オフショアファンド&海外積立投資 ただいまシルバー会員無料キャンペーン中

日本も2018年からCRS開始で海外銀行口座情報が共有されていきますよね?

公開日: : 最終更新日:2017/04/21 資産運用Q&A

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。

今回はQ&A形式。

<Q.>(2016.10月時点 男性)

CRSに署名している国や地域はもう締結済みで、情報の自動提供を回避する方法はないのでしょうか。
実は私はこの数年で海外FXで100万ドル以上の利益をだし、その資金をキプロスやラトビア、セントグレナディーン等のオフショアといわれる銀行に預けております。情報開示がすでに締結済みで事実だとすれば、税務調査及び多額の追徴が請求は免れないでしょうか?

<A.>

(私は税の専門家ではないのでアドバイスはできませんが、一般的な公開されている情報を改めてまとめてお伝えすると)、

まず◯◯さんが日本の居住者(住所がある)である場合には、◯◯さんが各国で保有されている銀行口座情報も2018年からOCED加盟国のCRS(共通報告基準)に則って自動的に情報交換が始まります。

実際、情報交換が開始されてからどのような措置が取られていくかは現時点では分かりませんが、どこの先進国も課税強化に動いているので、CRS発行後には◯◯さんにも何かしらでお尋ねが来る可能性もあるかも知れません(恐らく◯◯さんのような状況の方も多いはずなので一定の取締りはあるのではと想定しています)。

関連するブログ情報は下記をご参照ください。

※2018年開始のOECD諸国の情報交換制度〜HSBC香港口座などの海外銀行口座を持つ日本人は要注目〜/制度・規制・法律・金融政策

※日本も2018年に発動、海外口座の多国間情報交換制度(海外資産の丸裸政策)−Automatic Exchange of Financial Account Information in Tax matters- / 制度・規制・法律・金融政策

※国税庁が指摘した2014年の海外資産相続申告漏れ件数は177件!海外資産(預金、株式、不動産、オフショアファンド)を持つ人は必見!/富裕層情報

CRSを批准していない米国の銀行口座へ資金を移されるという話も耳にします。

また、海外口座、オフショア資産管理口座、スイスプライベートバンク口座についてはこちらも併せてご確認ください↓

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』動画はこちら↓

※『オフショア資産管理口座入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

 

※『スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

 

※『海外口座入門書(マニュアル)』のダウンロードはこちら(無料)

投資アドバイザー
眞原

(カバー写真:OECD)



スイスプライベートバンク入門書(マニュアル)を無料進呈します

日本のプライベートバンクではありません。
本場スイスの本物のプライベートバンクを開設するノウハウをまとめました。

日本という地政学的リスク、破綻リスクから大事な金融資産を逃避したい、5000万円以上を世界トップの資産運用で増やしたい、という方はご一読ください。

関連記事

損保ジャパン・グローバルREITファンド(毎月分配型) について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回のブログ記事

記事を読む

「野村日本ブランド株(米ドルコース)への投資」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は資産運用Q&

記事を読む

「世界優先証券ファンド」とはどのような商品ですか?

<Q.>(5/22) 「世界優先証券ファンド」とはどのような商品ですか?初心者です

記事を読む

「グローバル・ソブリン・オープン(毎月決算型)を解約すべきかどうか?」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は1997年から実に

記事を読む

【資産運用Q&A】資産運用は何から始めれば良い?(20代半ば女性・初心者)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は『資産運用Q&

記事を読む

「アジア好利回りリート・ファンドの分配金」について

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A形式

記事を読む

老後資金に向けた「フィデリティ・USリート・ファンドB(為替ヘッジなし)と日興グラビティ・ヨーロピアン・ファンドの売却時期」について

<Q.>(2015年5月) 虎の子の老後資金を少しでも増やそうと証券会社のいうままにあれこ

記事を読む

「野村ドイチェ・高配当インフラ関連株投信(米ドル)毎月分配型からアライアンス・バーンスタイン米国成長投信Dコースへの乗り換え」は良い?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&A方式

記事を読む

『野村證券から様々な商品を熱心に勧めれていますが、1,000万円程度をどのように分散して運用すべきか分かりません』(女性)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は実際に頂いたご相談

記事を読む

野村證券から投資信託(米国バリュー・ストラテジー・ファンド Aコース/Bコース)を勧められています。

こんにちは、投資アドバイザーの眞原です。 今回はQ&Aです。 それでは早速みてい

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑