K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

トランプ大統領演説を終え今後の米国やグローバルマーケットや為替動向や日本の事情をどう考えるか?

公開日: : 最終更新日:2017/03/02 マーケット(世界), 投資と社会事情の関係, 為替マーケット全般

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。

今回は世界(米国)マーケットに関して。

日本では3月に入り2017年も2ヶ月が終了したところですが、日本時間本日朝11時に(米国時間夜2/28)トランプ大統領の演説があり、1月の大統領就任前後からのトランプ大統領の方針やトランプ政権の方向性を確認する上で、マーケットでは身構えられていました。

※全投資家注目の2017年1月20日!いよいよトランプ米大統領&政権誕生!/マーケット(世界),投資と社会事情の関係

<演説時のトランプ大統領の様子>

(出典:REUTERS)

演説をオンタイムでも確認していましたが、結論から言うと、

無風!いつもの過激発言は無し、今後の展開がまだ読めない!

と若干の肩透かしを食らった内容でした(そして、個人的には、いつもトランプ大統領が締めている真紅やブルーのパワータイと違って(敢えて?)ブリテッシュ系(=左から右下に流れる)のストライプタイをしている事に驚きました)。

さて、演説内容では、まずは1月の就任から40日間の実績として、

・米国株式(株価)の上昇と高値更新
・環太平洋連携協定(TPP)離脱

などについて述べ、さらに改めて言及したのが、

・総額1兆ドル規模のインフラ投資計画
・中間層減税、法人税減税を含む税制改革の実施
・米企業によるパイプラインの建設
・オバマケア(医療保険制度改革)の見直し
・移民
・メキシコ(南)との壁建設
・国境警備強化
・ISISへの壊滅を目指す
・自由貿易を認めつつ、フェア貿易を行う

など幅広〜くアレコレと言及はしたものの、

マーケットとして完全にノーサプライズで、特にこれらの優劣にも言及がなかったので「詳細を語らず仕舞い」だったという演説内容でした。

ただ、むしろ今回のトランプ大統領の演説は

大統領らしく、分断の危機にある米国民の団結を促す狙い、共和党民主党の協力の呼びかけ、同盟国への支援を約束、人種差別や偏見を非難

といったこれまでの「悪いイメージが(メディアによって??)先行していたトランプ大統領像」の払拭に努めたという感がありました。

私も、選挙前や大統領主任後もトランプ大統領のインタビューや演説数多く見てきましたが、今回の上下両院合同本会議を見ながら、

「あれ?トランプ ”大統領” っぽくなっている!」

正直感じました(これまでの雰囲気と若干ポジティブな意味で違う様子でした)。

結果、東京株式マーケットでも他のアジア市場でも「詳細を語らないトランプ大統領演説」によって方向感が出ないマチマチの動きとなり、目先は今晩の米国株式がどのように推移するのか?という点に注目が集まります。どのマーケットでも演説内容からトランプ政権の方針は読みきれないという具合でした。

また為替市場では、ややドル買い優勢という状況でした(今回のトランプ大統領演説よりもむしろ、米国利上げ観測によるドル買い意識の方が強いかも知れません。)

<3/1 各為替5分足チャート>

(出典:REUTERS 一部加工)

マーケットで懸念されていた「過度な保護貿易」に関する言及もなく、非常に先が読み辛い状況です。

また、日本の国防やグローバルに影響を及ぼす「外交政策」についても特に目立った言及がなく、これから日本や各国外交も活発化していくことでしょう。

それでも注目すべきだったのは、特にインフラ投資に関してトランプ大統領が声高に言った、

“Buy American, Hire American(アメリカ製品を買い、アメリカ人を雇用する)”

という決まり文句は無視できません。

3月にはまだ大事な予算教書の発表が控え、経済教書(大統領経済報告)なども控え、4月末には100日計画が終えるので、もしこの頃までに具体的な方針が出てこなければトランプ政権そのものに肩透かし感が帯びてくるからです。

まずは今後の予算教書の動向と議会とトランプ政権の折り合いに注目が集まりそうです。

これまで矛盾に満ちたトランプ政権の方針が多い中で米国株式3市場(NYダウ、S&P500、Nasdaq)は最高値更新とさらに上昇基調にあり、またトランプ政権の方針も然ることながら、米国利上げ期待で米ドルも高くなる(米ドル高要因)が待っています。

日本人個人投資家はまだ不透明な米国方針確定前そして利上げ前の状況なので、早めにこれらの資産(S&P500指数や米ドル資産)へ分散投資しておく方が良いでしょう。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

J-REITの官製相場第2弾!金融庁指導で今度は地銀が買い漁る!個人投資家は要注意!

こんにちは、眞原です。 今回は、J-REITに投資している個人投資家への情報です。 ここ

記事を読む

輸出企業の円安ドル高予測を参考にして、個人投資家も円安ドル高による「円資産目減りリスク」に備えよう!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 特に今週のグローバルマー

記事を読む

現実的に言うと消費税10%以上は既定路線、それでも老後はやってくる!だからこそ現役時代からコツコツ積立投資で備えましょう

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、日本に住む日本人

記事を読む

大好きな人との「デート代」がかさむ国&都市ランキング

こんにちは、眞原です。 今回は、海外情報と物価感覚を磨く情報。 海外居住者でも、海外中長

記事を読む

レアルに投資している個人投資家は注目!ブラジルが09年以来の最大の利下げ実施(11.25%へ)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、ブラジル・レアルの情報です。 ブラジル

記事を読む

老後資金は積立投資で確保しよう!安倍政権下になってようやく実質賃金が速報ベースで増加(見せかけの賃金上昇から脱却?)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「5年ぶりに2016年の実質賃金が増加した」と

記事を読む

もし某国のミサイルが日本本土の特に都市圏や原発に落ちたならば(日本株、日本円、日本国債の動きは?)

こんにちは、投資アドバイザーの真原です。 今回は「もし、〜たら、ればという妄想カテゴリ」です。

記事を読む

最も少子高齢化社会の日本で暮らす20代−70代の意識の違い(世代間格差)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事内容『世

記事を読む

6月に中国の億万長者の純資産資産が4兆円吹き飛ぶ!また、20社以上の株が売買停止状態!それでも終いには自宅を担保に信用取引が可能になった中国の株価対策!!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 ギリシャ問題と7/5の国

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑