルリターンDコース(毎月分配型)を解約した方が良いか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は野村證券から販売さ

記事を読む

オフショアファンド(ヘッジファンド)への投資方法は?など他

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、Q&Aです。 こちらの複数の質

記事を読む

Brexit後(英国のEU離脱後)ワールドリートオープン(毎月決算型)の見通しはどうなる?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ご相談が多い「ワ

記事を読む

「ブラジルボンドオープン(毎月決算)/大和証券」への投資を考え中

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事では資産

記事を読む

「世界優先証券ファンド」とはどのような商品ですか?

<Q.>(5/22) 「世界優先証券ファンド」とはどのような商品ですか?初心者です

記事を読む

三菱UFJ外国債券オープン(毎月分配型)を解約した方が良いのかどうか?(男性・2016年7月時点)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いているご

記事を読む

海外積立投資をするのに海外銀行口座は必要ですか?

こんにちは、眞原です。 今回は実際にご質問頂いた内容について、Q&A方式で。

記事を読む

野村證券から投資信託(米国バリュー・ストラテジー・ファンド Aコース/Bコース)を勧められています。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 それでは早速みてい

記事を読む

「1億円を目指して運用してきたが、日本リスク(人口減、年金問題、財政問題)などを踏まえ、2億円まで資金を殖やすには?」

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「Q&A」です。 個人それぞれが

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑