オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

日興レジェンド・イーグル・ ファンド(毎月決算コース)への投資はどうしょうか?

公開日: : SMBC日興証券

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回は既に運用開始から7年目に入る投資信託(ミューチャル・ファンド)「日興レジェンド・イーグル・ ファンド(毎月決算コース)」の情報です。

(出典:Amundi 交付目論見書)

SMBC日興証券から販売されています。

早速、状況から確認します。

日興レジェンド・イーグル・ ファンド(毎月決算コース)の状況

日興レジェンド・イーグル・ ファンド(毎月決算コース)
(出典:Amundi 月次レポート(以下同様))

【基準価額】11,590(2017/1/24)
【純資産総額】約775億円
【分配金累計額】5,700円
【分配金/月々】100円

という状況です。

2011年から運用されているので6年間のトラックレコード(運用期間)があり、中長期投資をしている個人投資家も十分見直すタイミングに差し掛かっている投資信託(ミューチャル・ファンド)です。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)の特徴は大きく2つ。

<特徴>
・世界の割安株への投資(ファンド・オブ・ファンズ)
・金資産(ETF、金関連株式)jへの投資

そもそも、投資信託(ミューチャル・ファンド)が「割高な株」に投資する訳もないので「割安な株に投資する運用」というのは当然の運用方針です。

具体的なこの投資信託(ミューチャル・ファンド)が投資しているマスターファンドの投資上位銘柄(134銘柄)がこちら。

<組入上位10銘柄>

そして、具体的な投資先(ポートフォリオ)がこちら。

<資産配分&通貨配分>
<資産配分>
・米国株式:35%
・欧州株式:12%
・日本株式:11%
・金関連:9%
・現金/その他:24%

とグローバル割安株式への投資というのが分かります。

さて特徴の2つ目に挙げている「金資産」というのは、資産配分上の金関連(9%)に当たるもので金のETFや金関連株式への投資比率があるということです(※現物の金を保有している訳ではない)。

なぜ「金資産」を持つと良いのか?

についてですが、株式や債券などとは違う動き(相関性が低い)からです。

この投資信託(ミューチャル・ファンド)としては、リスクヘッジに用いています。

また「ゴールド(金資産)」を持っておいた方が良いもっと深い理由については併せてこちらも読んでみてください↓

※戦争(有事)、ハイパーインフレ、資産課税、デノミネーションからの「資産防衛方法」とは?(「タンス預金?米ドル?金?」)/資産運用Q&A

結局、見せかけの分配金&パフォーマンス

2011年から6年間運用されてきて、単純に分配金込みの年間平均リターンとしては約9.4%と悪くない水準でしょう。

ただ、月々の分配金100円は実質月々のリターンから出されているものではなく単に過去のリターンからの取崩しでしかないので、リターンが上がらない以上は基準価額の下落要因となり続けます。

加えて、この投資信託(ミューチャル・ファンド)は運用が上手くはありません

<騰落率(マスター・ファンド(米ドルベース))>

参考指標としてMSCIワールドインデックス投信との比較がありますが、運用開始以来の中長期であれば、MSCIに投資している方が良いパフォーマンス結果だということです。

言ってしまえば、インデックス投信はコストも安いですし、正直インデックスのパフォーマンスに負ける投資信託(ミューチャル・ファンド)の存在意義はないので、個人投資家は投資すべきではありません。

まとめ:

既に運用開始から6年が経過し、一応利益確定ができる時期ではあるのでダラダラとこのまま下がり続ける可能性や上がる??可能性のを待つのではなく、利益確定や損切をしても良い時期に差し掛かっています。

まして、「分配金が出ているから!」「分配金が欲しいから!」という理由だけで投資し続けるのは絶対に止めましょう(分配金は利益ではない!)。

もしこの投資信託(ミューチャル・ファンド)に拘るのであれば、違うコースの「資産成長型」の方がまだマシです。

ダメなファンドはダメなので、切り替える選択をするのも個人投資家の投資判断です。

もし今投資している投資信託(ミューチャル・ファンド)を見直したい(利益確定/損切したい)とご相談したい方はこちらからどうぞ↓

直接相談はこちら(無料)

 



オフショア投資入門書(マニュアル)を
無料進呈します

オフショア投資とは:日本には入ってこない海外の金融商品に直接投資をすることをいいます。それらのファンドが主に税金のかからない国(オフショア)に登記されているのでオフショア投資と呼ばれています。

過去10年間に渡り年間平均10%以上のリターンをあげている海外の投資情報を、実名を用いて載せています(日本には存在しないファンドです)

関連記事

フィデリティ・スリー・ベーシック・ファンド(愛称:水と大地とエネルギー)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

no image

アシュモア新興国短期社債ファンド(毎月分配型・資産成長型/為替ヘッジありなし)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

スマート・ストラテジー・ファンド

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

日興ロックフェラー・グローバル・エクイティ・ファンド

ランキング投票(クリック)お願いしますm(__)m ↓↓↓↓↓ にほんブログ村 こんにちは

記事を読む

アジア・ハイ・インカム・ファンド・円コース(資金流出ランキング3位)

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回は資金流出ランキング3位だった<アジア・ハイ・イ

記事を読む

グローバルAIファンド(賢い個人投資家は証券会社の投信販売の「テーマ」に飛びつくべからず)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は8/25-9/8ま

記事を読む

GS米国成長株集中投資ファンド(毎月決算コース・年4回決算コース)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

日系企業海外債券ファンド(為替ヘッジあり)2015−05 単位型(愛称:日本晴)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログは、現在(5

記事を読む

日興・アシュモア・グローイング・マルチストラテジー・ファンド(愛称:ネクスト・スター)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーのマハラです。 投資信託(ファンド)で資産運

記事を読む

シュローダー・アジアパシフィック・エクセレント・カンパニーズ(アジア太平洋地域への投資)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は2016年6/20

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑