ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

【財政問題】「国債」がリスクウェートゼロで無くなるかも!?(金融機関へのダメージ)

公開日: : 財政問題

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回のブログでは、日本のメディアではほとんど取り上げていない『国債のリスクウェートに関するルール変更(予定)』についてです。個人投資家に直接は関係無いものの、今後のルール改定によって日本国債への影響もあるのではと考えられます。

Screen Shot 2015-03-11 at 17.39.58(日経新聞)

さて、日本人にとって、2014年12月に米国格付会社ムーディーズ(Moody’s)が消費税増税の延長を理由に日本国債の格付けを下げたのは記憶に新しいですね。ただ、この背景の思惑は財務省からの圧力があっただとか、Moody’sシンガポールの担当者の考えがお塩押されただの、色々と噂されている格下げ騒動だった訳ですが・・・。

それはさておき、とりあえず現状の日本国債の格付け水準は上で確認した通りです。(A1)格付けが全てとは全く考える必要はないものの(サブプライム問題の時に誰もが学んだこと)1つの参考指標にはなる訳です。

(分かりやすいように乱暴に説明しますが)現在、国際的な銀行のルール上「AAA〜AA格付け国債と自国通貨建ての自国国債を保有する場合」は「債務不履行(デフォルト)に陥らないもの」=「リスクウェート・ゼロ」という国際的な銀行のルールを元に保有していたり、売買されたり、発行されたりしています。(だた、債務不履行に陥っている国債は歴史的に幾つもあります。)

この場合、金融機関(銀行)はそれこそ多額の国債を保有していても、自己資本を積む必要がありません(リスク資産を持っている訳では無いからですね)。

が、しかし!

新しいルールの枠組みが今徐々に構築されようとしていて、特に欧州圏では「このリスクゼロという定義を見直ししよう!(つまり、国債もリスクあるんだよ!)」というルール改定に意欲的になっているのです。確かに欧州債務危機の問題などが経済の足かせになっている欧州なのでこの議論は良く分かります。

ただ!実は既に欧州だけではなく、国際的な枠組みとして「お〜、いいね!リスクゼロからルール変更しちゃおうか!」というような流れになっているのです。

さてさて、前提が長くなりましたが・・・
個人投資家にどう関係あるの?ということですが、まず「日本国債」を持っているのは「日銀」「GPIF(年金基金)」「ゆうちょ銀行、三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、みずほ銀行や地銀など邦銀=預貯金をしている国民のお金」などです。

こういう邦銀は日本国債の保有比率を減らしつつありますが、まだ大量に抱えている訳です。今はリスクウェートゼロですし。

ただ、これがルール変更によって、金利上昇圧力に繋がる可能性があるので(国債価格下落=円安=インフレ=円価値目減り=銀行への不信=取り付け騒ぎ)、個人投資家にとってアタマを抱えるルール改定に繋がりかねないというのがあります。

日本人は、日本(政府や円の価値)を信用しているからこそ、ゆうちょ銀行やメガ邦銀行にお金を預けていますが、ゆうちょ銀行やメガ邦銀はその預かっているお金で日本国債を買っている訳です。その「日本国債がマイナスになるかも知れないという可能性=銀行システムそのものへの波及懸念がある!」という時点で、今回のルール改定は個人投資家にとって見逃せないものなのです。

資産を守る上では、通貨分散(外貨資産への分散)やオフショア資産管理口座スイスプライベートバンクの活用など「分散」の観点が重要です。

何事も一極集中は「高リスク」ですよ!


あなたの資産運用を無料診断(所要3分)

↓↓↓

リアルタイム無料コンサルティング



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

各国予算別比較!止まらない日本の少子高齢化!社会保障費増大には増税と国債発行で対応しゆくゆくはマイナンバー制度で資産把握から・・・?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のテーマは財政問題に

記事を読む

仮に日本が破綻した場合に困る人、困らない人(「日銀破綻で日本円が無価値になるリスク」)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は日本の「財政問題(

記事を読む

タンス預金が3年で30%増加の理由は財政問題(将来の増税)とマイナンバーでの資産把握

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「タンス預金増加」のニュースについて。

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

ギリシャがデフォルトすると、投資している投資信託はどうなるか?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はギリシャがデフォル

記事を読む

ギリシャ債務問題は根本的に未解決で単にギリシャ国民の生活が苦しくなるだけ。日本人個人投資家は資産防衛としてギリシャ問題を反面教師に捉え始めている。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ギリシャ問題は毎週のよう

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

ギリシャ国民投票の答えは「OXI=NO」で61%(暫定)!ユーロ圏離脱は待ったなしか?

こんばんは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 暫定ですがギリシャ国民投

記事を読む

ジンバブエのハイパーインフレは5,000億%!貨幣が無価値になるハイパーインフレの怖さ。

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は『ジンバブエのハイ

記事を読む

追加の社会保険料率0.1%で「こども保険」実現へ?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「資産運用(投資)と社会事情の関係」です。

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑