K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

積立投資はするに越したことはないし、まして「海外積立投資」の方が良いに決っている

こんにちは、眞原です。

今回は、資産運用初心者向けの資産運用方法について。

ズバリ、

・何も資産運用をしていない
・これから資産運用をしようと考えている
・100万円、1,000万円などまとまった資金を投資できない
・将来の年金が不安だ
・毎月貯金していても殖えないのでなんとかしたい
・まだ20代、30代で若いから投資(資産運用)なんてできない

という人向けの内容です。

上について1つでも、

「あぁ〜、そうだなぁー」

と思った人は、ズバリ簡単です。

「積立投資(Regular Savings)」から始めましょう。

なぜなら、

・月々少額からコツコツとできる(地味だが中長期で積み立てるので気がつけば資産形成に繋がる)
・今現在まとまった資金を持っていなくても誰でもできる(月収/年収から)
・まずはとりあえず積立投資を始めてみて、中長期なので資産運用やマーケットを学びながら資産形成に繋がる

などが理由です。

例え、いくらコツコツと貯金をしても、過去から現在の日本経済や社会構造を踏まえると・・・、

・20年続くゼロ金利で殖えるわけがない(デフレ下なので、実際は最も賢明な選択ですが・・・)
・少子高齢社会なので今後の年金受給額は殖える見込みは無くとも、減る可能性が高い
・可処分所得(≒手取り)は殖えないが、社会保険料や税金は上がるばかり

が続いてきているし、今後も続いていくと容易に想像できる中で、現在の20〜50代の働く現役世代もゆくゆくは「退職世代(年金受給世代)」に入るので、上記を前提に、現役時代から何かしら「準備」しておくに越したことはないのです。

それが「積立投資(Regular Savings)」

数ある積立投資の中で、且つ国内外の積立投資を多く見知って実践している私個人としても

なぜ「海外積立投資」が国内の積立投資や積立投資制度より優れていのか?

と聞かれると

「海外積立投資には自身の好みに応じた3つの選択肢があるから」

です。

その3つとは、

1.)変額プラン
最長25年満期、積立投資先ファンドのパフォーマンス次第で満期額が上下する海外積立投資(ただし満期まで最大毎年5%の金利付きで積立できる)

2.)元本確保型プラン
どれだけマーケットが暴落しようとも、最低でも15年後に140%、20年後に160%で満期償還を迎える海外積立投資

3.)3.5%金利保証プラン
15年間3.5%の金利が付く単純な海外積立投資

です。

海外積立投資は、ゼロ金利の預貯金や国内の積立投資や積立投資制度より、「殖える可能性しか」ありません

将来の年金プラスアルファとして、大きな資産を作りたいという人は↓

1.)変額プラン
最長25年満期、積立投資先ファンドのパフォーマンス次第で満期額が上下する海外積立投資(ただし満期まで最大毎年5%の金利付きで積立できる)

絶対に元本を減らしたく無い資金として準備したいという人は(例えば学資保険代わり、年金としてこれだけ最低欲しい)↓

2.)元本確保型プラン
どれだけマーケットが暴落しようとも、最低でも15年後に140%、20年後に160%で満期償還を迎える海外積立投資

単純に毎月日本円を預貯金するだけであれば、米ドル資産として(=インフレ対策として)少しでも金利が高い(3.5%が満期まで最低保証)↓、

3.)3.5%金利保証プラン
15年間3.5%の金利が付く単純な海外積立投資

と、自分の好みに応じて選んで始めるだけです。

もちろん、満期時をズラしたり、資金用途を分けるためにそれぞれのプランを組み合わせて海外積立投資をする方もいます。

※『海外積立投資入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

・・・それでも、殖え率が低い国内で積立投資をという方は、それまでだと思いますが・・・、

間違いなく、何かしらの「積立投資」を始めておくに越したことはないので、何もしていない人は、まず始めることが大事です。

【年金問題】こどもが産まれず、高齢者が増え、人口が減る日本社会で生き抜く方法





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

確実な0%を取るか、資産運用で3〜5%を目指すか〜老後資金準備について〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、退職後(老後)資

記事を読む

主観(勘違い)を排除する資産運用

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回の記事内容は個人投資

記事を読む

情報の非対称性と個人金融サービス

こんにちは、眞原です。 今日はごく当たり前の事を・・・。 どんなビジネスでも、サービスに

記事を読む

「貯蓄(資産形成)」が出来ない人が読んだ方が良い内容(欧州圏とアメリカの貯蓄事情比較)

こんにちは、真原です。 今年1月にオランダの保険会社INGから興味深いレポートが発行されていた

記事を読む

もう現行の「老齢年金制度(賦課方式)」は廃止にしませんか?〜年金受給開始70歳へ?〜

こんにちは、眞原です。 今回は、みんな必ず関わる「(老齢)年金問題」について。 まずは、

記事を読む

BDCプラス(為替ヘッジあり/なし・年4回決算型/年1回決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は12/8-15日にSMBC日興証券から新規募集

記事を読む

J-REITの官製相場第2弾!金融庁指導で今度は地銀が買い漁る!個人投資家は要注意!

こんにちは、眞原です。 今回は、J-REITに投資している個人投資家への情報です。 ここ

記事を読む

大口「投資の種(元手)」をつくるには?(これから資産を作る投資家がやるべき事)

こんにちは、K2 Investment  投資アドバイザーの眞原です。 今回は、資産運用初心者

記事を読む

目先の「上げ下げ」思考を止めて、パーセント(%)で考えよう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用初心者シリ

記事を読む

ニッセイAI関連株式ファンド(愛称:AI革命)為替ヘッジあり/なし

こんにちは、眞原です。 今回は2016年11月から運用されている「ニッセイAI関連株式ファンド

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑