ただいま海外積立投資ボーナスキャンペーン中

超富裕層(個人資産5,000万ドル(約55億円)以上を持つ人たち)はどこに住んでいる?(GLOBAL WEALTH REPORT2016)

公開日: : 日本人の富裕層資産運用情報

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は「超富裕層の実体」について。

CREDIT SUISSEが出しているGLOBAL WEALTH REPORT2016によると、全世界で約14万900人の成人が個人資産で5,000万ドル(約55億万円)以上を持つ超富裕層と言われる人に分類されています。

超富裕層の住むエリアと国は?

彼ら”超富裕層”がどこに住んでいるか?を細かく分類すると、

<Ultra high net worth individuals,2016:Top 20 countries>
%e8%b6%85%e5%af%8c%e8%a3%95%e5%b1%a4%ef%bc%88%e5%80%8b%e4%ba%ba%e8%b3%87%e7%94%a35000%e4%b8%87%e3%83%89%e3%83%ab%ef%bc%88%e7%b4%8455%e5%84%84%e5%86%86%ef%bc%89%e4%bb%a5%e4%b8%8a%e3%82%92%e6%8c%81(出典:GLOBAL WEALTH REPORT2016)

北米:73,400人(52%)
欧州圏:29,800人(21%)
アジア太平洋地域(中国、インドを除く):18,800人(13%)

国別の人数でカウントすると、

米国:70,400人(+500人/対2015年)
中国:11,000人(+640人)
ドイツ:6,100人(+500人)
イギリス:4,700人(−700人)
フランス:4,100人(+600人)
日本:3,600人(+1,000人)
イタリア:3,300人(+400人)
カナダ:2,900人(+100人)
大韓民国:2,500人(+200人)
インド:2,300人(+100人)
その他

世界中で見ても、北米(米国)が52%と圧倒的な数の超富裕層が住んでいることが分かります。

そして、中国の超富裕層人口も爆発的に増加し、今後も増加傾向にあるというのは周知の事実です(既に「富裕層人口は1億人を突破している」との情報もあります。つまり、日本全人口よりも中国人富裕層の方が多いということです)。

 

超富裕層の資産はどのように管理/運用されている?

もともと彼らの多くは自らでビジネスをしていたり、また一族代々の資産を継承し今後も継承していくなど「資産を築いた理由」は様々ですが、結局は彼ら超富裕層には「資産を守り継承していくために相談できるアドバイザーやプライベートバンカー」が黒子として側にいるというのは間違いありません。

※自分の側にアドバイザーがいる人いない人(資産家にはアドバイザーが必ずついている)/投資アドバイザー

当然、歴史があるスイス本国のプライベートバンクは独自の資産保全の方法を提供できるからこそ富裕層や超富裕層もスイスプライベートバンクを活用しています(※日本の証券会社や銀行でいう「プライベートバンキング業務」はグローバルで比較すると「全く別物」(例え「外資系」と呼ばれている銀行であっても))。

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

上のレポート内で日本を確認すると、対2015年では日本の増加数が目立っていますが、これは単なる「為替の影響だけ」であって実際の「富そのもの」は増加していないとレポートで指摘されています。

加えて、金融資産や不動産価格も大きく増加している訳ではなく、今後の「富の推移」の見通しとしてはネガティブな見方がされています。

今後も伸び悩む日本経済のもとでは、日本の超富裕層、富裕層も「資産の保全方法」「殖やし方」を再考、修正していく必要があるでしょう。



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

今月限定!国内で最グローバル銀行サービス提供中のSMBC信託銀行(旧Citibank)で為替手数料無料!

こんにちは、眞原です。 今回は、珍しく日本の銀行を取り上げてみたいと思います。 日本国内

記事を読む

「休眠預金(銀行で動いていない口座)」が国に活用(?)されるらしい

こんにちは、眞原です。 タイトルの通り、 政府が「休眠預金口座(金融機関に預金として預け

記事を読む

米宝くじパワーボール賞金額は6億5,000万ドルに(約708億円)!

こんにちは、眞原です。 今日は、ふっと想うシリーズ。 ”あぁ、楽してお金持ちになれないか

記事を読む

節税意識の変化、今後の富裕層は日本国籍(パスポート)を変更していくか?

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は、富裕層課税と節税と生き方について。ちょうど昨晩、

記事を読む

貧乏な家庭に生まれると貧しく死ぬ現実(親の社会的地位と教育と教育資金)

こんにちは、眞原です。 本日のBloombergで興味深いコラムが取り上げられていたので、私の

記事を読む

超富裕層と資産課税や富裕税(海外資産保有や資産フライトへのモチベーション)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「富裕層」情報。

記事を読む

スイスプライベートバンカーと語らった流行りのロボアドバイザーとビットコインと2017年経済

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は「スイスプライベートバンカーとの語らい」から得

記事を読む

「マイナンバー」+「共謀罪法(嘗ての治安維持法)」=「個人資産没収を強行可能にする最終奥義」

こんにちは、眞原です。 今日という日(2017年6月15日)は、今後日本の歴史を振り返る時にタ

記事を読む

7月1日14時東京にて「お金を増やすため・貯めるための7つの方法」セミナー開催

こんにちは、真原です。 今回は「7/1東京セミナー開催」について。 (出典:The Tele

記事を読む

国税庁が指摘した2014年の海外資産相続申告漏れ件数は177件!海外資産(預金、株式、不動産、オフショアファンド)を持つ人は必見!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、海外資産(預金、

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑