K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

神の見えざる手を無視した、中国共産党の見えざる手!中国公的年金の株式投資を解禁で株価を押し上げか!?

公開日: : マーケット(世界)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

ギリシャ問題に揺れるグローバルマーケットですが、中国市場も忘れてはいけません!

中国株、バブってますよ!というのは、以前のブログ記事で情報を発信している通りなのでこちらをチェック↓

※中国株(上海市場・深セン市場)はバブル??高値を追う2つの要因。/マーケット(世界)

とうとう中国公的年金に株式投資を解禁した中国共産党

Screen Shot 2015-06-30 at 12.33.04(出典:ロイター)

現在、中国の株式市場(上海市場)は世界第2位の市場規模(990−1000兆円)です。その株式を売買している多くは、8,000万人を超える中国個人投資家ですが、彼らは信用取引も駆使して回転売買をしています。イメージしやすく言えば、日本人全体の70%のあたる人口の個人投資家が売買しているということです。(日本人は1億2,000万人)個々人の無茶苦茶な思惑で売買されているのが容易に想像できますね。

上海総合市場の値動きがこちら。

Screen Shot 2015-06-30 at 12.29.33直近はたった2週間で5,200ptを付けていた上海総合指数が、4,000pt台へ約30%急落しています。イメージしやすく言うと20,000円台の日経平均株価が2週間で14,000円台になるということですね。

そんな株式市場に対して、中国共産党がいよいよ中国公的年金に対して株式投資を解禁するようです。とは言え、その額は1兆元(=16兆円)なので、市場規模からすればたかだか1%ちょっとなので大きなインパクトがある訳ではありません。ただ上で確認したほど値動きが荒くハイリスク・ハイリターンな市場に「公的年金マネー」を入れてくる(=株価押し上げを図りたい思惑)というのは、アダム・スミスが言った「神の見えざる手(invisible hand of God)」ならぬ、中国共産党の見えざる手と表現したくなります。

中央銀行、年金基金の総力戦で株価を支える構造は日本も同じ

同じような構造で株価の押し上げを計っているのは、我らの日本株式市場です。

Screen Shot 2015-06-30 at 13.06.48日本の場合は、日銀(中央銀行)、GPIF(公的年金基金)、ゆうちょ銀行という「3頭の鯨」の巨大マネーが流入しています。危険なのは中央銀行による買い支えでしょう。米国も欧州も中央銀行は「株式などのリスク資産へは投資していません」。満期がある債券ではないので、安く買って高く売らない限りマイナスになるというのが株式です。そんな資産を買い漁っている「日本円」を発行する日銀の今後のバランスシートが心配です。

中国市場はバブル?

歴史的に「バブル」とは崩壊した後に振り返ってみて「あぁ、あれはバブルだったのか・・・」というのが常です。現状においては「バブルではない」と思っている人が多いからこそ高値を追えますが、いつか必ず「そろそろマズイのでは?」という人が増えてその数が増えれば増えるほど「売り圧力」になって指数が暴落していきます。ハイリスク・ハイリターンな株式資産に資金が偏っている個人投資家は要注意の黄色フラグが立っている事に気付いているでしょうか?

とは言え、このようなハイボラティリティであるからこそ、それこそ月間10%や年間20%など大いにリターンを上げるヘッジファンド(オフショアファンド)が多くなるので、オフショアファンドに投資している個人投資家は特に6月以降の運用に期待ではないでしょうか。



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

強気派が多数の2018年の世界経済見通しと海外積立投資の投資先

こんにちは、眞原です。 今回は世界マーケットについて。 例えば海外積立投資でポートフォリ

記事を読む

野村證券発表、2017年のマーケット・リスク(グレー・スワン)10項目

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)情報で、野村證券による「グレ

記事を読む

ハンバーガー1個=18,000円、ホテル1泊=75万円!経済危機下のベネズエラ(通貨暴落(ハイパーインフレ))

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は、世界マーケット(

記事を読む

世界経済成長エンジンのシフト!新興国資産を持っている投資家がすべき米国利上げへの備えとは?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「マーケット(世界

記事を読む

今、アナタが備えるべき政治/経済的 ”3つのブラック・スワン(予期せぬ破壊的リスク)”

こんにちは、眞原です。 今回は、私の勝手な予測シリーズ(妄想と危機管理意識に近いか?)。

記事を読む

S&P500指数が最高値更新を再びトライへ!(積立投資の優位性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 米国株式市場でS&

記事を読む

徐々にマーケット・クラッシュを期待し始める投資家(逆張り思考)

こんにちは、眞原です。 今回は、中長期資産運用の基礎の考え方について。 特に海外積立投資

記事を読む

投資家(インベスター)にとっては、高い低いと考える主観は不要

こんにちは、眞原です。 突然ですが・・・ これを見てどう考えますが? ”高い!

記事を読む

米国「政府機関閉鎖+債務上限引き上げ失敗」と「メキシコ国境に壁を作るか」のチキンレース?

こんにちは、眞原です。 明日から9月ですが、どうやら9月のグローバルマーケットは「荒れそう」な

記事を読む

米国利上げ観測と中国経済の関係〜世界各国GDPの観点から海外積立投資で中長期投資を心がける〜

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はマーケット(世界)

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑