K2 Partners ビジネスパートナー募集中。証券マン、保険マン、FP、会計士、不動産コンサルタントなど

人民元(CNY)が対ドルで5年ぶりの安値圏へ(今後、アジア通貨も連安リスク)

公開日: : 為替マーケット全般

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。

今回は為替「人民元(CNY」のついて。

人民元(CNY)が対ドルで5年ぶりの安値圏へ(今後、アジア通貨も連安リスク)1(出典:REUTERS)

個人投資家であれば「アジア諸国へ投資している投資信託や債券」への影響があるので要確認ですし、アジア諸国でビジネス展開をされている経営者の方は、ビジネス動向(現地通貨の価値動向)にも関わってくると思います。

まず、2015年からの中国人民元(CNY)の話題についてはこちらでサラッと確認してください。

※サプライズ!!2日連続で中国人民元の切り下げが!米国の利上げに暗雲立ち込める?賢い個人投資家の選択肢は?? / 為替

本日、中国人民銀行(中国の中央銀行)が公表した人民元の基準値は1ドル=6.5693元で、これは2011年3月以来5年2ヶ月ぶりの安値圏ということです。

<USD/CNY 5年為替チャート>

人民元(CNY)が対ドルで5年ぶりの安値圏へ(今後、アジア通貨も連安リスク)

特に上のブログ記事でまとめた頃(2015年8月)に人民元の切り下げが2度行われ(チャート上では直角に人民元安にブレている頃)、その後も米国利上げ見込みやこれからの追加利上げ期待などを織り込む形で「ドル高人民元安」が進んでいる状況です。

また、2015年末に人民元がIMFのSDR(特別引出権)に採用されたことも記憶に新しいですが、

※2016年は中国発の為替ショックが発生か?(人民元、SDR採用のまとめ)/為替

今後、人民元は米ドルやユーロや日本円などの複数通貨(バスケット)に連動するような為替の動きを目指しているので、今のように米ドル高人民元安の基調は踏襲されていくようです。

そして継続して人民元安になっていくと、他のアジア諸国(ASEAN諸国)への影響としてはネガティブに働いてきます。

なぜなら特に中国を対輸出国として付き合っているアジア諸国にとっては、自国通貨が人民元同様に通貨安になっていく傾向が強く(連れ安)、通貨価値目減りや国内のインフレ傾向(通貨安による悪いインフレ)が発生しやすく注意が必要になるからです。まして、まだまだ財政基盤がしっかりしていないアジア通貨は売りを浴びやすくなることも念頭に置く必要があります。

つまりこれらアジア新興国資産(アジア通貨、アジア国債など)に投資している個人投資家は要注意ですね。

当面は緩やかな「ドル高人民元安」との見方が大きいですが、これまで以上に人民元の推移は無視できなくなってくることでしょう。

〜併せて読みたい〜

※香港において、香港ドルが消滅して中国人民元が取って代わる日がいずれ来る?/HSBC香港・海外口座活用

(カバー写真:REUTERS)



海外口座入門書(マニュアル)を
無料進呈します

国家破綻→預金封鎖を回避するには、日本国外に資産を置いておくことです。
リスクを取って資産を増やす必要はありません。
ただ置いておくだけでいいのです。

海外(オフショア)口座開設のメリット、デメリット、日本にいながらにして開設可能な海外口座をまとめました。

関連記事

レアルなど新興国通貨やファンドに投資中の個人投資家が望むも望まないも米国の利上げはカウントダウン!AbnormalからNormal経済環境への回帰

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替」について。

記事を読む

今のドル円は買い場?年内の米国利上げはカウントダウン!円安ドル高への備えを!(8/26 FRBイエレン議長のジャクソンホール講演まとめ)

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は「為替(USD/J

記事を読む

【為替】2018年以降はぐんぐん「円安(円の価値目減り)」に!?「壮大な社会実験」の先にあるものは資産課税?

こんにちは、眞原です。 今回は、為替事情と私の誇大妄想について。 日本時間の明日の早朝(

記事を読む

マスコミや政治家が好んで使う「安全資産として買われる日本円」は嘘っぱち!

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今、マーケット全体を賑わ

記事を読む

第1回フランス大統領選挙後にユーロ高になった理由は?(次期フランス大統領は5/7に決定)

こんにちは、眞原です。 落ち着きを取り戻している為か、今週初め(4/23)にフランスであった第

記事を読む

1ドル=125〜130円は真空地帯。6/10、虚を突いた黒田日銀総裁発言で円高ドル安へ。今後の為替推移は?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。今回は為替動向について。昨日(6

記事を読む

三菱UFJが国内初の人民元建て債券を発行!人民元(CNY)の存在感が高まる中で個人投資家の判断は?

こんにちは、K2 Investment 投資アドバイザーの眞原です。 今回は為替について。

記事を読む

英国中銀いよいよ11月に利上げか?英ポンド(GBP)への追い風と円安懸念

こんにちは、眞原です。 今回は「為替(GBP/英ポンド)と今後の日本円」について。 <

記事を読む

FX(外国為替証拠金取引)レバレッジ最大25倍から10倍に規制へ?

こんにちは、眞原です。 今回は為替に関わるお話。 まず大前提として、 FX(外国為替証

記事を読む

日米金融政策の方向性の違いとヘリマネ懸念(日本円安への懸念)

こんにちは、眞原です。 今回は、経済全般と金融政策のお話。 今週は久しぶりに綺麗に為替も

記事を読む

  • リアルタイム無料コンサルティング受付中お申込みはこちら

    オフショア投資無料メルマガ

    『最新投資情報』と 『オフショア 投資情報』を具体的なファンド名を 用いて公開中。




    メールアドレスを入力後『登録』を押してください。

  • 眞原郁哉

    1986年、兵庫県神戸市生まれ。

    同志社大学商学部(マクロ金融専攻)卒業後、野村證券入社。その後、K2 Investment株式会社入社。投資アドバイザーとしてクライアントのためになるアドバイスをできることにやりがいを持ってます。

    趣味はダンス、ネットサーフィン、珈琲。体育会系に見えて、実はインドアでもあったりします(笑)。

  • k2-holdings.jpg
    k2-investment.jpg
    k2-assurance.jpg
    k2-partners.jpg
    goldmember_banner.jpg
    生命保険相談バナー
PAGE TOP ↑