K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

GS ビッグデータ・ストラテジー(日本株)

こんにちは、眞原です。

今回は2017年6/19から三菱UFJモルガン・スタンレー証券から新規申込ができる『GS ビッグデータ・ストラテジー(日本株)』の情報です。

(出典:三菱UFJモルガン・スタンレー証券 HP、以下同様)

もはや、ファンドの名前に流行りの「ビッグデータ」「AI」「IoT」「ロボット」と付ければ何でも売れると思っているのでしょうか・・・私は、こういうキャッチーさだけをウリにしている『テーマ型投資信託(ミューチャル・ファンド)』が大嫌いです(単なる証券会社と銀行の「セールスマーケティング」だけにしか思えない)。

確かに、新商品のキャッチーさがないと証券マンが「売れない」し、個人投資家が「(他のじゃ分からないから??)投資しない」という両側面がありますが、また同様に「キャッチーさ」があれば分かったような気になって、投資する個人投資家も多いというこれまでの結果が、証券マンや銀行員のこの「悪しき売りやすさマーケティング」に拍車を掛けていることでしょう。

さて、今回は「GS ビッグデータ・ストラテジー(日本株)」ですが、去る3月に同じような「米国株の投資信託(ミューチャル・ファンド)」を同じくこの三菱UFJモルガン・スタンレー証券が販売していたのを覚えている方も多いのではないでしょうか?

こちら↓

※GSビッグデータ・ストラテジー(米国小型株)Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)

この投資信託(ミューチャル・ファンド)の推移を見ると、最高値は10,600円(+6%)まで上昇し、その後直前では10,200円台と「賢いビッグデータ」を活用している割に、かもなく不可もなくで推移しているので、もし今回の「GS ビッグデータ・ストラテジー(日本株)」に投資する場合にも参考になる推移ではないでしょうか。

どのようなビッグデータを活用しているかと言えば・・・

大きく分けて、構造化データ(財務データ、株価、経済指標など)と非構造化データ(文章、音声、画像など)ということのようです。

今では1分間でこれ程のビッグデータ情報があるそうです。Facebookに投稿される写真:22万枚
Google翻訳:6,950万単語
YouTube投稿の新しい動画:400時間
InstagramのLike:243万回

※2016年、たった60秒間における世界のインターネットサービス利用状況〜グローバルテクノロジー産業の積立投資は必至?〜

とは言え「投資分野」に関連するビッグデータは限られるので、それらを下記のように分類して処理するのがこのゴールドマン・サックスの仕事(お手並み)というところでしょう。

個人投資家はそれを信じて資金を投じるかどうか、単にそういう投資信託(ミューチャル・ファンド)で、ファミリーファンド方式で運用されます(マザーファンドへの投資)。

そのマザーファンドの設定来パフォーマンスがこちら。

約16年間の運用における設定来の年間平均リターンで約4%で、ベンチマークはTOPIX(東証株価指数)。

もともと投資信託(ミューチャル・ファンド)なので、ベンチマークであるTOPIXを少しでも上回れば「良いファンド(と世間では評価されるファンド)」になります。日本ではベンチマーク以下の投信も多いので、そういうのは完全に「駄目ファンド(償還すべきファンド)」です。

一方、海外ヘッジファンド(オフショアファンド)は、基本的にベンチマークを設けず、絶対収益を上げる(投資家のリターンがどれだけ上がったかが評価対象)なので、運用方針や意気込みが当然違います。

最後に、この投資信託(ミューチャル・ファンド)の各テーマ(モメンタム、バリュー、収益性)で選ばれているマザーファンドのモデルポートフォリオを確認します。

誰でも知っている大手企業の名前が上位に組み入れられていますが、232銘柄でポートフォリオを組んで、過去12ヶ月の売買回転率は200%で売り買い運用をしているとのことです。

どうしてもこの投資信託(ミューチャル・ファンド)に投資したいという投資家が少ないと思いますが、このビッグデータが優れているかどうかを確認して投資するのであれば、運用開始からまず2〜3年んのトラックレコードを確認してからでも全く遅くないでしょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

ピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、K2 Investment のマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運用をし

記事を読む

三菱UFJ 優良日本株ファンド(米ドル投資型)2013-12(愛称:ダブルランナー)

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

グローバル金融機関ハイブリッド証券ファンド(為替ヘッジあり)2013-05

最新個別ファンド情報有料メルマガ(525円/月)はこちらから ↓↓↓ こんにちは、K2 I

記事を読む

明治安田グローバル高配当株式ファンド(毎月決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 投資信託(ファンド)で資

記事を読む

ピクテ新興国インカム株式ファンド(1年決算型・毎月決算型)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

グローバル・ヘルスケア&バイオ・ファンド(愛称:健次)〜TPP大筋合意によるバイオ医薬品関連企業への影響〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、既に運用開始され

記事を読む

三菱UFJ/AMP オーストラリアREITファンド<Wプレミアム・為替ヘッジなし>毎月決算型(愛称:コアランド)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

GSビッグデータ・ストラテジー(米国小型株)Aコース(為替ヘッジあり)/Bコース(為替ヘッジなし)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は3/21-4/6まで、三菱UFJモルガン・スタ

記事を読む

LVMH(ルイヴィトン)株の上場来高値更新とピクテ・プレミアム・ブランド・ファンド(3ヶ月決算型)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、パリ市場に上場していているLVMH(ルイヴィ

記事を読む

米国ライフライン好利回り債券ファンド(為替ヘッジなし・早期償還条項付)2015−07(愛称:要)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は7/1から三菱UF

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑