オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

2016年、たった60秒間における世界のインターネットサービス利用状況〜グローバルテクノロジー産業の積立投資は必至?〜

公開日: : 最終更新日:2017/04/21 海外積立投資

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は海外積立投資(や、他の積立投資でも)月々一定金額をドルコスト平均法を活用できる積立投資する際のポートフォリオに組み入れ検討をしておいた方が良いセクターについて。

※中長期投資家は積立投資の「ドル・コスト平均法」を活用しよう!/資産運用の基礎

さて、そのセクターとは??

それは、誰もが恩恵を受けている「グローバルテクノロジーセクター(インターネット関連)」です。

「おいおい、ネットバブルはもう終わったやろ!」というツッコミの声が聞こえて来そうですが、そこは敢えてスルーします。

確かに2000年代ドットコムバブルを経験している世代や投資家は敬遠しがちですが、実際この現状を見れば中長期での積立投資においてこのセクターは外せないなと感じるはずです。

もはや私たちの生活から切っても切り離せなくなっている、インターネットやネットサービス、そこからの波及効果(AI、IoT、VRなど)です。

ググる=個人投資家が用いるツールの1つ

少し余談ですが「検索する=ググる」という意味にもなっている「検索する力」は最低限重要な力だと思います(あとプログラミング)。

特に資産運用をしている個人投資家にとってインターネットは使うべきツールの1つです。短期トレードの方は尚さらでしょうけれど、弊社クライアントのように中長期投資をしている個人投資家も当然です。

私が個人的に感じている「検索が下手な人(情報の取り方が下手な人)」の特徴は、「検索ワードが1つ」とか「検索を1度しかしない」、「検索結果の一番上が正しい」、「検索結果が全て正しい」、「検索結果をもとに自分の頭で考えない=思考停止状態」という誤った検索の仕方や認識を持つ人のことです。

私が検索する場合は、最低でも2〜3回、そして日本語のみならず英語でも検索、Googleだけでなく他の検索方法も試す、公共情報との整合性を辿る、公共情報と検索結果の信ぴょう性や取捨選択を自分の頭で考える、ということを繰り返しています。その結果、世の中の矛盾に沢山気が付きますが・・・。

※自分の可能性を拡げるための三種の神器(ITスキル・語学・ファイナンス)/ふっと想う

話が逸れました、本題です。

2016年2月末時点で1分間の間にインターネット上で何が起こっているか?(EXCELACOM調べ)

Excelacomによるビッグデータ活用について、2016年2月末時点において発表されている内容ですが、ここに記しているのは「1分間(60秒間)」で世界のインターネット上で何が起こったいるか?についてです。具体的にはこれらのインターネットサービスの状況を示しているそうです。規模感を掴めるのではないでしょうか?

Emails Sent: 150 million(約1億5,000万メール)

WhatsApp: 20.8 million+ Messages(約2,000万チャットメッセージ)

You Tube: 2.78 million Video Views(約278万回動画再生)

Google: 2.4 million Search Queries(約240万回検索)

Vine: 1.04 million Vine Loops(約100万回繰り返し動画再生)

tinder: 972,222 Swipes(約97万回スワイプ)


Facebook:701,389 Facebook logins(約70万回ログイン)


Snapchat:527,760 Photos Shared(約52万回写真/動画シェア)

Twitter: 347,222 New Tweets(約34万回新規ツイート)


amazon: $203,596 In sales(約USD20万ドル売上)


NETFLIX:69,444 Hours watched(約69,000時間分)

Instagram:38,194 Posts to Instagram(約38,000写真のポスト)


Spotify:38,052 Hours of Music(約38,000曲の再生)

App Store: 51,000 App Downloads From Apple(Appストアから約51,000ダウンロード)

UBER:1,389 Uber Rides(約1,398回のシェアライド)


LinkedIn:120+ New Linkedin Accounts(約120新規アカウント作成)

あくまでビッグデータ上の数値なので、ここの数からユニークユーザーを算出すればもっと数が少ないと思いますが、これだけの数が1分間の間に「インターネット」に繋がっていると想像すると、本当にインターネット革命は凄いものだなとシミジミ感じます。

今後はAIやIoT、VRなどとの連携が加わるので益々身近になっていくことでしょう。

もちろんスピードが早いインターネット(グローバルテクノロジー)業界なので、今後ここから淘汰され、例えば倒産したりM&Aしたりと単独で生き残っていく企業は限られると思います。

現在、上記の企業の中にも株式公開していて投資している個人投資家も多いと思います。いち企業へ1,000万円なりを「上げる下げるに賭けて」短期投資するのはギャンブルにしかなりかねません。

個人投資家が考えるべきはそのようなギャンブル投資(投機)ではなく、このように中長期で伸びる可能性が大きな資産(セクターやインデックス)こそ、少額からでも月々一定金額を海外積立投資などでコツコツと積立投資しておくことで投資時期(タイミング)と資産分散(他のセクターへの投資)に繋がり資産形成になります。

世界的な時流を考えるとこれからも「グローバルテクノロジー企業(ITセクター)」は今後も益々強くなっていく(例えば、IoTやAI、VRなどITから他業種への波及効果が見込める)のは間違い無いでしょう。

 

(カバー写真:EXCELACOM)





海外積立投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

毎月の余剰資金から少額ずつ(100ドルから)の積立をしていくことで、ドルコスト平均法と複利運用を使った資産形成をすることができます。
海外積立投資には以下の4つの種類があります。

  • 最高5%上乗せボーナスを最初にもらった上で、200本のオフショアファンドで積立
  • 10年後(満期)に100%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 15年後(満期)に140%の元本確保をした上で、S&P500で積立
  • 20年後(満期)に160%の元本確保をした上で、S&P500で積立

関連記事

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

住宅ローン35年支払いと海外積立投資25年(キーワードは「月々コツコツの積み重ね」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「人生を中長期で考

記事を読む

投資初心者にとって株式投資=資産運用ではない理由と「積立投資」をした方が良い理由

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は、資産運用基礎シリーズ。 毎日相談頂く中

記事を読む

だから中長期ドルコスト平均法で海外積立投資!資産ごとの騰落率を確認!(2007年〜2016年)

こんにちは、眞原です。 今回は、月々ドルコスト平均法と複利運用を活用して海外積立投資をしている

記事を読む

ザ・2020ビジョン・コモンズ投信(若い世代にとって「積立投資」は必須の資産運用方法)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「積立投資」の情報

記事を読む

米国のクレジットカード債務残高が過去最高を更新からの影響

こんにちは、眞原です。 今回は気になるニュースを取り上げます。 米国での6月クレジットカード

記事を読む

コモンズ30ファンド・コモンズ投信

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用の初心者や

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

インド株資産を海外積立投資で積立投資する理由

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、インド株式(SENSEX Index)状況に

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑